スカートを主軸に据えた、冬の通勤スタイルを、ラグジュアリーマガジン『Precious(プレシャス)』(毎月7日発売)より23コーデ、選り抜きました。毎朝や前夜の洋服選びの際に、トップスやアウターとの組み合わせを参考にお役立てください。

スカートスタイルのオフィスカジュアルコーデ


【1】黒スカート×ヒョウ柄ワンピース×トレンチコート

【1】黒スカート×ヒョウ柄ワンピース×トレンチコート
スカート・トレンチコート・ヒョウ柄ワンピース・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、タイツ/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

トレンチコートにひざ下スカートのエターナルな着こなしが、今のムードに昇華されているのは、スエードが醸し出すこなれ感と奥行きゆえ。色もデザインも極限までそぎ落としたスカートだからこそ、極上の素材のもつ表情が生きる。

【2】黒レザースカート×赤カーディガン×グレーコート

【2】黒レザースカート×赤カーディガン×グレーコート
スカート・コート・赤カーディガン・バッグ・靴(ロエベ)、ピアス・ネックレス(TASAK〈I TASAKI〉)、時計(0 LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

動くたびに艶やかなレザーが揺れる、着映え度満点のドラマティックなスカートには、鮮やかなトマトレッドのニットを合わせ、メリハリの効いた素材使い&配色のスタイリングに。なめらかなグレーの薄手コートを肩掛けして、さらに美人度をアップさせて。

【3】黒レザースカート×白ブラウス××ボルドーコート

【3】黒レザースカート×白ブラウス××ボルドーコート
スカート(ロンハーマン〈マディソンブルー〉)、ブラウス(J&M デヴィッドソン 青山店)、手に持ったコート(アマン〈アンスクリア〉)、ウノアエレのピアス・ワンエーアールバイウノアエレのリング(ウノアエレ ジャパン)、ネックレス(エルメスジャポン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

女性らしい品格の漂うバッグを主役に。レザースカートが、エレガントなトップスを引き立てつつ、モダンな印象へと導いてくれます。

【1】グリーンスカート×黒ニット

【1】グリーンスカート×黒ニット
スカート・ニット(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ) ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハンティング・ワールド帝国ホテル店〈ハンティング・ワールド〉)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

この冬挑戦してみたい、モヘアのローゲージニット。大人顔に仕上げるなら、レザースカートの引き締め効果を活用しましょう。ミニマルな配色も、スタイリッシュなムードにひと役買ってくれています。

【5】黒スカート×白ブラウス×黒ジャケット

【5】黒スカート×白ブラウス×黒ジャケット
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(アクリスジャパン)、ペンダントトップ・チェーン(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ダークスーツが基本というかしこまった場でも、ルールを守りながらおしゃれに装うコツは、素材とシルエット選びにあります。かっちりとしたフォルムのハンドバッグや、パンプスの艶感も、黒に華やぎを与えてくれる重要な要素。黒のジャケットも質感があるので、ダークスーツなのに表情豊か。全身をチェックされることが多いシーンでも、立ち姿が綺麗なシルエットのスカートなら安心です。

【6】ブルースカート×柄ブラウス×白ジャケット

【6】ブルースカート×柄ブラウス×白ジャケット
ジャケット・ブラウス(インドゥエリス)、スカート(和光〈サポート サーフェス〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

かっちりとしたテーラードも、伸縮性のある素材だから着心地も楽々。オフ白のジャケットになじみのよいブルーのタイトスカートをつなぐのは、華やかなプリントのブラウス。優雅なシルエットを描くボウのアクセントが、媚びない女らしさを演出して。

【7】チェック柄スカート×パープルブラウス

【7】チェック柄スカート×パープルブラウス
ブラウス・スカート(オンワードグローバルファッション〈ロシャス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

フジテレビ系ドラマ『SUITS/スーツ』で鈴木保奈美さんが着こなしたスタイリング。デザインはオーセンティックでも、色や柄でトレンドを取り入れたスタイリング。お仕事スタイルでも、さりげなく旬の気分を取り入れているところが魅力的です。

