【目次】

気温20度前後の日におすすめしたい、6つの対応策


外出してから暑すぎたり寒すぎたりして「服装選びに失敗してしまった」なんてなりやすい気温20度。最低気温、最高気温20度ごとのポイントさえ押さえておけば、一日中快適に過ごすことができます。

「最低気温20度」の日におさえるべき3つのポイント

 

最低気温20度の日は、日中は25度前後まで気温が上昇するため、涼しげな服装や通気性の良い服装がおすすめです。そんな気温の日にぴったりなアイテムは、下記の3つ。

【1】「ブラウス1枚」でOK

【2】「ワンピース」で通気性の良さを確保

【3】「カットソー」「羽織り」で体温調整を可能に

これらのアイテムをうまく取り入れることで、日中は快適に、朝晩の冷える時間帯にも対応することができます。

「最高気温20度」の日におさえるべき3つのポイント

 

最高気温が20度の日は、朝晩が15度前後になるためやや肌寒さを感じます。そんな日にも快適に過ごすためのポイントは、以下の通り。

【1】「パーカー」「スウェット1枚」でも快適な気候

【2】リブニットなど「薄手ニット」が活躍

【3】「軽アウター」があると肌寒いときに便利

ではさっそく最高気温、最低気温別の着こなし術をチェックしてみましょう。

【最低20度~25度】の日は「ブラウス」「ワンピース」「カットソー」が活躍


厚手の服を着ていると、日中には暑さを感じる最低気温20度の日。軽やかな服装で、涼しさと通気性の良さを確保してみましょう。朝晩の冷えが気になりそうな日には、さっと羽織れるアイテムがあると便利です。

最低気温20度の日は「ブラウス1枚」でOK

シーズンレスな白ブラウスがあればばっちり

 

最低気温20度の日は、ブラウス一枚で十分快適。春や秋のような季節に関係なく着こなせる、定番の白ブラウスがあると便利です。グレーパンツとスニーカー合わせのシンプルな組み合わせは、抜き襟テクを使うことでこなれ感たっぷりに。

一枚で着映える柄ブラウスもおすすめ

 

ブラウス一枚とボトムスのワンツーでコーディネートが完結する気候なので、それ一枚でパッと華やぐ柄ブラウスがあるとマンネリに陥りません。女優のエマ・ロバーツは、定番のデニムパンツに細かなドットブラウスを合わせてクラシカルレディに。真っ赤なパンプスもちょうど良いアクセントになっていますね。

爽やかな印象を助長するデニムシャツでかっこよく

 

爽やかに、そしてクリーンな印象に導けるデニムシャツもタイムレスに活躍させられる名品です。色のトーンを変えたデニムパンツ合わせで、デニムONデニムスタイルを堪能。存在感のある胸元の大ぶりチェーンネックレスが、こなれ見えに貢献しています。

「ワンピース」で通気性の良さを確保

白ワンピースで涼しげな印象に

 

気温の上昇に備えて、通気性の良いワンピースを取り入れるのもこの時期にはおすすめです。軽やか素材の白ワンピースで、涼しげな印象をアップ。素肌を美しく見せてくれるベージュのパンプスも、爽やかな気候にぴったり。

シーズンレスな黒ワンピースが使える

 

季節問わず活躍させたいのなら、黒のワンピースがおすすめ。パフスリーブやパールボタンのあしらいも、黒なら甘くなりすぎず冒険できるのが嬉しいです。春や初夏なら、白のパンプスで軽快さを添えると好バランス。

花柄ワンピースは春〜初夏にぴったり

 

春から初夏にかけておすすめのワンピースは、季節感のある花柄プリントのワンピース。一枚で華やぎたっぷりなアイテムなので、シンプルなフラットサンダルやネットバッグを合わせて抜け感を作ると、今っぽくまとまります。

チェック柄ワンピースで秋らしさを演出

 

秋の最低気温20度の日におすすめなワンピースは、やっぱりチェック柄。さらにブラウンを選ぶことで、季節感たっぷりに仕上がります。共布ベルト付きのデザインなら、考えずともスタイルアップできるのがgood!

