毛穴の汚れをスッキリと洗い上げる名品の洗顔料や、正しい洗顔方法をまとめました。毛穴対策のひとつとして、洗顔料や洗顔方法をもう一度、見直してみてはいかがでしょうか?

【目次】

毛穴までスッキリ洗える洗顔方法


大人のための毛穴対策

正しく洗って正しく潤しましょう!

TゾーンからUゾーンまで「角質ケア」を忘れずに

\大人の洗顔は 「角質ケア」がポイント/

Tゾーン(写真の青線部分)をしっかり洗うクセはついていても、ほかは適当、という人が少なくないのでは? ところが角質が全体にたまりがちな今は、それだけでは不十分なんです。ゴシゴシと擦る必要はありませんが、頬やUゾーンもきちんと意識して洗いましょう。たるみ始めた大人の毛穴は、額は下へ、それ以外の場所は斜め下に向いているので、たっぷりの泡を下から上へ行き渡らせることがポイントです。

大人のための毛穴対策!「洗顔」と「スキンケア」のポイント

美肌が手に入るクリーム洗顔

\自ら潤う肌に鍛える、「拭き取りクレンジング」/

汚れとともにクリームを一気に洗い流すほうが簡単ではあるけれど、ぬるま湯を含ませたコットンで拭き取る方法を選ぶのは、肌に美容成分と潤いを押し込めるのが狙いです。拭くことで余分な角質も取り去ることができ、温感作用により肌は見違えるほどふっくらと復活。このクレンジング法は、いうなれば代謝を促すための「フィットネス」のようなもの。動きだした肌は自ら潤う力を獲得し、冬に負けない肌へと育っていくのです。

\摩擦で肌が荒れないよう、使う量は適量よりも少し多めに/

少し多めの分量で、手と肌の間にクッションを

例えば、適量がアーモンド大だとしたら、その1.5倍は使いたいもの。マッサージを兼ねたクレンジング法だからこそ、手と肌の間でクッションとなる少し多めの量が必要なのです。

\落とし忘れやすい小鼻や生え際は、クリームを継ぎ足してたっぷりと/

汚れが残りやすい部分には、重点的にクリームを補給して

肌が乾ききっていると、マッサージの間にクリームが吸収されてしまうことも。そこで必要となるのは、途中でのクリームの補給です。特に、汚れが残りやすい小鼻や生え際は、重点的に継ぎ足していきましょう。

\両手を使って、ぬるま湯を含ませたコットンで優しく拭き取る/

ぬるま湯を含ませたコットンで、クリームをそっと拭き取っていく

大判のコットン2枚にぬるま湯を含ませたら、それを両手に持ち、左右同時に拭き取っていきます。圧をかけすぎて、肌を引っ張らないように注意して。目周りのデリケートなゾーンは、片方のコットンで肌を軽く押さえながら、もう片方でそっと拭き取りましょう

「潤い美肌」が手に入る、クリーム洗顔2つの秘策!

毛穴の汚れをしっかり落とすおすすめ洗顔料


クレ・ド・ポー ボーテの「ゴマージュネトワイアン」(右)

■クレ・ド・ポー ボーテの「ゴマージュネトワイアン」(右)
左から/クレ・ド・ポー ボーテ ランジェットデマキアントYL 50枚入 ¥2,500・デマキアンYLn 125ml ¥4,000・レデマキアンドゥー 200ml ¥6,000・クレームデマキアント 125g ¥6,000・ムースネトワイアント A 125g ¥5,000・ムースネトワイアント C 125g ¥5,000・ゴマージュネトワイアン 75g ¥5,000

洗うたびに、まるで刷新されたような美しい肌「Pure Radiant Skin」をコンセプトに、汚れを落とすという基本機能はもちろんのこと、自ら輝くような肌づくりを目指し、美しい肌へと導いてくれます。

新洗顔料には肌ダメージの原因を取り除き、肌を整え維持するふたつのアプローチを採用。肌ダメージの原因に繋がる大気汚染などのさまざな要因や、肌表面に付着した汚れ、肌ストレスの原因となる不飽和脂肪酸、不要な角層細胞などを取り除き、ブランドのコンセプト成分である保湿・整肌成分のイルミネイティングコンプレックスEXを配合することで、肌のうるおいを守りながら汚れを取り除き、肌がしっとりいきいきとよみがえります。

集中ケアとして、毛穴の奥の汚れやざらつき、メラニンを含む不要な角層を取り除くクレイ状の洗浄料「ゴマージュネトワイアン」(画像右)を。

クレ・ド・ポー ボーテのクレンジング&洗顔で、洗うたびしっとり美しい肌に

ディオールの「プレステージ ル バーム デマキヤント」

■ディオールの「プレステージ ル バーム デマキヤント」
プレステージ ル バーム デマキヤント 150ml ¥10,500

ローズワックスが配合され、生まれたてのバラ色の素肌に導いてくれる、新しいクレンジング。

肌になじませると、とろけるようにオイル状に変化。肌に素早くなじむので、キメや毛穴の奥の汚れやカバー力のあるメイクもしっかり落としながら、肌をなめらかに整えてくれます。洗った後もベタつかず、心地よい洗い上がりです(最後は少量のぬるま湯でオイルを乳化させてから、洗い流します)。

とろけるようなバラ色のバームは、蓋を開けた瞬間にみずみずしいローズの香りが広がり、疲れた心を癒やしてくれることでしょう。

これで顔を洗えば生まれたてのバラ色肌に!ディオールのクレンジング「プレステージ」3選

※商品の価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。