【8】ベージュスカート×グレーニット×グレージュコート

【1】ベージュスカート×グレーニット×グレージュコート
ウールカシミヤのコート(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート (アオイ〈ポール カ〉)、ペンダント・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、手袋(エリオポール代官山〈ガラ グローブ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

淡グレージュのコートは、上品だけれどコンサバティブに収まりがち。グレージュの延長線にあるグレー×キャメルという人気配色でメリハリをつけましょう。

【9】白タイトスカート×白ニット×ベージュブルゾン

【2】白タイトスカート×白ニット×ベージュブルゾン
ファー襟付きカシミヤブルゾン(三喜商事〈アニオナ〉)、カシミヤのニット(ウールン商会〈バリーニットウェア〉)、スカート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・パールのブレスレット(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

フライトジャケット風のブルゾンを、ふんわりとしたカシミヤニットでリュクスな仕上がりに。キレのあるタイトスカートも、優しい白でまとめて凛とした女らしさを引き立てましょう。

【10】グレージュツイードスカート×黒ニット

【3】グレージュツイードスカート×黒ニット
ニット(スローン)、スカート(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈ムジィーク〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ビームス ハウス 丸の内〈チェンバー〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレージュベースのミックスツイード素材のスカートから、オレンジ色をバッグにリンク。スカートスタイルの女らしいきちんと感と相性のいいトップハンドルのバッグを、ビビッドなオレンジにするだけで、こんなに若々しい印象になります。ネックレスのパールホワイトで抜け感を添えましょう。

【11】グレースカート×白プルオーバー×ブルーコート

【4】グレースカート×白プルオーバー×ブルーコート
コート(コロネット〈アバティ〉)、プルオーバー(レキップ)、スカート(アオイ〈ポール カ〉)、リング(バーニーズ ニューヨーク〈スピネリ キルコリン〉)、バッグ(アクリスジャパン〈コンテス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

アルパカ混ウールのエアリーなコートは、少しくすんだアイスブルー。肌になじむグレージュの濃淡で、インを辛口に仕上げれば、甘さのあるコートもしっくりなじみます。アクセサリー代わりのブルーのクラッチが、リッチ感をもたらすアクセントになります。

【12】チェックスカート×黒ニット×黒ジャケット

【6】チェックスカート×黒ニット×黒ジャケット
ニット・ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、イヤリング・ペンダント・バングル(ピアジェ)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フォックスファー付きのジャケットを主役に、辛口な小物使いで凛とかっこよく。

【13】ピンクツイードスカート×白ニット×ストール

【7】ピンクツイードスカート×白ニット×ストール
カシミヤの縦長ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、カシミヤのニット(Theory luxe)、スカート(J&M デヴィッドソン 青山店)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ツイードスカートは、冬の仕事スタイルをシックに彩る必須アイテムです。さまざまな色糸が織り交ぜられるなか、ピンクが女らしい温もりを感じさせるツイードは、優しい白カシミヤとのなじみがいい。ややサンドベージュがかった「オイスター」という名のオフ白ストールで、ふんわりと優しいオーラをまといましょう。

【14】チャコールグレースカート×モカグレージュニット

【8】チャコールグレースカート×モカグレージュニット
ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、スカート(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

顔周りに視線を集め、ウエストに絶妙に収まるニットは、ひざ下丈タイトスカートをスタイルよく着こなすキーアイテム。ニット、スカート、ホーザリーと徐々に濃くなるグラデーションも、すっきり脚長に見せるワザです! ニットは立体感のある畦あぜ編みのカシミヤでリッチな輝きを授けたモカグレージュニット。アシンメトリーなビッグタートルとコンパクトな着丈のバランスも今らしい。

【15】カーキスカート×グレーカットソー×コート×ストール

【9】カーキスカート×グレーカットソー×コート×ストール
スカート(エストネーション〈エストネーション〉)、コート(オルドス ファッション ジャパン)、カットソー(デペッシュモード恵比寿本店〈ディウカ〉)、ストール(エルメスジャポン)、ピアス(showroom・SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートは比翼仕立てのシンプルデザイン。さらっとしたコットン素材だから、3シーズン活躍しそうです。ワントーン明るいコートとカットソー。それだけでは物足りないので、大判のストールを投入。白いプリント模様が浮き出し、清潔感のある着こなしが完成します。

