この冬履きたい小粋な印象のショートブーツのコーディネートを、カラー別(黒・茶色・キャメル)にご紹介します。また、編み上げのタイプやスカート・パンツとのコーディネートも取り上げていますのでチェックしてみてください。

【目次】

黒ショートブーツコーデ


【1】黒ショートブーツ×黒ジャケット

【1】黒ショートブーツ×黒ジャケット
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

しなやかなグレーのジャケットとビーズ刺しゅうが施されたパンツは、ブルネロ クチネリ。着心地がよく、長時間着ても疲れ知らずのジョグパンツは、リラックスしながらも華やぎたい日にぴったりです。艶めくネックレスとバッグで光沢感を加えたら、足元は黒のショートブーツでスッキリと。この「盛りすぎない小物使い」も、老けない、コンサバにならない秘訣です。

【2】トッズの黒ショートブーツ×ベージュパンツ

【2】トッズの黒ショートブーツ×ベージュパンツ
靴(トッズ・ジャパン)、コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット・パンツ(ブラミンク)、スカーフ(スローン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

端正な顔立ちのブラックコートに、ニットのジョガーパンツとハードなショートブーツを合わせ、足元重めの旬バランスを。ローゲージニットの襟元には鮮やかなプリントスカーフをさりげなくイン。ただのカジュアルに終わらせない上級テクニックで、遊び着の要素の強いジョガーパンツも高級感のある着こなしが可能になります。

【3】黒ショートブーツ×グレーコート

【3】黒ショートブーツ×グレーコート
Victoria Beckham(ヴィクトリア・ベッカム) ©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年

夫のデビッド・ベッカムや子供たちとともに、カナダのウィスラーを訪れたヴィクトリア。彼女の定番でもあるネイビーのタートルネックニットも、リゾート地に合わせて、ざっくり厚手のものをチョイス。雪山でも暖かく快適に過ごせるソレルのショートブーツで、カジュアルシーンもセンスよく仕上げています。

【4】ファビオ ルスコーニの黒ショートブーツ×黒パンツ

【4】ファビオ ルスコーニの黒ショートブーツ×黒パンツ
靴(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)、コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット(エミリオ・プッチ ジャパン)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

広い空間にも映える華やかロイヤルブルーのニットを選んだ日の足元は、ショートブーツですっきりキメて。

キャメル・茶色ショートブーツコーデ


【1】ペリーコのキャメルショートブーツ×キャメルコート

【1】ペリーコのキャメルショートブーツ×キャメルコート
靴(アマン〈ペリーコ〉)、コート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ(ロンシャン・ジャパン)、マフラー(チェルキ〈ピノロッソ〉)、グローブ(東レインターナショナル〈セルモネータ・グローブス〉)、バッグ(ピエールアルディ 東京) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ベルベットパンツやカシミヤストールなど上質素材のプラムカラーのアイテムは、キャメルコートがもつ温かな美しさを引き出してくれるので、相性抜群! キャメルのショートブーツでソフトに引き締めると、こなれた印象に仕上がります。

【2】ジャンヴィト ロッシのキャメルショートブーツ×グレージュジレ

【2】ジャンヴィト ロッシのキャメルショートブーツ×グレージュジレ
靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、スカート(MOGA)、ジレ(ウィムガゼット 青山店〈アンノウン〉)、タートルニット(トラデュイール)、ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ロベルタディ カメリーノ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ニット×スエードスカート×ショートブーツの組み合わせに、毛足の長いファーベストをレイヤードして、休日を楽しむチャーミングな遊び心を表現。持ち味の異なる素材を重ねることで、色をなじませた着こなしに奥行きが生まれます。

【3】トッズの茶色ショートブーツ×グレーパンツ

【3】トッズの茶色ショートブーツ×グレーパンツ
フーデッドジレ・リブニット・パンツ・ストール・グローブ(三喜商事〈アニオナ〉)、バッグ(八木通商〈ダニエル&ボブ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/崇髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

濃淡のグレーのカシミヤニットを贅沢に重ねたレイヤードスタイル。さりげなくちりばめたミンクファーも心憎いばかりです。あえて目立つ色は入れずに、ショートブーツやバッグもトーンを落として。グローブとおそろいのカシミヤニットストールは、ミンクファーをライン状に編み込んだデリケートなデザインです。

【4】サルヴァトーレフェラガモの茶色ショートブーツ×ベージュスカート

【4】サルヴァトーレフェラガモの茶色ショートブーツ×ベージュスカート
靴・スカート・トップス・腰に巻いたスカーフ・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレフェラガモ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

軽やかなヌバックレザーをセットアップでまとって、最高に贅沢なカジュアルスタイルを堪能。表革のショートブーツやバッグを選び、シルクのスカーフをあしらう攻めの素材ミックスで、コーディネートにメリハリをプラスしましょう。

【5】ジョルジの薄茶色ショートブーツ×ベージュコート

【5】ジョルジの薄茶色ショートブーツ×ベージュコート
靴(ジョルジ)、コート(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ファースヌード(ウールン商会〈ペセリコ〉)、スカーフ(スローン)、ワンピース(ウールン商会〈ブルマリン〉)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

顔周りのリッチなテクスチャーは、大人の女性の表情を美しく際立たせてくれるもの。ファーとスカーフをミックスしたダブルツイスト巻きでボリュームを出したら、その代わり、全身のシルエットはコート×タイトワンピース×ショートブーツですっきりと仕上げましょう。

編み上げショートブーツコーデ


【1】サントーニの編み上げショートブーツ×黒パンツ

【1】サントーニの編み上げショートブーツ×黒パンツ
靴(リエート〈サントーニ〉)、カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

