見た目は派手で可愛らしく見えるが、コーディネートによってはただのおじさんに成り下がってしまう難しいアイテム。ただ使い方次第ではコーディネートの強い味方となるだろう。ここではフェアアイルニットとキャンバススニーカーを使ったコーディネートを紹介する。

フェアアイルニットとオフホワイトキャンバススニーカーで知的スーツスタイル

秋冬に重宝するカラフルなニット

ニット¥38,000(ビームス ハウス 丸の内〈ラッファ モリーナ〉)

様々な柄が組み合わさったフェアアイル柄のニット。一見、イギリスのそれに見えるニットはペルーのブランド「ラッファ モリーナ」だ。ベビーアルパカ100%のふんわりとした温かみのある編み感とカラフルな柄は、どこか懐かしい雰囲気が漂う。防寒対策もこれ1枚でバッチリだ。

ブラウンの中に映える、オフホワイトのキャンバススニーカーコーデ

ニットは上と同じ・スーツ¥198,000(シップス 銀座店〈カルーゾ〉)、中に着たタートルニット¥31,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、チーフ¥6,800(パオロ アルビザッティ)、眼鏡¥84,000(グローブスペックス エージェント〈ゲルノット・リンドナー〉)、スニーカー¥5,800(コンバースインフォメーションセンター)

フェアアイルニットは、せっかくならスーツに合わせたい。コットンカシミアの贅沢なスーツなら、カジュアルになりすぎず上品さをキープ。鮮やかなオレンジのタートルネックニットでブラウントーンにメリハリを、足元はスッキリと生成りのキャンバススニーカーで軽さを取り入れよう。真っ白のスニーカーは茶とのコントラストが強すぎてしまうので、オフワホイトくらいがベストだ。

以上、フェアアイルニットと、オフホワイトのキャンバススニーカーを使ったコーディネート例を紹介した。定番のデニムやウールパンツなどに合わせても良いが、こんな色気のあるスーツに合わせてみるのも面白い。少し上級者かもしれないが、是非参考にしてほしい。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