この秋におすすめのピンクニットコーデをご紹介。人気のピンクベージュや濃いピンクニットなどのお手本コーデが満載です。

【目次】

サーモンピンクニットのコーデ


【1】レ・コパンのサーモンピンクニット×グレーパンツ

【1】のサーモンピンクニット×
ニット・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ・ストラップ(フェンディ ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

サーモンピンクニットとグリーンの旬色を重ねたコーデで、やわらかい雰囲気にすると上品に仕上がります。

【2】アニオナのサーモンピンクニット×グレーパンツ

【2】のサーモンピンクニット×
コート・ニット・パンツ・ストール・靴(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

体をすっぽりと覆うドロップショルダーコートを主役に、ややワイドなタックテーパード、重めブーツを合わせたボリュームたっぷりのシルエット。グレーパンツ×サーモンピンクニットによるニュアンス配色に、特別な洗いをかけたダブルカシミヤのやわらかな風合いが加われば、迫力のビッグシルエットをラグジュアリーに変換。これまでにはない、新鮮かつ特別な存在感を放つ秋の装いが完成します。

【3】ドゥロワーのサーモンピンクニット×グレーパンツ

【3】のサーモンピンクニット×
パンツ(モールド〈チノ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店)、眼鏡(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ファーストール(エストネーション〈ガシュロウ&コール〉)、バングル(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

フェミニンなサーモンピンクのニットとシャープなパンツの組み合わせで、ニュアンスコーディネートを、今どきに更新しましょう。スティックパンツはボディーラインを拾いすぎない、ハリのあるポリエステル×レーヨンの混紡素材です。

くすみピンクニットのコーデ


【1】ボッテガ・ヴェネタのくすみピンクニット×グレーラムスキンジャケット

【1】のくすみピンクニット×
ディアスキンのジャケット・ニット・スカート・ピアス・リング・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ふっくら地厚なレザーも、ひとたび袖を通すとすんなりボディーラインになじみ、その極上のやわらかさはさすがのひと言。ジップなどの金具がジャケットと似たマットグレーであることでカジュアル感が抑えられ、上品で端正な表情に。合わせにはスモーキーなくすみピンクのニットを選び、これまでとはひと味違ったフェミニンなレザースタイルを楽しみましょう。

【2】アニオナのくすみピンクニット×グレーのショートコート

【2】のくすみピンクニット×
ノーカラーコート・タートルニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、グローブ(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ピンクサンドという名のついたスモーキーでやや青みがかった大人のくすみピンクが、カシミヤのショートコートとニットを優しく彩ります。オフショルダーでゆったりとしたシルエットが優雅なコートは、便利なダブルジップと、かわいいファートリミングが付いて、リッチなカジュアル感が楽しめる一着です。

【3】アニオナのくすみピンクニット×オフホワイトパンツ

【3】のくすみピンクニット×
ポンチョ・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

しなやかにドレープを描く、カシミヤポンチョは、最も貴重なエクストラロングのカシミヤ糸を使用したダブルフェース。なめらかなカシミヤ生地をていねいに染色したパネルを、シルク糸で緻密に張り合わせた贅沢な仕立てです。くすみピンクのニット、オフホワイトのパンツ、モカベージュのポンチョという繊細なトリコロール配色に、インナーニットやボトムも同系色でつなげ、全体をやわらかな印象に仕上げましょう。

ピンクベージュニットのコーデ


【1】レ・コパンのピンクベージュニット×ベージュチェックスカート

【1】のピンクベージュニット×
スカート(ザ シークレットクロゼット〈シクラス〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ストール(チェルキ〈ピノロッソ〉)、バッグ・ストラップ(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

定ピンク色のニットやチェックのスカートで、大人かわいい着こなしで印象に変化をつけましょう。

【2】ロロ・ピアーナのピンクベージュニット×ライトグレーコート

【2】のピンクベージュニット×
コート・タートルニット(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

淡いベージュピンク×まろやかなグレーのツートーン。今にもなじんでしまいそうな絶妙な色使いを、リバーシブルコートとして昇華させた、ロロ・ピアーナの自信がうかがえる逸品です。素材は、水分を含んでいるかのようにしっとりとした肌触りのベビーカシミヤ100%。フェイスラインをすっきりと見せるスタンドカラーや、ゆったりとしたキモノスリーブなど、細部にまで気品を感じさせます。

【3】ロロ・ピアーナのピンクベージュニット×パープル系ストール

【3】のピンクベージュニット×
ストール・コート・ニット(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

片方の端を持ち、自然にできたドレープをくずさないよう幅を細くしながら首に巻きつけましょう。余ったストールが風に吹かれてなびくよう、あらかじめ長さに差をつけて巻くのがポイントです。ライトグレーのコートからのぞくベージュピンクのニットが優しい雰囲気を演出してくれるコーデ。

濃いピンクニットのコーデ


【1】濃いピンクニット×黒バッグ

【1】濃いピンクニット×黒バッグ
ニナリッチのバッグ・ローゲージニット・アントニーニのリング(コロネット) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

濃いピンクの大ぶりニットには、小ぶりで洗練されたバッグをチョイス。いつものミニショルダーよりも新鮮に映るのが短めのリストストラップがポイントです。丸みを帯びた女らしいフォルムとこなれたサイズ感で、カジュアルな装いにも、パーティーのドレスアップにもシックに映えます。