世界展開をしている名門ホテルがしのぎを削るタイ・バンコク。新しいホテルが続々と誕生する中、愛され続けているシェラトングランデ・スクンヴィット,ラグジュアリーコレクションホテル,バンコク。1996年に開業してから、通い続けているリピーターも多いというこちら、その魅力は一度滞在すればわかります。

スカイトレインや地下鉄と直結したホテル
スカイトレインや地下鉄と直結した、バンコクの中心地

スカイトレイン(BTS)のアソーク駅と地下鉄(MRT)のスクンビット駅と、歩行者専用のスカイブリッジで結ばれ、どこへ行くにも便利な立地。人気のショッピングモール「ターミナル21」にも直結しています。

緑に包まれたリゾートのようなタイ・テーマ・ガーデン・スイート

噴水の水音が響く吹き抜けのロビーエリア
噴水の水音が響く吹き抜けのロビーエリア。メインレストランの「オーキッド・カフェ」に隣接

33階建て420室の高層ホテルは、目の前に遮るもののないシティとラチャダ湖ビュー。タイのコンテンポラリースタイルでまとめられた客室は、エントリークラスでも広さ45平方メートル、24時間バトラーサービス付きです。

大理石をふんだんに使ったバスルーム
大理石をふんだんに使ったバスルーム。THANNのアメニティーが用意されています

各部屋には全身を包み込むラグジュアリーコレクションのシグネチャーベッドに、300番糸のコットンシーツ、ふわりとしたデュベ(羽毛布団)、羽毛と低反発などから選べるピローメニューを備え、深い眠りと心地いい目覚めを叶えてくれます。室内のあちこちにそっと置かれた蘭の花、タイの伝統的なカービング、そして「THANN(ターン)」のアメニティーなど、タイらしさがちりばめられているのも、心憎い演出です。

自然を感じるタイ・テーマ・ガーデン・スイート
「タイ・テーマ・ガーデン・スイート」は開業当時から育った樹木に守られ、静けさに満ちています

憧れの客室は、3タイプある「タイ・テーマ・ガーデン・スイート」。それぞれにウッドデッキと砂利石を敷いたガーデンがあり、開業当時からの熱帯の木々が鬱蒼と茂っています。周囲の喧噪や眺めからガードされるせいか、ここがバンコクであることを忘れてしまいそう。

ハイエンドな「ラマ」スイートにはガーデンに緑に包まれたジャグジーがあり、まるでリゾート地のヴィラのようにリラックスした時間が過ごせます。

チーク材を使用した内装
床にもチーク材を使用。タイらしい要素が室内のあちこちに取り入れられています

タイをテーマにした室内は、チーク材や大理石、上質なシルクも惜しげもなく使い、アンティークやタイらしいモチーフのカービングなどが目を楽しませてくれます。床もチーク材を使用しているため、エキストラベッドはNG、室内に段差もあるので12歳以上限定。大人のための空間なのです。

最も贅沢なお部屋の「ロイヤル・スイート」や「ガバナーズ・スイート」は、部屋の扉を開けると、オートマチックにカーテンが開き、シティビューが広がる仕掛け。思わず、歓声が漏れてしまいます。そして天井高3.5メートル。見上げてしまうほどの高さです。

スパではタイ独自の自然治癒の伝統から着想を得た、本格的リチュアル“ルク・プラ・コブ”というメニューも
スパではタイ独自の自然治癒の伝統から着想を得た、本格的リチュアル“ルク・プラ・コブ”というメニューも

受賞歴を誇るイタリアン、体験型タイ料理など個性豊かなダイニング&バー

ダイニング&バーの様子
ミシュランプレート賞に選ばれ、『ワイン・スペクテーター』でも数々の賞に輝く「ロッシーニ」

ミシュランプレートに選ばれ、バンコクを代表するイタリア料理レストランのひとつとされる「ロッシーニ」。トスカーナ地方の料理をサーブし、ショーキッチンを併設する店内もトスカーナの民家風です。

トリュフが乗った子牛料理
トリュフをたっぷり乗せた、メインの子牛料理。食材はイタリアから取り寄せるものも
山盛りの生ガキやエビ、カニなどが並ぶサンデーブランチ
山盛りの生ガキやエビ、カニなどが並ぶサンデーブランチは、スタート前から行列ができるほどの人気

フレッシュなブッラータチーズやトスカーナのハム、シチリア産のトマトなど、アペタイザーから食欲満開。メインにオーダーした子牛はトリュフの香りが鼻をくすぐり、至福な気持ちに満たされます。サンデーブランチは地元マダムの間で評判の、週末のお楽しみです。

タイ料理の「バジル」
タイ料理の「バジル」。国内4エリアそれぞれの特徴的なタイ料理がいただけます
さまざまな種類のカクテル
毎夕、「バジル」ではコンブチャのカクテルのデモンストレーションが行われます

タイ料理「バジル」はタイの北部、東北部、中部、南部それぞれの地方の味わいをラインナップ。化学調味料は使わず、本来のタイ料理を供します。地域ごとに特徴があり、香りも異なるので、制覇したいところ。タイ料理教室(要予約)や、毎夕、コンブチャのデモンストレーションも開催しています。

オーキッド・カフェ
ビュッフェのメニューが充実している「オーキッド・カフェ」

ビュッフェが充実したメインの「オーキッド・カフェ」や、緑に包まれたプールサイドにある「ザ・サラ」、ジャズの生演奏を聴きながらカクテルがいただける「ザ・リビング・ルーム」など、どれも選りすぐりです。

樹木に囲まれたプール。隣接する「ザ・サラ」はテーブル席のほか、三角クッションのくつろげるスペースも
樹木に囲まれたプール。隣接する「ザ・サラ」はテーブル席のほか、三角クッションのくつろげるスペースも

日本人ゲストへの細やかなサービスはひとり旅でも安心

日本人スタッフは3名が勤務。フロントで直接、対面できるのは何かと心強いものです。

日本語が書かれた案内
日本人ゲスト向けのサービスが充実しています

客室内でも日本人ゲストへのケアは行き届いています。例えば、ディレクトリーやホテルからの案内、ルームサービスのメニューなどは日本語で用意。テレビは、NHKはもちろん、フジテレビや日本テレビ、朝日放送も視聴可能。そして電話も日本人スタッフと直通で話せるプッシュボタンがあります。

初めてのひとり旅や海外旅行に不慣れな親族を連れての旅などにも利用したいホテルです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子