首こり&肩こりがたるみをつくっているということをご存知ですか? 

首がガチガチに固まっている、肩こりを感じる…そんなときは、首から肩甲骨までカバーする大きな筋肉=僧帽筋(そうぼうきん)が凝り固まっている証拠。そうなると顔の肉が下に引っ張られる、リンパの流れが滞ることで、フェースラインのもたつきの原因になるのです。なので僧帽筋は日ごろからケアしておくべき大事なポイント。

村木さんのメソッドなら、握りこぶしで首と頭蓋骨の境目=僧帽筋の上部をもみほぐすだけ。ほぐすポイントとなる場所を把握しておけば、いつでもどこでもできて、フェースラインがすっきり。さらにデスクワークによる首こり、肩こりが軽減するから、疲れにくくなるのもうれしい効果です。

村木宏衣さん
アンチエイジングデザイナー
(むらきひろい)大手ステティックサロン、整体院、美容医療クリニックでの勤務経験を経て、小顔、リフトアップ、むくみ、ボディメイキングなど女性の悩みに対して、独自の「村木式 整筋」美容メソッドを確立。現在は「クリニックF」内「Amazing♡ beauty」を開設。著書に『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(日経BP社)など多数あり。
体験者:山本みらいさん
読者モデル(38歳・会社経営)
「首と頭蓋骨の境目あたりがこんなに硬くなっているとは思いませんでした。初めはコリによる痛みを感じるのですが、ほぐれたあとはすっきり。首、肩がスッと軽くなって、フェースラインのもたつきが消えました」

 たるんだフェースラインをシャープにする、僧帽筋マッサージ

■Step1:握りこぶしを使ってマッサージをする

握りこぶしをつくって第一関節、第二関節の間の平面を使い、マッサージを。広い面を使うことでガチガチに固まっていても不快な痛みがなく、深く圧をかけることできます。

指の関節でグリグリと行うと、表面だけにしか刺激を与えることができないので、深く圧をかけられる平面を使うのが正解。

■Step2:首と頭蓋骨の境目あたりをマッサージする

Step1でつくった握りこぶしを首と頭蓋骨の境目あたりに当てて、左右にジグザグしながらマッサージを。耳側から中心に向かって3か所に分けて行って。このとき顔は正面のまま、ゆったりと深呼吸しながら行いましょう。

頭皮と骨の間にある筋肉を耕すようなイメージでマッサージしましょう。
耳側から中心に向かって3か所に分け、1か所につき1、2、3、と3回ずつジグザグします。握りこぶしを小刻みに動かして、骨をマッサージするようにグッと深く圧をかけるのがコツ。

【まとめ|たるんだフェースラインをシャープにする、僧帽筋マッサージ 4か条】
1.フェースラインがゆるみ、顔がたるむのは、首こり、肩こりが原因のひとつ。
2.首から肩甲骨にある大きな筋肉=僧帽筋が凝り固まると、顔の肉が引っ張られてたるむ。
3.僧帽筋の硬化はリンパの流れも滞り、むくみたるみにつながる。
4.頭蓋骨と首の境目=僧帽筋の上部をほぐせばたるみ解消に。フェースラインがキリッと引き上がる。

以上、たるんだフェースラインをシャープにする、僧帽筋マッサージを教えていただきました。

セルフケアは続けることが大事。「誰でも簡単に効果テキメン」のアンチエイジングメソッドに限定して、毎週土曜日にテーマを変えてお届けします。

6月のテーマは、年齢とともにゆるんだフェイス&ボディの「引き締め」で、次回は6月1日の更新です。お楽しみに!

PHOTO :
松原敬子
EDIT&WRITING :
荒川千佳子