格子柄と色が響き合う「マルチカラーのチェック柄」は、きりりとしたムードと華やぎが同居します。1点取り入れるだけで秋ルックを格上げしてくれそう。

着こなしのポイントはチェック柄を印象づける、全体のバランスづくり。カジュアルなアイテムと組み合わせたり、エレガント風に迎え入れたりなど、マルチカラーのチェック柄の存在感を印象づけるアレンジが効果的です。セレブリティーたちを見習って、自分らしい着こなしに取り入れてみませんか?

新トレンド「マルチカラーのチェック柄」を着こなす海外セレブのお手本スタイル4

■1:カジュアルデニムを格上げする華やぎジャケット

チェック柄のジャケットを羽織ったNicky Hilton(ニッキー・ヒルトン)氏
タイトスカートや細身パンツに合わせれば、お仕事ルックにもマッチ

端正なジャケットにマルチカラーのチェック柄を迎えると、カジュアルなコーディネートを一気にアップグレードできます。

普段着ルックでも手を抜かないNicky Hilton(ニッキー・ヒルトン)は、ニットトップスとスキニージーンズという、シンプルな装いの上から、テイラードジャケットをオン。赤、ブルー、白、黒の4色使いが、チェック柄の印象を強めています。選ぶ色の組み合わせ次第で、狙ったイメージをアピールできそう。ダブルブレストはかっちりした印象がありますが、このような色数が多いタイプを選べば、軽やかな見映えのハーフコート感覚ではおれるのでおすすめです。

■2:優美なワンピース感覚ではおりたい同系色コート

チェック柄のコートを羽織ったCate Blanchett(ケイト・ブランシェット)氏
大きめの格子柄が、ボディーラインを引き締めて見せる効果を発揮

色数を抑えたタイプのチェック柄は、静かなムードにまとめやすくなります。モノトーンとは違った、ほのかな主張がマルチカラーのチェック柄の良さ。

大物女優のCate Blanchett(ケイト・ブランシェット)は、グリーン系のチェック柄コートをチョイス。同じ緑系でも、少し濃淡や色味を変えるアレンジが施されている生地を使用しているのがポイント。セーター、バッグ、ブーツを黒で整え、チェック柄コートを引き立てているから、まるでワンピースを着ているかのような優美な着映えに仕上がりました。

■3:色なじみと縦長シルエットに一役買うパンツ

チェック柄のパンツを着こなすBeckham(ヴィクトリア・ベッカム)氏
全体を調和させる馴染ませカラーのガウンコート選びはさすが

全体の色なじみに配慮すると、マルチカラーのチェック柄が浮いて見えにくくなります。

デザイナーでもあるVictoria Beckham(ヴィクトリア・ベッカム)は、オフホワイト、ブラウン、ブルーの3色をあしらったパンツで空港に到着。パンツの色と調和するような、淡いピンクベージュ系のガウンコートを重ねて、全体を調和させました。

コートの前をゆるくカシュクール風に打ち合わせ、腰のあたりまで、チェック柄をのぞかせるのも、脚を長く見せる小技。マルチカラーのチェック柄パンツが目を引く分、残りのウエアは色や柄で主張しすぎないのが、全体をやかましく見せないポイントです。

■4:「柄on柄」がスタイリッシュに完成!ハイウエストパンツを投入

チェック柄のパンツを着こなすEmma Roberts(エマ・ロバーツ)氏
柄を合わせるときには、全体を同系色でまとめるのが正解

思い切ってマルチカラーのチェック柄パンツに視線を集め、レッグラインを強調する着こなしも選べます。

大女優であるジュリア・ロバーツを叔母に持つ女優のEmma Roberts(エマ・ロバーツ)は、鮮やかなオレンジで、伸びやかな脚線をアピール。明るい色味を生かして、フレッシュに魅せています。

ハイウエストのおかげで、さらに脚が長く見えています。無地で合わせるセオリー通りに黒のニットトップスを添えながらも、ヒョウ柄のジャケットを肩掛けで羽織って、パンチの効いた「柄 on 柄」コーデにアレンジ。野性味とトラッド感が交じり合うようなテイストミックスは、この冬の注目スタイルでもあります。

チェック柄は伝統的なモチーフだから、大人っぽい装いにまとめやすくなります。落ち着いたムードに整えるなら、アウターかボトムスに活かすのがおすすめ。合わせるウエアに無地のダークカラーを取り入れれば、全体をまとめやすくなります。「きちんと」と「華やぎ」が同時に備わるマルチカラーのチェック柄は、2018年秋冬に挑戦したい期待の新トレンドです。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