グレーのトップスを使った冬コーデを、ファッション誌『Precious』より厳選してお届けします。グレーのニットやブラウス、シャツなど、定番グレーアイテムを今っぽく着こなすヒントが盛り沢山です。グレートップスに合うボトムスの色や、グレーのワントーンコーデも参考にしてみてください。

【目次】

レディース冬のグレートップスコーデ


【1】グレーニット×黒パンツ×レッドスカーフ

ニット(ユグランス〈ヴァネッサブリューノ〉)、パンツ/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
ニット(ユグランス〈ヴァネッサブリューノ〉)、パンツ/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

首周りにさっとあしらえる細身のシルクスカーフに加え、幾何学柄が美しいペンダントやエナメルブレスレット、シルバー金具のアクセントが効いた、上品な仔牛革のレザーブレスレット…と、多彩な表情の艶めきを、ざっくりニットと細身パンツというシンプルコーデにレイヤード。

「肌映りのいい、トレンドの気分もある赤を選ぶことで、ニットスタイルが断然、チャーミングに」(スタイリスト・大西真理子さん)

【2】グレートップス×ピンクパンツ

トップス・パンツ(ブラミンク)カール ドノヒューのラムスキンのストール・ザ レタリングのリング(showroom SESSION) ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(ブルネロ クチネリジャパン) 靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2020年
トップス・パンツ(ブラミンク)、カール ドノヒューのラムスキンのストール・ザ レタリングのリング(showroom SESSION) ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(ブルネロ クチネリジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2020年

グレーベースの装いにカラーボトムを取り入れたら、カジュアルが明るく華やかに。マノロ ブラニクのハンサムシューズやジラール・ぺルゴの時計で、マスキュリンな雰囲気を。ラムスキンのストールやブルネロ クチネリのグレージュのバッグで、やわらかい女性らしさを。両方をMIXさせた、引いても寄ってもポイントがある、「大人の映えるカジュアル」の最新実例です。

【3】グレーニット×ネイビーコート×ピンクパンツ

コート(マッキントッシュ青山店)、ニット(スローン)、スカート(J&Mデヴィッドソン 青山店)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート(マッキントッシュ青山店)、ニット(スローン)、パンツ(PT JAPAN〈PT TORINO〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ネイビーのトレンチコートにPTのマゼンタピンクのパンツを合わせた、小粋なスタイル。旅の際など、アクセサリーを控えめにしたいときには、マゼンタピンクのパンツで華やぎを加えて。

【4】ライトグレーニット×グレーコート×ピンクスカート

スカート・コート・ニット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・バッグ(ブルガリ ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/滝川一真(Perle) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート・ニット・スカート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・バッグ(ブルガリ ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/滝川一真(Perle) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

パネル仕立ての接ぎ目を生かした前後スリットで、すそが舞うように揺れるスカートを主役にした冬スタイル。洗いをかけて質感を出した薄手のシルクジョーゼット生地を2枚重ねているため、スリット部分が露わになりすぎず、上品な表情をキープ。優しげなパウダーピンクにライトグレーを重ねた、洗練配色もあか抜けるポイントに。ボクシーなシルエットのコートを合わせると、最旬スタイルに仕上がります。

【5】グレーニット×レッドコート×黒パンツ

ニット(スローン)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、コート(マディソンブルー)、ハルポのネックレス・タプレイのバングル(エスケーパーズ)、グローブ(ドゥロワー 六本木店〈デンツ〉)バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ニット(スローン)、デニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、コート(マディソンブルー)、ハルポのネックレス・タプレイのバングル(エスケーパーズ)、グローブ(ドゥロワー 六本木店〈デンツ〉)バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

トマトレッドのドルマンスリーブのウールコートのインは、チャコールグレーのリブニットと、黒のスキニーデニム&黒小物でまとめてすっきりと見せた、会食を想定したコーディネート。

【6】グレーニット×カーキニット×黒スカート

ニット/Precious創刊15周年記念コラボ商品・中に着たノースリーブのラメ入りタートルニット・スカート・靴( ブルネロクチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ニット・中に着たノースリーブのラメ入りタートルニット・スカート・靴( ブルネロクチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

深くて広いニットのVネックラインは、下にタートルニットやシャツを重ねやすいデザインなので、レイヤードスタイルにも重宝。ニットインで着こなして、ボトムにシースルーシフォンのフレアスカートを合わせると、品よくドラマティックな印象になります。

【7】グレーニット×グレーコート×カーキパンツ

コート・ニット・パンツ(ebure)、イヤリング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(ebure)、イヤリング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

