ラグジュアリーマガジン『Precious(プレシャス)』の2019年1月号には、世界最高峰のジュエリー&ウォッチブランド「ハリー・ウィンストン」の、珠玉のダイヤモンドジュエリー&ウォッチの魅力を閉じ込めた、特別製のカレンダーが付録として付いてきます。

『Precious』1月号付録の「強運を呼ぶ、ハリー・ウィンストンのダイヤモンド・カレンダー」。表紙に登場したネックレスは、なんと計80カラット以上のダイヤモンドが使用されています。『シークレット・クラスター』ステートメント・ネックレス[ダイヤモンド計82.945カラット×プラチナ]¥200,900,000

ダイヤモンドは、「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれた創始者ハリー・ウィンストン氏が愛した希少な石。カレンダーでは、そのダイヤモンドの魅力を、日本の四季の移り変わりに合わせて表現した、贅沢な仕様になっています。さっそくその中身をご紹介していきましょう。

【1月】レースように繊細で可愛らしい、ダイヤモンド・ジュエリー

上から『ミニループ・フルモチーフ・リング』¥1,400,000[ダイヤモンド×プラチナ]・『ループ・オープンモチーフ・ワイヤーイヤリング』¥2,580,000[ダイヤモンド×プラチナ]・『ループ・フルモチーフ・ペンダント』¥1,990,000[ダイヤモンド×プラチナ]

ダイヤモンドをエレガントに見せるペアシェイプ・カット。その特徴的で優雅なシルエットから生まれた「ループ・コレクション」は、レースのようなかわいらしいジュエリー。オープンワークが軽やかで、いくつも組み合わせても楽しい。

【2月】ハリー・ウィンストンのシンボルが主役。「HW ロゴ」コレクション

左から/イヤスタッズ¥450,000[ダイヤモンド×ホワイトゴールド]・ペンダント¥340,000[ダイヤモンド×イエローゴールド]・イヤスタッズ¥420,000[ダイヤモンド×ローズゴールド]

ハリー・ウィンストンが愛したエメラルドカット・ダイヤモンドのシルエットをかたどったハリー・ウィンストンのロゴ「HW」は、50年以上前からブランドのシンボル。そのアイコンを主役にしたコレクション。周囲にはラウンド・ダイヤモンドを配して。シンプルながら存在感があり、日常を豊かな気分にしてくれます。

【3月】咲き誇る日本の桜がモチーフ!繊細かつ華やかな腕時計

『HW アヴェニュー・クラシック チェリーブロッサム』¥4,400,000[ダイヤモンド×ピンクサファイア×マザーオブパール×ホワイトゴールド、ケースサイズW21×H36.1㎜、アリゲーターストラップ、クオーツ]

日本の美しく咲き誇る桜をインスピレーションの源として生まれた時計。ピンクサファイアとダイヤモンドの花びらが、春の青空を表現しているブルーグリーンのマザーオブパールダイヤルの上で舞う。それはまるで絵画のよう。繊細な細工とその職人技を堪能できます。

【4月】これぞハリー・ウィンストン!吸い込まれるような大粒ダイヤモンドジュエリー

左から『ラウンド・チャネルセット・リング』¥1,730,000[ダイヤモンド×プラチナ]・『エメラルドカット・クラシック・リング』¥79,100,000[ダイヤモンド〈センターストーン5.67カラット〉×プラチナ]・『ラウンド・イヤスタッズ』¥62,400,000[ダイヤモンド(センターストーン3.08カラット/3.05カラット)×プラチナ]

唯一無二の個性をもつ石の魅力を最大限に見せつける、大粒ダイヤモンドの迫力。その圧倒的な美しさが多くの人を魅了し続けているのです。

【5月】忘れな草の可憐さをサファイアでこの上なく贅沢に表現したイヤリング

『フォーゲット・ミー・ノット』イヤリング¥3,450,000[ダイヤモンド×サファイア×プラチナ]

創始者ハリー・ウィンストン氏が生涯魅了され続けたのは、大自然が擁する究極の美。綿密に観察し、その変化に富み、生気に満ちた表情をジュエリーに仕立ててきました。可憐な忘れな草も、こんな表情豊かに。サファイアの花弁と、そこから流れ落ちるラインに配された石には、マーキース、ラウンド、ペアシェイプカットを施すというどこまでも凝ったつくり。

【6月】スポーティかつラグジュアリーを極めた、本格的な機械式時計

『HW オーシャン・バイレトログラード オートマティック 36㎜』¥6,400,000[ダイヤモンド×マザーオブパール×ホワイトゴールド、ケース径36㎜、機械式自動巻、アリゲーターストラップ]

本格的な機械式ムーブメントを搭載、スポーティさとエレガンスさをもちあわせた時計がこちら。左右に配置されたレトログラード表示(針の反復運動による表示)が特徴的なダイヤルには、青く輝くマザーオブパールが美しく、ベゼルやアワーマーカーのダイヤモンドがラグジュアリー感を醸し出しています。

