大人の女性におすすめの、シフォンブラウスを使ったコーディネートに関するまとめ記事です。ラグジュアリーファッション誌『Precious』のこれまでの記事から、白・黒・グレー・ドットなどのシフォンブラウスの着こなしをピックアップしました。この春はふんわりとエアリーなシフォンブラウスに注目です。旬の着こなしから、あなたにぴったりなシフォンブラウスのコーデを見つけてください。

【目次】

白のシフォンブラウスコーデ


【1】マックスマーラの白シフォンブラウス×ネイビージャケット

【1】マックスマーラの白シフォンブラウス×ネイビージャケット
スカート・シフォンブラウス・ジャケット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・リング(モーブッサン ジャパン)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

襟元のギャザーが優美なニュアンスを醸す白のシルクシフォンブラウスとインディゴカラーのスカートで、気負いないフェミニンスタイルを完成。セットアップになるジャケットをさらりとはおって、スーツを着なれた大人の貫録を表現しましょう。スカートはストレッチの効いたコットンリネン素材。中央のボックスタックと片倒しタックをウエスト下まで白のステッチで縫い留めて、広がりすぎない台形シルエットを構築しています。

【2】マレーラの白シフォンブラウス×ベージュスカート

【2】マレーラの白シフォンブラウス×ベージュスカート
スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、マレーラのシフォンブラウス・バンフォードのストール(三喜商事)、ピアス・ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ブラウスのベージュトリミングが、たっぷりとしたイレギュラーヘム(裾)のフレアスカートとの自然な統一感を演出。ドラマティックなフィット&フレアシルエットをすっきり着こなせます。スカートは左右が長いイレギュラーヘムが軽やかに躍動するシルククレープ素材。心地よくフィットするシフォンブラウスのトップスは、タックインして品よく仕上げましょう。

【3】デザインワークスの白シフォンブラウス×黒パンツ

【3】デザインワークスの白シフォンブラウス×黒パンツ
シフォンブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード×グレンウッド〉)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ブラックデニムを選んだカジュアルな日でも、どこかにリッチ感を漂わせたいもの。そんなときは、カットソーではなく、「シフォンブラウス」の出番! フロントにはピンタックを、袖にはレースを施したリッチな一枚を主役に、ゴールドチェーンのバッグやボリュームリングでスパイスをきかせましょう。

【4】デザインワークスの白シフォンブラウス×黒パンツ

【4】デザインワークスの白シフォンブラウス×黒パンツ
シフォンブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ebure)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

「黒×白」という研ぎ澄まされた配色だからこそ、微妙なシルエットがおしゃれの印象を左右。さらりと着心地のよいVネックの白のシフォンブラウスは、ふんわりとした袖やドロップショルダーに、旬のディテールが凝縮されています。一見スカートにも見える、ハイウエストパンツは黒を選び、スタイルアップへと導くメリハリを味方につけましょう。

【5】HAUNTの白シフォンブラウス×黒ワイドパンツ

【5】HAUNTの白シフォンブラウス×黒ワイドパンツ
シフォンブラウス(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

白シャツに代わるアイテムとして注目のシフォンブラウス。深めのVカットやリボンベルトが女力を発揮しながらも、ハリのあるコットン素材で清涼な印象に仕上げましょう。ブラウスに華があるぶん、細身パンツやポインテッドトウですっきりと仕上げるのが正解です。

【6】レ・コパンの白シフォンブラウス×黒スカート

【6】レ・コパンの白シフォンブラウス×黒スカート
シフォンブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(ADORE)、ネックレス・バングル・リング(ヴァン クリーフ&アーペル)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

たっぷりと贅沢にレースを配したバルーンスリーブの白のシフォンブラウスに、ハイウエストのひざ下丈ネイビースカート。トレンド感のあるアイテムを組み合わせてもさわやかに仕上がるのが、ネイビー×ホワイトの着こなしの楽しさ。ネイビー×ホワイトのフェミニンスタイルは、あくまで脱・コンサバがキーワードです。

【7】ファビアナフィリッピの白シフォンブラウス×白パンツ

【7】ファビアナフィリッピの白シフォンブラウス×白パンツ
シフォンブラウス・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

シンプルなノーカラーのシフォンブラウスに、まるで一枚のスカーフを肩から重ねたようなアシンメトリーなデザイン。部分的にあしらわれたシルバーのボールチェーンの「ルーチェ」が、動くたびに繊細に輝く姿は、なんともいえない気品が漂います。

黒のシフォンブラウスコーデ


【1】デザインワークスの黒シフォンブラウス×柄スカート

【1】デザインワークスの黒シフォンブラウス×柄スカート
スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、シフォンブラウス(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、ピアス・ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(カオス丸の内〈カオス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

スカートと色調を合わせた小物をちりばめ、統一感を出しつつ表情豊かに仕上げましょう。

【2】レキップの黒シフォンブラウス×ライトグレースカート

【2】レキップの黒シフォンブラウス×ライトグレースカート
スカート(ebure)、シフォンブラウス(レキップ)、ジャケット(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル(モーブッサン ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

黒のバンドカラーのシフォンブラウスと、澄んだグレーのハイウエスト・スカートのコーディネート。クールトーンの旬アイテムで仕上げた進化系ベーシックです。ブラウスのとろみとレザーのシャープな質感が、オフィスで浮かない凛とした色香を醸し出してくれます。淡色のハンドバッグとスプリングツイードジャケットで、軽やかな気品も忘れずに!