主役となるエブールのコートは、希少価値の高いスーリーアルパカとウールをブレンドした、シャギー生地を使用。長い毛足を綺麗に刈り込み、絶妙な艶を帯びた上品なシルバーグレーに。フロントの重なりを最小限にとどめ、ネックラインがすっきり見えるように、こだわった仕立てです。

【8】グレーニット×黒パンツ

パンツ(Theory luxe)、ニット(ADORE)、イヤークリップ・バングル・リング(ブシュロン)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX〈モワナ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ニット(ADORE)、パンツ(Theory luxe)、イヤークリップ・バングル・リング(ブシュロン)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX〈モワナ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2019年

毛足の長いシャギーニットは、見た目も着心地も暖かく、ファーに負けないゴージャス感が魅力。黒のスティックパンツの足元はエレガントすぎるヒールはNG。ビジュー付きのフラットでこなれ感を出すのが、老けて見せないポイントに。

【9】グレーニット×ライトグレーコート×グレージュパンツ

ニット・パンツ(ブラミンク)、ピーコート(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・チャーム(アガット) グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
ニット・パンツ(ブラミンク)、ピーコート(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・チャーム(アガット) グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

シンプルなローゲージニットにボリュームのあるPコート、ワイドパンツとスニーカーを合わせた、白~グレージュへのグラデーションコーディネート。バッグとスニーカーの色が淡いグレーでリンクしているのもおしゃれ。

【10】グレーブラウス×グレーコート×黒スカート

コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ブラウス(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、スカート(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス(ポアレ ジャポン〈オーレリ ビデルマン〉)、ストール(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ブラウス(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、スカート(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス(ポアレ ジャポン〈オーレリ ビデルマン〉)、ストール(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

’90年代風のビッグシルエットをイメージし、大きめのコートにシャイニーなグレーのブラウスとレザースカートを合わせたスタイリング。イレーヴのコートは、風合いと着心地に軽さを出すことにこだわったイタリアのメーカーに特注したウール生地が用いられています。

やわらかいので、ベルトマークや襟立て、そでまくりでこなれ感を演出できます。バッグやピアスなどで、レザースカートにリンクする「黒」の艶感を取り入れているのも新鮮。

【11】グレーニット×ネイビーコート×グレーパンツ

コート(マッキントッシュ青山店)、ニット・パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、手袋 (ドゥロワー 六本木店〈デンツ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(マッキントッシュ青山店)、ニット・パンツ(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、手袋 (ドゥロワー 六本木店〈デンツ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

黒に近いダークネイビーのコートを、グレー配色の知的なトラッドテイストで品よくまとめたコーディネート。ローファーや手袋の艶のあるレザーがマニッシュ感を演出しています。

【12】グレーニット×グレージャケット×黒パンツ

ジャケット・ニット/メンズ・パンツ・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・リング(ポメラートブティック 銀座店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット・ニット/メンズ・パンツ・バッグ・靴(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・リング(ポメラートブティック 銀座店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

メンズのテーラリングで定番とされる「プリンス・オブ・ウェールズ柄」のダブルブレストジャケットを肩からはおって、颯爽と。美しいシルエットで定評のあるサンローランのウールジャケットが、着こなしに程よい緊張感をもたらします。マニッシュなジャケットにはポインテッドのヒール靴を合わせて、足元から女らしさを漂わせて。

【13】グレーニット×キャメルケープ×ライトブルーパンツ

カシミヤケープ・カシミヤのタートルネックニット・デニムパンツ・ピアス・ブーツ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌバイ エディ・スリマン〉)、チェロケース(マツオ商会〈BAM FRANCE〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カシミヤケープ・カシミヤのタートルネックニット・デニムパンツ・ピアス・ブーツ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌバイ エディ・スリマン〉)、チェロケース(マツオ商会〈BAM FRANCE〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

クラシックなケープをはおり、ロングブーツを履いて颯爽と歩く。フランス映画でカトリーヌ・ドヌーブが、そんなヒロインを演じていました。力強く、エレガントで自信に満ちているのに、どこかミステリアスな印象を与えるこのベーシックな組み合わせが、今また新鮮に映ります。ケープの大きな立ち襟が、より端正で格調高い雰囲気に。ロングブーツやニーハイブーツが復活している、2019年らしいバランスです。

【14】グレープルオーバー×白パンツ

プルオーバートップス『ミーナ』( オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ネックレス(マダマ 伊勢丹新宿店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
プルオーバートップス『ミーナ』( オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ネックレス(マダマ 伊勢丹新宿店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