【7月】ユリの持つ優しさをジュエリーに宿らせた「リリークラスター」コレクション

『リリークラスター』リング¥990,000[ダイヤモンド×プラチナ]・ネックレス¥6,720,000[ダイヤモンド×プラチナ]・イヤリング¥1,080,000[ダイヤモンド×イエローゴールド]

優美なシルエットを描くユリをモチーフにしたジュエリーは、ハリー・ウィンストンのスタジオに保管されていた1940年代のデザイン画に現代的解釈を加えて生まれたもの。その優しい表情が女性をより美しく見せてくれます。リングとイヤリングには、マーキースカットのダイヤモンドをセットして。

【8月】シャンパンの泡を表現した「スパークリングクラスター」コレクション

『スパークリングクラスター』ネックレス¥14,000,000[ダイヤモンド×プラチナ]・イヤリング¥5,520,000[同]・ブレスレット¥11,100,000[同]

"ダイヤモンドの輝きで、人生における大切な場面をより美しく、忘れられないものに…"という思いから生まれたコレクションである『スパークリングクラスター』。その名前のとおり、立ち上るシャンパンの泡のようにダイヤモンドの輝きが弾けて。さまざまなサイズのダイヤモンドが、絶妙なバランスでレイアウトされています。

【9月】定番のクロスモチーフが特別な存在感を放つのは、ハリー・ウィンストンならでは

左/『マドンナ・クロス・ペンダント¥3,340,000』[ダイヤモンド×プラチナ]・右/『スクエアエメラルドカット・クロス・ペンダント』¥3,110,000[同]

研ぎ澄まされた美しさをもつクロス・ペンダント。ハリー・ウィンストンの手にかかれば、それはまた特別な存在感を放ちます。左は歌手のマドンナがオーダーしたという、さまざまなシェイプのダイヤモンドを組み合わせたクロス。右はスクエアエメラルドカットがシャープでモードな印象に。

【10月】ニューヨークの街に浮かぶ天空の美しさを描きだすロマンティックな腕時計

『HW アヴェニューCミニ・ムーンフェイズ』左/¥2,350,000[ダイヤモンド×マザーオブパール×ホワイトゴールド、ケースサイズW15.6×H32.3㎜ 、クオーツ、アリゲーターストラップ]・右/¥2,200,000[ダイヤモンド×マザーオブパール×ローズゴールド、同]

創始者ハリー・ウィンストンが自身の名を冠したブランドをスタートしたのは、ニューヨークの街。ブランドを代表するレディスウォッチコレクション『HW アヴェニュー』は、彼とこの街の生涯にわたる特別な関係へオマージュをささげるコレクションです。エレガントなアールデコの繊細なケースに、ムーンフェイズという複雑な機構を搭載。手元で月の満ち欠けを感じるロマンティックな時計です。

【11月】雪をまとったリース飾りの輝きに魅了され生まれた「リース・ネックレス」

『リース・ネックレス』¥54,300,000[ダイヤモンド×プラチナ]・『クラスター・イヤリング』¥8,320,000[ダイヤモンド×ルビー×プラチナ]

創始者ハリー・ウィンストンが、クリスマスに自邸のドアにかけられていたヒイラギのリース飾りが、新雪をまとってキラキラ輝く様に魅了されたことから生まれた『リース・ネックレス』です。ダイヤモンドの葉が描く美…。イヤリングには、ペアシェイプとマーキースカットのルビーがキラリ。

【12月】ハリー・ウィンストンのアイコニックなデザインが集結したチャームコレクション

『チャーム・バイ・ハリー・ウィンストン』ブレスレットチェーン¥810,000[プラチナ]・¥490,000[イエローゴールド]・チャーム(左上から時計回りに)ループ¥810,000[ダイヤモンド×プラチナ(以下同)]・クラスターハート¥1,210,000・HW ロゴ¥840,000・フィフスアヴェニュー・ボルト¥2,430,000・ラッキー8¥520,000・シールド¥360,000・ウィズ・ラブ¥720,000・ラッキー8¥450,000[ダイヤモンド×イエローゴールド(以下同)]・HWリング¥350,000・パヴェハート¥1,170,000・ベル¥360,000

ハリー・ウィンストンのデザインの歴史と遺産に、敬意をこめて生まれたチャーム・コレクション。ブランドのアイコンモチーフが愛らしいチャームになったこのコレクションは、ブレスレットやペンダントトップとして楽しむことができます。

 

以上、ハリー・ウィンストンの華麗なるダイヤモンドの世界の一端をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? この優美な世界観を自宅に飾っておけるカレンダーがついた『Precious』1月号を、ぜひ書店等でお買い求めいただければと思います。

なお、PreciousのLINEアカウントと「友だち」になっていただくと、このハリー・ウィンストンのカレンダーのスマートフォン用壁紙を、毎月月末に配信いたします(2019年1月~12月分まで、1回目は12月下旬を予定)。ぜひ、お友だちになってくださいね。

友だち追加

商品の問い合わせ先

※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
STYLIST :
CHIZU
EDIT&WRITING :
兼子淳里
RECONSTRUCT :
安念美和子