「手練」にはなんと3種類の読み方が存在!あなたはすべて、答えられますか?

「手練手管(てれんてくだ)」という四字熟語では「手練」は「てれん」と読みますが、「手練」だけ単独の場合には、ほかにもふたつの読み方がある「手練」。

3種類の読み方があります。

さらに、読み方によって単語の意味も違う、なかなかに厄介な言葉なのです。

「手練」という文字の入った文章を扱う際、別の読み方と意味を思い浮かべてしまうと「この文脈、意味が通らない?」と混乱してしまいます。目上の方とのやりとりや、日本の伝統文化に触れるシーンなどで、登しやすい単語でもありますので、大事な時にうろたえないよう、備えておきたいですね。

Respect(尊敬される)女性から、Shame(残念な)女性にならないために、「手練」の読み方と意味の違いを、しっかりおさらいいたしましょう。

というわけで、クイズです。

【問題1】

「手練」という単語の「てれん」以外の読み方を、ふたつお答えください。

ヒント:ひとつは音読み、もうひとつは訓読みです。

「手練」の読み方3つ、わかりますか?

いかがでしょうか? 正解を見ていきましょうか。

次ページ 正解発表!あと二つは何?
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
ILLUSTRATION :
小出 真朱