朝晩は少し肌寒く感じられる気温20度の日。そんな日も快適に過ごせる薄手のコートやカーディガン、ジャケットのコーデを、ファッション誌『Precious』からピックアップ。温度調整しやすい服装で心地よくおしゃれを楽しんでみてください。

【目次】

20度の雨の日におすすめな薄手コートコーデ


【1】ベージュコート×白Tシャツ×白パンツ

バッグ『トロント モンテーニュ』・トレンチコート・Tシャツ・ホワイトデニム(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ『トロント モンテーニュ』・トレンチコート・Tシャツ・ホワイトデニム(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ロゴTシャツ+デニム、コートインを白でまとめた爽やかなトレンチスタイル。そこにグリーンの『トロント モンテーニュ』バッグを投入してみずみずしい配色美を楽しんで。コートにボリュームがあるぶん、バッグはロングショルダーで縦ラインを強調。遠目にもすっきり軽やかな印象に仕上がります。

【2】白コート×白カットソー×黒パンツ

コート・カットソー・パンツ・バッグ『ヴァリゼット』(ルイ・ヴィトン)、傘/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
コート・カットソー・パンツ・バッグ『ヴァリゼット』(ルイ・ヴィトン)、傘/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

雨の日は清涼な着こなしを心がけたいもの。白のコートの襟元から、ライトブルーが効いたカットソーをのぞかせて。仕上げに「モノグラム・キャンバス」のミニバッグをアクセントに添えましょう。

【3】ベージュコート×グレーニット×黒パンツ

コート・ラメニット・パンツ・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
コート・ラメニット・パンツ・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

新作のトレンチコートは、セットインスリーブとハリのある素材で、よりほっそりとしたシルエットを強調できる一着。色もコクのあるサーブル(=サンドベージュ)がシック。日本限定版なので、小柄な体型でも映える素材やフォルム、日本人の黄み肌に映えるベージュといった配慮がうれしい。ライナーには1971年のコレクションで発表されたスターモチーフをモダンにあしらっています。

【4】ブラウンコート×ネイビーワンピース

コート・ワンピース・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
コート・ワンピース・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ネイビーのワンピースでフェミニンな装いを楽しむ際には、ベルトでウエストのラインを強調し、ドレスコートのような雰囲気に。トレンチコートには、オーソドックスなベルトとワイドなタイプの2種類が付属され、アレンジできる仕様に。ワイドベルトを合わせると、よりモードな印象が際立ちます。

【5】ライトベージュコート×白ニット×白パンツ

コート・ニット・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ・ネックレス・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ベージュ~オフホワイトの淡色コーディネートにキレのよさを加えているのが、上質スニーカー。美術館へ、街歩きへ…とふだんよりたくさん歩く日もノーストレス。「モニーレ」と呼ばれるボールチェーン装飾が施された一足なら、ラグジュアリー感もキープ。今の気分を感じさせつつ、上品な着こなしが完成します。

【6】黒コート×黒スカート

コート・スカート・靴(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス・バングル(髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
コート・スカート・靴(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス・バングル(髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

美しい立ち姿を鮮やかに浮き彫りにするのが、黒のトレンチコート。程よくゆったりとした今年らしいボリューム感のコートを、キュッとクラシックにウエストマークして。ネックレスのような襟元のベルトで強調したVラインが、さらに女らしさを引き立てます。

【7】ライトグレーコート×ライトグレーニット×ライトグレーパンツ

バッグ(デルヴォー・ジャパン)、コート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレス・バングル()・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
バッグ(デルヴォー・ジャパン)、コート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

カラフルなストライプとビジューのような装飾が、端正なバッグ『ブリヨン ミニ』を愛らしくバージョンアップ。

【8】カーキコート×黒ニット×グリーンパンツ

トレンチコート(バブアー 二子玉川店)、ニット(RHC ロンハーマン〈RHC〉)、パンツ(ブラミンク)、エメラルドグリーン×白のスカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
トレンチコート(バブアー 二子玉川店)、ニット(RHC ロンハーマン〈RHC〉)、パンツ(ブラミンク)、エメラルドグリーン×白のスカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

カーキのトレンチとオーガニックグリーンのパンツという装いに、エメラルドグリーン×白が鮮やかなスカーフをプラス。グリーン系の柄を加えるのも、華やかなこなれ感を生むテクニックです。

【9】ベージュコート×白ニット×レッドパンツ

パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、ピアス・バングル・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツはさらっとした肌触りのコットンストレッチ素材だから、適度にカジュアル感も漂い、赤いパンツでも重くならず、今っぽく決まります。赤とベージュをつなぐ、白小物を効果的にちりばめて。

【10】モカベージュコート×ベージュニット×ピンクパンツ

コート・ニット・パンツ・ベルト・ストール・バッグ(三喜商事〈ア二オナ〉)、ネックレス/首元から・ (ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ・ベルト・ストール・バッグ(三喜商事〈ア二オナ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

