時間に余裕ができる年末年始、美を意識したレシピで綺麗に磨きをかけてみませんか。フードコーディネーター・菅野尚子さん提案の、カラダが喜ぶビューティレシピをお届けします。

今回は、アンチエイジング効果を意識した「和風ラタトゥイユ」をご紹介。いつもの食材で、食卓を華やかに。ハレの日のテーブルを彩る、アレンジレシピは必見です!

 
菅野 尚子さん
フードコーディネーター・惣菜管理士(今回のレシピ作成・スタイリング担当)
食品商社で商品企画や開発の勤務後、渡仏。フランス人家庭に滞在し家庭料理や郷土料理を学び、ル・コルドンブルーパリ校では伝統的なクラシックフランス料理や菓子を習得。その後フードコーディネーターとして活躍。*このレシピはフランス パリでの日本の食品プロモーションとしてパソナ農援隊とコラボでフランス人向けにも発信しています。ODAIDOKORO

出汁を効かせた和風アレンジがクセになる!アンチエイジング食材を生かした「ラタトゥイユ」レシピ

和風ラタトゥイユは、ムチン・ビタミンCが豊富な「れんこん」、ポリフェノールを含む「なす」、豊かなリコピンの「トマト」、カロテンを含む「パプリカ」など、アンチエイジング食材をふんだんに使用します。

出汁を効かせた和風アレンジのラタトゥイユ
出汁を効かせた和風アレンジのラタトゥイユ

和風ラタトゥイユ(4人分)

【用意するもの】
なす・・100g
ピーマン・・100g
パプリカ赤・黄・・各50g
れんこん・・100g
ごま油・・大さじ1
にんにく・・1/2かけ
たまねぎ・・1個
カットトマト・・200g
水・・1カップ
砂糖・・小さじ1/2
小ねぎ・・適量
白だし・・大さじ3
*今回「白だし」は、「テンヨ化学調味料無添加白だし」:テンヨ武田を使用しています。

【作り方】
じっくり香りを引き出す大切な一手間。フライパンに大さじ1のごま油、みじん切りにしたニンニクを入れて、弱火で香りを引き出します。

2cm角に切ったたまねぎを加え、焼き色がつくまで炒めます。そこに2cm角に切った、なす・ピーマン・レンコン、パプリカ赤・黄をプラス。レンコンは、サッと水にさらしてから加えるのがポイントです。

さらにカットトマト・水・砂糖、白だしを加えて一煮立ちしたらアク取りを。その後は、蓋をして10分ほど煮込みましょう。少しずつ食材に火が通り、香りに深みが増していきます。

最後は、蓋をとって5分ほど水分を飛ばしたら出来上がり。器に盛る時、小ねぎを添えると彩りも綺麗に仕上がります。

「和風ラタトゥイユ」のビューティ食材はこちら!

\疲れた胃腸に優しく働きかける「れんこん」/

ムチンやビタミンCを多く含むれんこん
ムチンやビタミンCを多く含むれんこん

今回の食材の1つであるれんこんは、ムチンとビタミンCを多く含む食材です。ムチンは、粘膜を保護し、胃腸の調子を整えてくれる物質。年末年始で疲れた胃腸にも、優しく働きかけてくれます。厚さ約1cmのれんこんに含まれるビタミンCは、レモン1個分に匹敵すると言われることも。乾燥しがちな肌にも、内側からサポートしてくれます。

そのほか、なすはポリフェノールを多く含んでいるので、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を整えてくれる効果も。皮の部分に多く含まれるポリフェノールは、眼精疲労改善や抗酸化作用があると言われてます。

トマトに含まれるリコピンは、加熱することで吸収率がアップ。油に溶けやすい性質のため、油と一緒に食べると効率的です。リコピンの抗酸化作用は活性酸素を取り払い、疲労感を軽減することでも知られています。

カロテンを多く含むパプリカは、スーパーフードとしても馴染み深い食材のひとつ。抗酸化作用や、燃焼力アップに働きかける、女性に嬉しい食材です。

相性抜群の食材で、一手間かけた簡単アレンジも!

香りを引き出すにんにくと、隠し味として相性の良いカレー粉。
香りを引き出すにんにくと、隠し味として相性の良いカレー粉。

ラタトゥイユは温かいままでも、冷たくしても美味しく食べられるのが嬉しいメニュー。作り置きしておけば、パスタソースとしても活躍します。

また隠し味として、カレー粉(小さじ1)やベーコンを入れると、相性も良く味に深みが増して特別感のある一品に。

身近な食材ですが、簡単アレンジで特別感のある一品に仕上げる和風ラタトゥイユは、いかがでしたでしょうか?美容にいい食材を使用し、作り置きにもピッタリなメニュー。ぜひ、お試しください。

次回Vol.2は「もずくの天ぷら」です。お楽しみに!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
熊坂 勉
EDIT&WRITING :
加藤朋子
レシピ作成・スタイリング :
菅野尚子