伝説のパンプス「ヴァラ」は履き心地も進化中!

左/靴[ヒール1cm]¥80,000・中/靴[ヒール3cm]¥74,000・右/靴[ヒール7cm]¥76,000(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) [Precious2019年3月号166ページ]  

右の2足は定番の『ヴァラ』、左の1足はポール・アンドリューがデザインに携わってからのモデルで、大きめのリボンやポインテッドトウが新鮮さを伝えています。ポールは、デザイン性だけでなく履き心地も追求し、形状記憶のクッションを中敷下に挿入。インソールのデザインも定番とは変えて、その違いを発信しています。

女性の足元を美しく快適にしてきたリボンモチーフは自由なアレンジでも上品さは不変

Vara(ヴァラ)

サルヴァトーレ・フェラガモの長女で後継者だったフィアンマ・フェラガモによって、世に送り出された『ヴァラ』。履きやすく美しさもかなえた靴はないかとデザイナーたちと試行錯誤を重ね、完成に近づいていたとき、オフィスにあったグログランでリボンをつくり添えてみたことが誕生のきっかけでした。実用性にエレガンスを吹き込んだモチーフ『ヴァラ』。その優れたデザインは今もフェラガモの象徴であり美学として、サイズや素材を変え、揺るがぬ魅力を放っています。

  • The First VARA'78年にフィアンマによってつくられた『ヴァラ』のパンプス。爆発的なヒットとなり、現在までに世界で100万足以上を売り上げています。
  • FianmaFerragamo父に学び、多くの靴をデザインしたフィアンマ。'67年にはファッション界のオスカーとされるニーマン・マーカス賞を受賞しています。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
唐澤光也(RED POINT)