【16】グレージュスカート×グレーブラウス×グレーニット

【10】グレージュスカート×グレーブラウス×グレーニット
ニット(アオイ〈マルゴン〉)、ブラウス(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、ブレスレット(ケイテン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

淡グレージュのスカートは、イレギュラーなヘムが今らしい一着です。同系色のブラウスで縦ラインを強調しつつグレーのカシュクールでアウトラインを引き締めて、スタイルよく。端正なトープのバッグもショルダー使いでどこまでも軽やかさを意識しましょう。

【17】ライトグレースカート×カーキニット×グレーコート

【11】ライトグレースカート×カーキニット×グレーコート
コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(トラデュイール)、スカート(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

陰影を描く太畝ヘリンボーンの織り地が、絶妙なグレージュ感を印象づけるチェスターコートを主役に。ニット&バッグで投入したカーキ系グリーンとも相性抜群です。トラッド調の着こなしを、キャメルのスエードブーツが盛り上げてくれます。

【18】グレースカート×ピンクブラウス×グレージャケット

【12】グレースカート×ピンクブラウス×グレージャケット
ジャケット・スカート・ブラウス(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、イヤリング(ボン マジック サロン〈ボン マジック〉)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

グレー×白のチェック柄が洗練されたムードを漂わせるスーツ。ビッグサイズのジャケットに、深いスリットが入ったグラマラスなタイトスカートという組み合わせも新鮮です。

【19】白スカート×ブラウス×白ジャケット

【13】白スカート×ブラウス×白ジャケット
ジャケット・スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ブラウス(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、ピアス(ミキモト)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ピエールアルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

コンパクトなスカートスーツは、ともすればコンサバに陥りやすいアイテム。でもアクリスにかかれば、フェミニンなテーラード仕立てで、凛とした雰囲気に。アイボリーは、印象がくすみがちな大人の女性を、イキイキと見せる効果もあるので、おすすめです!

【20】グレースカート×グレーニット×グレーコート×スヌード

【14】グレースカート×グレーニット×グレーコート×スヌード
コート(ebure)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、スヌード(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

濃密ワントーンにトライするとき、まずおすすめなのが、全身をグレーで統一しつつ、ポイントに黒を効かせるテクニック。小物だけでなく、カシミヤダブルフェースコートで黒をのぞかせるのが、上級なおしゃれの証です。

【21】モカグレージュスカート×白ブラウス×ベージュコート

【15】モカグレージュスカート×白ブラウス×ベージュコート
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、手袋(アマン〈アルポ〉)、ピアス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

柄もグラデーションに味わいを生むので、コートの襟元にさりげなくのぞかせて小粋に。スカートにはモカグレージュを合わせて、温もりのある女らしさを演出しましょう。こうして異なるニュアンスを合わせるときに、役に立つのが白。ブラウスを白にするだけで、さまざまな色がすっきりと整理され、絶妙なグラデーションに変わるから不思議です。

【22】黒スカート×グレーブラウス×黒ジャケット

【16】黒スカート×グレーブラウス×黒ジャケット
ジャケット・スカート(REYC)、ブラウス(エストネーション.コル ピエロ フォー エストネーション.)、ネックレス(TASAKI/TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ふんわりとした上質なウール素材のセットアップは、黒でもどこか優しい印象。ボタンのないジャケットはむだを削ぎ落とした美しいシルエットで、カーディガン感覚ではおれる軽やかさです。ドレープのたっぷり入ったタック入りスカートで華やいで。

【23】ボルドースカート×ライトベージュニット

【17】ボルドースカート×ライトベージュニット
ニット(三崎商事〈チヴィディーニ〉)、スカート(ebure)、スカーフ・バッグ・バングル(ブルガリ ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ドロップショルダーのボリューミーなリブニットと、センタースリットがセクシーなタイトスカートを合わせて、憧れのヴィクトリア・ベッカム風のこなれ感を。ボルドー配色だからこそ、カジュアルなローゲージニットもぐっと女らしく! 首からのぞかせたボルドーのスカーフで、顔周りをきりっと引き締めましょう。