元劇団四季団員の前川さんが歌った曲とは?

 

前回、前川さんが劇団四季に所属していたことが判明。今は他の客もいないし、せっかくならば、と劇団四季にまつわる曲をリクエスト。

「もっぱら踊る方専門で、歌えない劇団員でした」と謙遜するが、デンモクを見る目は真剣だ。

何を歌うか、悩む前川さん

なかなか曲を決められないでいると、山本さんが助け舟を出す。指した曲は、ミュージカル『李香蘭』のテーマにもなっている『以徳報怨』だ。

「これでよくない?」と、山本さんが曲を転送!

「えっ、歌えない!」という前川さんを尻目に、山本さんはさっさと予約。ミュージカル『李香蘭』のエンディングに流れる曲とあって、壮大な曲調だ。

「全然歌えない」と言いながらも、山本さんの合いの手で笑顔の前川さん

確かに無茶振りがすぎた。それでも洋子ママたちは温かく見守ってくれた。こういうおおらかで母性を感じさせる態度が、女性や若い男性を惹きつけるのかもしれない。

毎夜、ふらりと立ち寄りたくなる店

折からの人気で『山崎』や『白州』は手に入らない。今や飲み屋では挨拶代わりに交わすほどの現象となっているが、洋子ママはそれらを愛飲する常連客のため、できるだけ切らさないように心がけている。

「毎日酒屋さんにあるか、確認しているけれど、毎日は手に入らないのね。でも入荷すればボトルキープもできますよ」とのこと。

『山崎 12年』、『白州 12年』がそれぞれ24,000円、『竹鶴 17年』が25,000円、『知多』が9,800円でキープできる。

『すなっく らくがき』も、ショットのウイスキーにはボトルに値札を下げており、金額が明快だ

再び、ママの話に耳を傾ける。

「銀座とここで14年くらいママをしているけれど、仕事って感じがしないのよね。それもこれも、お客さんがみんな親切だからでしょうね」

洋子ママの話はついつい耳を傾けてしまう

『CAママの店 ギャレー』も『すなっく らくがき』も、洋子ママの神経が隅々まで行き届いているし、おしゃべりも上手なため、ついつい足を向けたくなる気持ちはわかる。仕事帰りにふらっと立ち寄って、洋子ママと話すだけで明日への英気が養われる。そんな店だ。

名残惜しいが、五反田ヒルズで最後の店へ行こうか。

【すなっく らくがき】

問い合わせ先

  • すなっく らくがき TEL:03-5496-1556
  • 住所:東京都品川区西五反田1-9-3 五反田ヒルズ2F
    営業時間:19:00〜深夜
    定休日:無休
    メニュー:飲み放題セット1時間1800円(ハウスボトル飲み放題、氷・割り水付き、フード1品オーダー制)、ボトルキープセット チャージ3000円(時間制限なし、氷・割り物、おつまみ3品付き)、ウィスキーボトル4500円~、焼酎ボトル2300円~、ボトルキープをしていない場合、500円〜のおつまみを必ず1品オーダー

関連記事

この記事の執筆者
フリーランスのライター・エディターとして10年以上に渡って女性誌を中心に活躍。MEN'S Preciousでは女性ならではの視点で現代紳士に必要なライフスタイルや、アイテムを提案する。
PHOTO :
黒石あみ