上品なライトグレーのカシミヤフラノ地にミンクファーをあしらい、至福の質感をグラデーションで見せるプルオーバーに、白パンツを合わせた「冬の白」コーディネート。ファーのボリューム感と呼応して腰周りが隠れる長め丈が、よりシックな印象を加えています。

【15】グレーニット×ライトブルーコート×グレーパンツ

コート(クルチアーニ銀座店)、ニット(スローン)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)サングラス(アイヴァン PR)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(クルチアーニ銀座店)、ニット(スローン)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)サングラス(アイヴァン PR)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

冬のカジュアルシーンで選びたいのは、軽やかなラムファーのコート。スタンドカラーや淡いブルーのカラートーンが、従来のファーコートにはない、フレッシュなムードをつくり出してくれます。シルバーの小物が、キレ味よく仕上げてくれる秘訣です。

【16】グレーニット×ブルーコート×グレーパンツ

コート(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、ニット(ヤコブ コーエンGINZA SIX)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)イヤリング(ドレスアンレーヴ〈ラ・キアーヴェ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、靴 ( J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、ニット(ヤコブ コーエンGINZA SIX)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)イヤリング(ドレスアンレーヴ〈ラ・キアーヴェ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、靴 ( J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ニット、足首魅せパンツ、ストールという、グレーをワントーンでまとめた着こなしに、一枚仕立ての水色のコートをはおると、たちまちフレッシュな印象に! 足首をほんの少しだけ見せるのも、洗練して見せる秘訣です。

【17】グレーニット×ネイビーコート×ライトグレーパンツ

コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ニット帽(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット・パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ニット帽(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

冬のバカンスに出かける際の、リラックスしたコーディネートです。ネイビーのムートンコートは、カジュアルななかにも、とびきり贅沢なリラックス感を運んでくれるから、飛行機に乗る前からバカンス気分も高まって。機内でくつろぐときは、リブタートル×ジョグパンツのリラックスしたニットスタイル。グレーでⅠラインをつくり、ボリュームのあるムートンコートを軽快に着こなしたい。

【18】グレーニット×黒ジレ×グレースカート

ジレ(CHIE IMAI)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート・ブーツ(プレインピープル丸の内)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ジレ(CHIE IMAI)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート・ブーツ(プレインピープル丸の内)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ミンクファーを「ホリゾンタル」と呼ばれるボーダー状の接つぎ、スタンドカラー、ウエストを絞れるストリングで辛口モードに仕上げた、CHIE IMAIの一着。スカートにはもちろん、パンツにも好バランスで、活躍度抜群!

【19】グレーニット×グレージュコート×キャメルスカート

ウールカシミアのコート(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート (アオイ〈ポール カ〉)、ペンダント・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、手袋(エリオポール代官山〈ガラ グローブ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ウールカシミヤのコート(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート (アオイ〈ポール カ〉)、ペンダント・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、手袋(エリオポール代官山〈ガラ グローブ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

淡グレージュのコートは、上品だけれど着こなしがコンサバティブに収まりがち。グレージュの延長線にあるグレー×キャメルという人気配色で、メリハリをつけましょう。

【20】グレーニット×グレージュジレ×グレースカート

前がフォックスファーで後ろ身ごろが薄いムートン素材のジレ(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、カシミヤのタートルニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、スカート(ebure)、ピアス(エストネーション〈ガラ イズ ラブ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)70 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
前がフォックスファーで後ろ身ごろが薄いムートン素材のジレ(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、カシミヤのタートルニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、スカート(ebure)、ピアス(エストネーション〈ガラ イズ ラブ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)70 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

優しいグレージュのフォックスファーをたっぷりあしらったジレを主役に。コーディネートのトーンはそろえて、グレーでほんの少し色をずらすだけ。でも異素材の質感はドラマティックに変えるのがポイントです。プリーツスカートのしなやかさと、ファーのふんわり感の差が、それぞれの魅力を際立たせて、贅沢なグレージュ・グラデーションが実現します。

グレートップスに合うボトムスの色


【1】グレー×ベージュ

パンツ(Theory)、ジャケット(キートン)、ドゥロワーのニット・ワンドラーのバッグ(ドゥロワー六本木店)、ネックレス・ブレスレット(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
ジャケット(キートン)、ドゥロワーのニット・ワンドラーのバッグ(ドゥロワー六本木店)、パンツ(Theory)、ネックレス・ブレスレット(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