「カットソー」「羽織り」で体温調整を可能に

Tシャツ×薄手カーディガンで着脱可能な装いに

 

25度近くの気温に備えて、インナーには半袖を取り入れても良い頃。アレクサ・チャンは、ロゴTシャツとデニムパンツのシンプルな組み合わせに、赤の薄手カーディガンとレースアップのバレエシューズでフェミニンな味付けを楽しんでいました。

さっと羽織れるシャツがあれば心配なし

 

定番の白Tシャツに、シャーベットパープルのシャツを羽織ったスタイル。この時期、さっと着脱できるシャツがあるととっても便利です。淡いパープルの柔らかさを損わないよう、ボトムスはベージュをセレクト。

ふわっとしたガウンでエフォートレスに

 

モデルのアレッサンドラ ・アンブロジオは、黒のカットソーとスキニーデニムパンツ、そしてスニーカーのカジュアルルックに、カーキのガウンを羽織ってリラックスな着こなしへ。レイドバックなムードがありながらも、カーキで知的に見せているのがポイントです。

【15度~最高20度】の日は「ニット」「パーカー」「薄手アウター」が活躍


日中はパーカーやスウェット、薄手ニットで十分快適に過ごせる最高気温20度の日。冷える時間帯に備えて、軽めのアウターを用意しておけば一日中快適に。

「パーカー」「スウェット一枚」でも快適な気候

相棒的存在のデニムパンツに合わせることを想定して

 

シーズンレスで活躍するブルーのデニムパンツに馴染むよう、スウェットは同じカラーをチョイス。パイソン柄のブーツやモダンな黒レザーバッグでスパイスを添えると、カジュアルに傾きすぎません。

着回し力の高い黒パーカーをセレクト

 

モデルのジジ・ハディッドは、着回し力を重視して黒のパーカーを選択。オーバーサイズなら、今っぽいこなれたシルエットを手に入れることができます。ルーズになりすぎないよう、デニムパンツはスキニーやストレートシルエットがgoodバランス。

白パーカーも着回しやすくておすすめ

 

カジュアルな白パーカーも、着回し力が高い上にコーディネートに切れ味を加えることができます。レオパードスカートと黒サンダルの女っぽい組み合わせも、パーカーのおかげでこなれた表情に。

リブニットなど「薄手ニット」が活躍

薄手のタートルネックニットが快適な気候

 

首回りを寒さから守ってくれるタートルネックニットトップスは、薄手のタイプがこの時期には快適。アイスブルーのデニムパンツと合わせたシンプルルックは、マリンキャップで顔周りに華やぎを、黒ローファーの足元でキリッと端正に。

スカート合わせで抜け感を作る

 

オリヴィア・パレルモは、シンプルなライトグレーのニットに、オフホワイトのサテンスカートを合わせて抜け感を演出。それぞれ素材に特徴があるので、立体感たっぷりに仕上がっています。

リブニット一枚が活躍する時期

 

ぴたっと肌に沿うリブニット一枚で活躍させられる、最高気温20度の日。ノーブルなネイビーなら、デニムパンツも品よく見せてくれるだけでなく、着回し力も備えています。

「軽アウター」があると、肌寒いときに便利

薄すぎず厚すぎないジャケットが大活躍

 

薄手カーディガンやシャツより厚く、冬のアウターよりも薄いジャケットがこの時期頼れるアイテムになります。モデルのエルザ・ホスクは、スウェットやデニムパンツ、スニーカーにキャップというカジュアルな装いに、ジャケットを合わせて今どきなテイストミックスコーディネートへ。

黒のデニムジャケットはどんな装いにもマッチ

 

程よい防寒力を備えたデニムジャケットが便利な最高気温20度の日。モデルのキャンディス・スワンポールは、黒のデニムジャケットを軸に、スタイリッシュなオールブラックコーディネートできめていました。どんな色にも馴染み、カジュアルすぎない黒デニムジャケットなら、様々なテイストの装いにマッチします。

【雨】の日の気温20度前後の服装お手本コーデ


実際の気温よりも、体感としてやや肌寒く感じる「雨の日の気温20度」。そんな天気の日にぴったりなお手本コーディネートをお届けします。

モノトーンで雨の日コーディネートをスタイリッシュに

 

白のカットソーに黒スキニーパンツを合わせたミニマルスタイルには、ロングブーツ感覚で履けるレインブーツを合わせて雨の日の装いをかっこよく。体温調整可能なジャケットを羽織りつつ、キャッチーなチャンキーチェーンストラップの黒バッグを添えて、モノクロスタイルをモダンに昇華しています。

とっておきのレインコートで雨の日ならではのお洒落を

 

定番のベージュコートのように着こなせるレインコートがあれば、雨の日限定のお洒落を楽しむことができます。ケイト・ボスワースは、長袖カットソーと合わせて防寒力をアップ。足元には汚れの気にならない黒のスニーカーが好相性。

「タートルネックニット」「トレンチコート」でクラシカルにきめて

 

上半身の温もりがアップする黒のタートルネックニットに、トレンチコートを合わせて体温調整しやすい装いへ。トレンチコートは、袖をくしゅっとブラウジングしインナーを見せることで、立体的でこなれた雰囲気に仕上がります。シューズは地面との接触を少しでも減らせる、ヒールパンプスをセレクト。


気温20度の日にぴったりな装いをご紹介しました。

その日の気温にマッチした服装選びをすることで、一日を快適に過ごしてみてくださいね。