グレーのシフォンブラウスコーデ


【1】ファビアナフィリッピのグレーシフォンブラウス×白パンツ

【1】ファビアナフィリッピのグレーシフォンブラウス×白パンツ
シフォンブラウス・パンツ・帽子(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

さらりと肌を滑る感触が心地よいシルクジョーゼットのアイスグレーのシフォンブラウス。穏やかなコントラストを描くミディアムグレーのボウのトリミングには「ルーチェ」が施されており、垂らしたり、結んだり、と多彩な表情を演出。袖口にコットンリブニットを配したラフなデザインを生かし、ゆったりとしたドローストリングパンツで上質な大人カジュアルを楽しみましょう。

ドット柄のシフォンブラウスコーデ


【1】レキップの黒地ドット柄シフォンブラウス×グリーンスカート

【1】レキップの黒地ドット柄シフォンブラウス×グリーンスカート
スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、シフォンブラウス(レキップ)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ルック〈フィラージュ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ピーコックグリーンがはっと目を引く台形シルエットのラッププリーツスカートに合わせたのは、黒地にベージュの小さなドットが浮かぶシフォンブラウス。エアリーな風合いが着こなし全体にやわらかなニュアンスを授け、若々しさのなかにも大人の余裕が香る着こなしに。スカートはプリーツをあしらったフロントスカートを左で留めるラップ仕立て。長く垂れたベルトが軽やかに揺れて、たたずまいを表情豊かに見せてくれます。

【2】セブンティの黒地ドット柄シフォンブラウス×黒パンツ

【2】セブンティの黒地ドット柄シフォンブラウス×黒パンツ
シフォンブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、時計・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

新しい季節には、遊びのある柄を取り入れて、フレッシュな印象を手に入れたいもの。透け感のあるシルクに白のドットが描かれたシフォンブラウスなら、この季節にふさわしい涼しげなイメージも漂います。黒の面積が多いときには、いかにメリハリをつくるかが大切に。落ち感のあるタックパンツを合わせたら、仕上げにワイドベルトを加えて、着こなしにリズムをつけましょう。

40代におすすめのシフォンブラウスコーデ


【1】ル ヴェルソーノアールのブラウンシフォンブラウス×白スカート

【1】ル ヴェルソーノアールのブラウンシフォンブラウス×白スカート
スニーカー(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉)、シフォンブラウス(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、ジェントリーポルトフィーノのスカート・ペセリコのジャケット(ウールン商会)、ドナテラ・ペリーニのイヤリング・ペリーニのバングル(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー)、バッグ(アオイ〈ティラ マーチ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

今年らしくモカ茶を投入した上品なベージュスタイルを、小物使いでさらに鮮度アップ。女性らしいシフォンブラウスに、存在感のあるベルクロのスニーカーをアクティブに重ねましょう。

【2】フィラージュのモカベージュシフォンブラウス×白レーススカート

【2】フィラージュのベージュシフォンブラウス×白スカート
スカート(ADORE)、シフォンブラウス(ルック〈フィラージュ〉)、ピアス・バングル・リング(コロネット〈アントニーニ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ロールカラー+ボウタイがクラシカルな女性らしさを醸すモカベージュのシフォンブラウスは、スカートの裏地とさりげなくリンク。レースの繊細な美しさを際立たせつつ、統一感を演出してくれます。黒の小さめバッグで、程よい流行感を香らせるのも、大人ならではの技。モカベージュの裏地に白の繊細なレースを重ね、ウエストは横に、スカートの前後は縦に、黒のリボンレースをグラフィカルに配したひざ下丈タイト。レース端を生かしたスカラップの裾は、前後に2本ずつスリットを入れて、歩きやすさに配慮しています。

【3】ブルネロ クチネリのゴールドベージュシフォンブラウス×白パンツ

【3】ブルネロ クチネリのゴールドベージュシフォンブラウス×白パンツ
ジャケット・シフォンブラウス・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ラメ糸を織り込んだコットンリネンのツイードジャケット、シルクサテンのシフォンブラウス、そしてメタリックのバッグからロングパールにいたるまで、ゴールドベージュにきらめく光沢を重ねたラグジュアリーなレイヤード。アクセントとなる濃厚なイエローは、全体に溶け込みつつ、インナーで見え隠れするくらいに、さりげなく色を効かせましょう。

【4】フォルテ フォルテの水色シフォンブラウス×ストライプ柄スカート

【4】フォルテ フォルテの水色シフォンブラウス×ストライプ柄スカート
スカート(エミリオ・プッチ ジャパン)、シフォンブラウス(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

パネル状にシルク素材を重ねた、エアリーなプリントスカートで、ワードローブに変化をつけて。マルチカラーのスカートに使われたミントブルーをシフォンブラウスにリンクさせれば、着こなしにまとまり感が生まれます。スカートはパステルトーンのストライプ柄とパールを描いたグラフィカルな模様にエミリオ・プッチらしい遊び心が光ります。

シフォンブラウスの関連記事