カジュアルな大人のお出かけコーデ。人気のデンツの手袋とサントーニのショートブーツで、自分で見てもほれぼれするほど優美な手元と足元を演出できます。

【2】マノロ ブラニクの黒編み上げショートブーツ×黒コート

【2】マノロ ブラニクの黒編み上げショートブーツ×黒コート
靴『BボーディンモッドORDINMOD』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ピアス・リング(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店)、トップス・スカート・タイツ/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

極上の黒ショートブーツがあれば、寒空の下でも心が高鳴って。控えめなレースアップが、足元のアクセントになり、ラグジュアリーな冬のコートスタイルに奥行きが生まれます。

【3】JIMMY CHOOの黒編み上げショートブーツ×グレーワンピース

【3】JIMMY CHOOの編み上げショートブーツ×グレースカート
靴(JIMMY CHOO)、ジャケット(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、ワンピース(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ・ストラップ・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/崇髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

リラックス感もモード感も同時にかなえたい、そんなシチュエーションには、ライダース&ショートブーツのかっこよさとマキシワンピースのしなやかさを組み合わせた上級スタイルはいかが。あえて色を抑えた辛口の大人っぽさが狙いです。

【4】茶色編み上げショートブーツ×黒パンツ

【4】茶色編み上げショートブーツ×黒パンツ
Stella McCartney(ステラ・マッカートニー) ©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年

カジュアルな着こなしであっても、知的な雰囲気が漂うステラ。デザイナーらしく、ミニマルなニット×パンツを選びながらも、パイソン柄のトートバッグやクロコ柄のキャリーで、辛口なメリハリをオン。足元はフラットな編み上げショートブーツで快適に。

【5】キャメル編み上げショートブーツ×ダークグレーフェザージャケット

【5】キャメル編み上げショートブーツ×ダークグレーフェザージャケット
Rosie Huntington-Whiteley(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー) ©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年

L.A.から英ヒースロー空港に到着したロージーはグレーのファージャケットでリッチな着こなしに。色味を抑えたぶん、ゴールドのスウィングピアスで顔周りに華やぎをプラス。ショートブーツのはきこなしで美脚を強調し、シンプル美が引き立つ冬のスタイルに。

ショートブーツとスカートのコーデ


【1】JIMMY CHOOの黒ショートブーツ×グレースカート

【1】JIMMY CHOOの黒ショートブーツ×グレースカート
靴(JIMMY CHOO)、ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、プレインピープルのスカート・マリヤのキャップ(プレインピープル丸の内)、バッグ・別売りのストラップ(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ヘアアレンジなしでもおしゃれが決まるニットキャップは休日に活躍。頭を温めて体温アップにつながる万能アイテムと知ってからは、ますます欠かせない冬のマストアイテムに! ニットとショートブーツに黒をつなげてキレ味よく仕上げましょう。

【2】マノロ ブラニクの黒ショートブーツ×キャメルスカート

【2】マノロ ブラニクの黒ショートブーツ×キャメルスカート
靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット(コロネット〈アバティ〉)、スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

街歩きのコーディネートも、ファーコートで大人の迫力を添えて。ボトムは程よくカジュアルなキャメルスカート、足元はシンプルな黒のショートブーツで抜け感を加えましょう。ウエストのニットバンドが引き締め役となりスッキリとした印象に。

【3】ファビアナフィリッピのグレーカーキショートブーツ×カーキスカート

【3】ファビアナフィリッピのダークカーキショートブーツ×カーキスカート
靴・コート・タートルニット・スカート・ストール・グローブ・バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ウールカシミヤのダブルフェースコートと同素材のひざ下丈スカートとのセットアップを主役に。カーキに近いローデングリーンとミドルグレーの男前な配色に、さらにストールを加え、グレーの比率を上げることで、より都会的で大人の雰囲気に。足元は重めのショートブーツでカジュアルに外すのが今年の気分です。

ショートブーツとパンツのコーデ


【1】J.M. WESTONの黒ショートブーツ×黒パンツ

【1】J.M. WESTONの黒ショートブーツ×黒パンツ
靴(J.M. WESTON 青山店)、コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ムートンコートと大判ストールの合わせ技で寒さ対策。大判サイズでも素材がしなやかなのできゅっと巻けるのがうれしいポイントです。足元は歩きやすくてシンプルな黒ショートブーツで。

【2】ソニア リキエルの黒ショートブーツ×ベージュパンツ

【2】ソニア リキエルの黒ショートブーツ×ベージュパンツ
ブーツ・トレンチコート・ハイネックのニット・パンツ(ソニア リキエル ジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

クラシックなチェック柄のトレンチコートは、ビッグシルエットによるしなやかなドレープ感が魅力。ショートブーツなどのトラッドなアイテムを女らしく見せるのもソニア リキエルの得意技! 肩を覆うほど広いラペルや、ゆったりとした袖などトレンドを重ねることで、ベージュ×黒の王道の洗練配色が、ひときわ新鮮になります。

【3】ビルケンシュトックのネイビーショートブーツ×黒パンツ

【3】ビルケンシュトックのネイビーショートブーツ×黒パンツ
靴(ビルケンシュトック・ジャパン)、コート(マッキントッシュ青山店)、ジレ(CHIE IMAI)、パンツ(スリードッツ青山店)、グローブ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ガラグローブ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

明るいキャメルが華やかな印象を与えるムートンコートの中に、フォックスファーのジレを重ねた贅を極める装い。都会の気候では、ファーをレイヤードする機会がほぼないだけに、極寒のリゾート地ではぜひ。スエットパンツもショートブーツも、ニュアンスのあるチャコールで優しい配色に仕上がります。

ショートブーツコーデの関連記事