春らしいピンクのパンツを投入しながらも、全体のグラデーショントーンをくずすことなくまとめたコートスタイル。ベルトやストールに少し濃いめのブラウンを差し、きりっとまとめるのがセンスアップの秘訣です。

20度の服装におすすめなカーディガンコーデ


【1】パープルカーディガン×ネイビーワンピース

ワンピース(Theory luxe)、カーディガン(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、ピアス・ペンダント・・バングル・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース(Theory luxe)、カーディガン(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、ピアス・ペンダント・バングル・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

小さな袖がほんのり愛らしいストレッチウール仕立ての細身ワンピース。シルエットを生かして、肌触りのよいカシミヤシルクパープルのカーディガンを肩がけ。さらにネックレス、時計、バングル…シルバーの輝きをちりばめて、クールな抜け感をプラスしましょう。

【2】グレーカーディガン×グレーブラウス×パープルパンツ

カーディガン(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、半そでブラウス・パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパンゼニス)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、半袖ブラウス・パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパンゼニス)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

これまでのベーシックカラーのボトムを、この秋は流行カラーのパープルに更新。それだけで、着こなしに艶めきと大人の余裕が生まれます。

【3】白カーディガン×白ニット×柄スカート

スカート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、カーディガン(エリオポール代官山〈エリオポール〉)、ニット(J&M デヴィッドソン 青山店)、ピアス・ネックレス・リング(チェリーブラウン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(RHC ロンハーマン〈ペッツァーナ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
スカート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、カーディガン(エリオポール代官山〈エリオポール〉)、ニット(J&M デヴィッドソン 青山店)、ピアス・ネックレス・リング(チェリーブラウン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(RHC ロンハーマン〈ペッツァーナ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

艶めく柄スカートは、いかに抜け感を加えるかが洗練の決め手。スエードローファーで辛口に。

【4】ベージュカーディガン×カーキワンピース

カーディガン・ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(ISETAN SALONE 東京ミッドタウン〈カラット アー〉)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン・ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(ISETAN SALONE 東京ミッドタウン〈カラット アー〉)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

カーキのワンピースは、洗練のベージュトーンでシックな秋色の装いに。

【5】ピンクカーディガン×ピンクプルオーバー×ライトブルーデニムパンツ

バッグ『シシリー 62』・カーディガン・プルオーバー・デニム・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ『シシリー 62』・カーディガン・プルオーバー・デニム・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ハンドバッグの気品とトートのスマートさを備えた『シシリー62』。カジュアルな着こなしに軽やかにフィットし、格を高める効果は絶大です! レースを配したピンクのカシミヤニットアンサンブル+ブルーデニムの優しい配色で仕上げた着こなしに、上質レザーの風格が香るニュアンスグレーのバッグを選択。肩の力が抜けたラグジュアリー感を演出しましょう。

【6】レッドカーディガン×白ブラウス×グレーパンツ

カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉)、ブラウス(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ebure)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉)、ブラウス(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ebure)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

淡いベージュの着こなしに投入し、品よく健康的な美人効果を満喫。カーディガンは手作業によるリンキング(ニットの接ぎ合わせ)によって型くずれしにくい。

【7】エメラルドグリーンカーディガン×黒ワンピース

カーディガン(トラデュイール)、ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(トラデュイール)、ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

王道のエレガンスが香る黒のワンピースに肩がけして、こなれ感を演出。ライトベージュのショルダーバッグで抜け感を演出するのが、今の季節らしい軽やかさの決め手です。カーディガンの肩がけしたときにも美しく見えるつくりに注目。ラグランスリーブは肩に自然に収まり、短めの袖丈はルーズに見えないのがポイント。

【8】白カーディガン×ベージュトップス×ミントパンツ

カーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、トップス(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、パンツ(ミュラー オブ ヨシオクボ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、トップス(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、パンツ(ミュラー オブ ヨシオクボ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

華やぎトップス+グリーンのパンツ、個性的な配色スタイルを清涼なカーディガンで気負いなく。

【9】ベージュカーディガン×ベージュニット×レッドスカート

スカート・ニット・肩にかけたカーディガン・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
スカート・ニット・肩にかけたカーディガン・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ポップな柄が軽やかに浮かび上がる、スイス伝統の「サンガレン・エンブロイダリー」のレースを使ったスカートを投入。ハリのある素材で、贅沢な分量感のAラインのシルエットが動くたびに揺れるスカートは、シンプルなベージュのニットと合わせるだけで印象的に仕上がります。

【10】黒カーディガン×白パンツ

ヴァレンティノのカーディガン・ヴァレンティノのパンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・リング・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ヴァレンティノのカーディガン・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・リング・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ブラウス感覚で端正に着こなして、ワイドパンツに合わせれば、かっこよくて女らしい着こなしが完成します。

20度の服装におすすめなジャケットコーデ


【1】黒ジャケット×黒カットソー×黒デニムパンツ

デニム(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ジャケット(カオス丸の内)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
デニム(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ジャケット(カオス丸の内)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ウォッシュ加工が施されたブラックデニムがあれば、初秋に映える、軽やかなモノトーンスタイルが完成します。足元は華奢なバーサンダルで女らしいエッセンスを。

