レディース秋のグレージャケット着こなしまとめ。クールで洗練されたイメージのあるグレー。今回はそんなグレーカラーのジャケットを使った着こなしを11選ピックアップしました。ビジネスシーンにぴったりなグレージャケットの着こなしも、日々の洋服選びにぜひ参考にしてみてください。

【目次】

レディース秋のグレージャケット着こなしコーデ


【1】グレージャケット×ピンクニット×グレースカート

【1】グレージャケット×ピンクニット×グレースカート
ディアスキンのジャケット・ニット・スカート・ピアス・リング・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ふっくら地厚なレザーも、ひとたび袖を通すとすんなりボディーラインになじみ、その極上のやわらかさはさすがのひと言。ジップなどの金具がジャケットと似たマットグレーであることでカジュアル感が抑えられ、上品で端正な表情に仕上がります。合わせにはスモーキーピンクのニットを選び、これまでとはひと味違ったフェミニンなレザースタイルを楽しみましょう。

【2】グレージャケット×白シャツ

【2】グレージャケット×白シャツ
ペンダント・ネックレス・リング・バングル・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ジャケット(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、シャツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

グレージャケット×白シャツのシンプルな着こなしに、辛口のチェーンと甘いハートを、ボリューム感をそろえて重ねづけ。テイストにとらわれない自由さが、大人の余裕を感じさせます。

【3】グレージャケット×白ニット×グレーワイドパンツ×ストール

【3】グレージャケット×白ニット×グレーワイドパンツ×ストール
パンツ(オンワード樫山〈ベイジ,〉)、ニットジャケット・ストール(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ノースリーブトップス(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ボルドリーン セレリア〉)、靴(DESPRÉS丸の内店〈DES PRÉS〉) 小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

落ち感が優雅なワイドパンツだから、カジュアルなカーキもエレガントな雰囲気! ハイゲージのニットジャケットも、仕事では応用力抜群です。

【4】グレージャケット×ノースリーブニット×グレーパンツ×ニット帽

【4】グレージャケット×ノースリーブニット×グレーパンツ×ニット帽
パンツ(コロネット〈ヤコブ コーエン〉)、ノースリーブニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ジャケット(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー XY〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(トッズ・ジャパン)、傘(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

温もり感たっぷりのファー付きのジャケットを主役に。最愛のグレートーンで格上の週末カジュアルが完成します。

ビジネスシーンにおすすめのグレージャケットコーデ


【1】グレージャケット×黒ブラウス×黒パンツ

【1】グレージャケット×黒ブラウス×黒パンツ
ブラウス(ヒューゴ ボスジャパン〈ボス〉)、ジャケット(オンワード樫山〈ベイジ〉)、パンツ(wb) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

素肌がうっすら透けるレースブラウスは、仕事で出席するパーティーや食事会で大活躍。ジャケットの堅さも和らぎ、大人の女性の風格も漂います。

【2】グレージャケット×グリーンブラウス×グレーパンツ

【2】グレージャケット×グリーンブラウス×グレーパンツ
ジャケット・パンツ・ブラウス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

「ザ・ウールマーク・カンパニー」とコラボレートした、ジャケットとパンツのスーチングスタイル。ソフトでしなやかな肌触りのバージンウールに、程よくストレッチをきかせた生地は、動きやすくのびやかな着心地です。シワになりにくいのもうれしい特徴。シルククレープのグリーンのボウブラウスで、女性らしい華やかさをプラスしましょう。

【3】グレージャケット×ブルーブラウス×ブルースカート

【3】グレージャケット×ブルーブラウス×ブルースカート
ジャケット(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ブラウス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、レザースカート(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス(ケイテン)、ポケットチーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ノート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ウールにカシミヤやシルクを混紡することで、表情豊かに仕上がったニットジャケットはラペルに丸みをつける等、女らしいディテールが際立ちます。コンパクトなシルエットだから、スカートとの相性も抜群です!

【4】グレージャケット×黒ニット×白スカート

【4】グレージャケット×黒ニット×白スカート
ジャケット・ニット(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ジャカード織りのジャケットは、着こなしに表情がつくため一着はおさえておきたいアイテム。コンパクトなシルエットほどスカートと相性もよく、絶妙な甘辛バランスが新鮮です!

【5】グレージャケット×黒ニット×グレーパンツ

【5】グレージャケット×黒ニット×グレーパンツ
ジャケット・ニット・パンツ(ルック〈フィラージュ〉)、アイウエア/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

イタリア屈指のテキスタイルメーカー、クレヴァクオーレ社のウール地を使用した、旬のグレンチェック柄のテーラードジャケット。仕立て映えするハリのある素材と、着用時のフィット感を高めた構築的なフォルムで美しいジャケット姿が実現します。カジュアルにも対応する活躍アイテムです。

【6】グレージャケット×白シャツ×グレーパンツ×スカーフ

【6】グレージャケット×白シャツ×グレーパンツ×スカーフ
シルクスカーフ(wb)、ジャケット・パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、シャツ(ブラミンク)、ピアス(ケイテン)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ジャケットスタイルの襟元が寂しいときは、ロングスカーフの出番! 首元に大判スカーフでボリュームをもたせると、もっさり見えますが、ロングスカーフなら布地の分量も抑えられて、フェースラインもすっきりします。

【7】グレージャケット×白カットソー×ネイビーパンツ

【7】グレージャケット×白カットソー×ネイビーパンツ
ジャケット・カットソー(三喜商事〈イレブンティ〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ポケットチーフ(SANYO SHOKA〈Iポール・スチュアート〉)、チョーカー(エストネーション〈ホリー ライアン〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ブルーグレーの知的なジャケットを主役に。プレーンなカットソーでは間がもたないときは、流行の大ぶりチョーカーで顔周りを盛り上げましょう。