【2】パープルジャケット×グレーTシャツ×黒スカート

ジャケット(チェルキ〈ステファノ〉)、スカート(ebure)、Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、サングラス(アイヴァン PR)、ピアス・丸チャームネックレス・ネックレス・リング(ステディ スタディ〈トム ウッド〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ジャケット(チェルキ〈ステファノ〉)、スカート(ebure)、Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、サングラス(アイヴァン PR)、ピアス・丸チャームネックレス・ネックレス・リング(ステディ スタディ〈トム ウッド〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

頼れるアイテム、レーススカートはジャケットと合わせてきりっと着るのが新鮮です。

【3】ライトグレージャケット×ブルーブラウス×グラデーションスカート

ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)ブラウス・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、時計(ブレゲ ブティック銀座)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ブラウス・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、時計(ブレゲ ブティック銀座)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

フェミニンな丸襟ジャケットには、淡いブルーのメタリック糸を織り込んだジャカード生地が華やかなスカートを合わせ、黒のバッグできりりと引き締めて。クラシカルなラウンドウォッチが、手元に気品を授けます。

【4】ピンクジャケット×白ブラウス×白パンツ

ジャケット・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、靴(JIMMY CHOO)、リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、時計『ランデヴー・ムーン・ミディアム』(ジャガー・ルクルト) 撮影/池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ジャケット・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、靴(JIMMY CHOO)、リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、時計『ランデヴー・ムーン・ミディアム』(ジャガー・ルクルト) 撮影/池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

時計のピンクゴールドと調和するピンクベージュの大ぶりジャケットに、INは白のワントーンを合わせたら、上品で知的な着こなしのなかに、フェミニンさが漂うオンスタイルに。

【5】カーキジャケット×白Tシャツ×柄パンツ

ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ベージュ、ブラウン、グレー系の服にきれいになじみ、着こなしをリッチに高めるグレージュ・ベルト。夏らしいプリントボトムの装いも、上質カーフのグレージュ・ベルトでシックにクラスアップ。2か所の「ガンチーニ」バックルでつけ外しをするデザインが、モダンなかっこよさをプラスしてくれます。

【6】白ジャケット×ドットブラウス×黒スカート

バッグ『モノグラム・サンローラン カサンドラ』・ジャケット・ボウブラウス・スカート・イヤリング(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
バッグ『モノグラム・サンローラン カサンドラ』・ジャケット・ボウブラウス・スカート・イヤリング(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

トップハンドルバッグのクラシックな魅力を最大限に引き出した、モノトーンのキャリアスタイル。シルクのボウブラウスにレザーのタイトスカートという女っぷりのよさに、今年らしいシルエットのジャケットをプラス。モードなエッセンスが効いた白をたっぷりあしらって、鮮やかなおしゃれを楽しみましょう。

【7】カーキジャケット×白カットソー×カーキパンツ

ジャケット・パンツ・カットソー(アマン〈アンスクリア〉)、ピアス・バングル(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・パンツ・カットソー(アマン〈アンスクリア〉)、ピアス・バングル(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

パンツはイタリアの老舗生地メーカーのリネン生地は、独特のシャリ味やヴィンテージライクなウォッシュ感のあるテクスチャーのカーキベージュ。Tシャツを一枚合わせるだけで着こなしが完成するような、スタイリングの主役になる存在感を備えた一着。パンツと共生地のVネックジャケットを合わせてセットアップに。白いカットソーで抜け感をプラスしましょう。

【8】ネイビージャケット×ボーダーカットソー×ミントグリーンパンツ

スニーカー・パンツ・バッグ(バリー 銀座店)、ジャケット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ティファニー アイウェア事業部)、ネックレス・ネックレストップ(ローリー・ロドキン銀座店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スニーカー・パンツ・バッグ(バリー 銀座店)、ジャケット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ティファニー アイウェア事業部)、ネックレス・ネックレストップ(ローリー・ロドキン銀座店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ボーダーニットにブルーのパンツという爽やかなマリンスタイル。白レザースニーカーの上質な軽やかさで今年らしい風を運んで。ジャケット着用のこの清潔感なら、白スニーカーがオンタイムにも楽しめます。

【9】ピンクベージュジャケット×白トップス×グレーパンツ

ジャケット・インナー・パンツ・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ジャケット・インナー・パンツ・バッグ・靴(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

とろみのあるグレージュのパンツに同系色の小物を重ねて、流行のワントーンの着こなしが完成。白いコットンパンツやスニーカーを合わせれば休日にも活用でき、一枚でいくつもの顔が楽しめる万能さがウリです。

【10】黒ジャケット×カーキワンピース

ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ギャラリーを訪れる休日は、ブルゾンタイプのジャケットをさっとはおり、足元にスニーカーを投入。スニーカーとも相性がよく、カジュアルに着こなせるのも、このロングワンピースに惹かれる理由です。足さばきのいいワンピースから、軽やかなエレガンスが生まれます。

気温20度の服装の関連記事