足首見せ&白とベージュのまろやか配色で上品にトーンアップした、春のキャリアスタイル。今年らしいやや深めの股上に、ひざ下をやや絞ったストレート寄りのテーパードラインが美脚メイクする9分丈パンツは、正統派のテーラードジャケットともバランスよく決まります。アーモンドトウの細身レザーローファーを合わせて、きれいめに仕上げて。

【2】グレー×ピンク

コート・パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) ニット(Theory luxe) サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) ネックレス内側から/(showroomSESSION〈マリア ブラック〉)スカーフ(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店) バッグ(JIMMY CHOO) スニーカー(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2020年
コート・パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) ニット(Theory luxe) サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) ネックレス内側から/(showroomSESSION〈マリア ブラック〉)スカーフ(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店) バッグ(JIMMY CHOO) スニーカー(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2020年

グレーのコートやニット、スカーフなど濃淡を重ねることで、ニュアンスや立体感を生み出したコーディネート。グレーのアクセントカラーには、冬の街中で映えるスモーキーピンクを選択。さらに「白スニーカーで抜け感を加えると、あか抜けます」(スタイリスト・大西真理子さん)

【3】グレー×ブルー

コート(コロネット〈アバティ〉)、スカート(ウールン商会〈コロンボ〉)ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、ベルト(ブラミンク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)靴(アマン〈ペリーコ〉)、リング・ピアス(ホアキン・ベラオ) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート(コロネット〈アバティ〉)、スカート(ウールン商会〈コロンボ〉)ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、ベルト(ブラミンク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)靴(アマン〈ペリーコ〉)、リング・ピアス(ホアキン・ベラオ) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

起毛感が心地いいアンゴラとウールの混紡コートに、細見タイトスカートを合わせた冬の装い。ほっそりとしたタイトスカートは、ボクシーなコートから出てもすっきり。グレーとスモーキーブルーのなじませ配色も洗練のポイント。

【4】グレー×レッド

コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット・パンツ(Vince 表参道店)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、靴(リエート〈サントーニ〉)、帽子 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット・パンツ(Vince 表参道店)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、靴(リエート〈サントーニ〉)、帽子 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

スポーティな黒のコートに、きれい色のパンツと白スニーカーを合わせた、休日用の上質カジュアル。赤・白などのコントラストカラーを効かせて、黒を生き生きと着こなして。

【5】グレー×白

ニット(ムーレー 銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(ムーレー 銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ひんやりと冷たい風が吹き始めたら、ウールダブルフェースのスカートで、温もり感のある装いに。ミディ丈のAラインスカートに合わせるべきは、人気再燃中の端正なフォルム&ナチュラルな艶が美しい乗馬ブーツ。こっくりとしたコニャック色が、秋のトラッドスタイルに奥行きをもたらします。

【6】グレー×オレンジ

シャルべのシャツ・ドゥロワーのパンツ(ドゥロワー 六本木店)、ネックレス・リング(TASAKI)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
シャルべのシャツ・ドゥロワーのパンツ(ドゥロワー 六本木店)、ネックレス・リング(TASAKI)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

なめらかなフランネルの比翼シャツには、オレンジの発色が美しいコットンウールのパンツを合わせて、溌剌とした装いに。遊び心が光るグレーのラビットファーバッグで楽しげなアクセントを。

グレートップス×グレーボトムスのワントーンコーデ


【1】グレーニット×グレーパンツ

ニット(スローン)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリー ポルトフィーノ〉)、眼鏡(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI〈M/GTASAKI〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
ニット(スローン)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリー ポルトフィーノ〉)、眼鏡(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI〈M/GTASAKI〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

ニュアンスグレーの着こなしで、仕事モードを意識したコーディネート。チャコールグレー×ミドルグレーといった濃淡グレーを組み合わせて、着こなしに奥行きを。

【2】グレーニット×グレースカート

カシミアのニット(ブラミンク)、スカート(ebure〈ebure〉)、ベルト(yoshie inaba)、バングル (エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ)、タイツ/私物 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年
カシミヤのニット(ブラミンク)、スカート(ebure〈ebure〉)、ベルト(yoshie inaba)、バングル (エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ)、タイツ/私物 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2020年

腰位置が高く、脚長に見えるミディ丈のロングスカートも、今季は断然、ベルトマークしてニットをイン。洗練グレーワントーンのすっきり感を妨げないよう、なじませながら色味を感じさせない、光沢グレーのベルトが役立ちます。グレーと好相性のボルドーをシックな差し色に。

【3】グレーニット×グレージャケット×グレーパンツ

ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年

都会のビルを連想させる知的でクールな霜降りグレーのセットアップは、触れてみるとソフトで温かいウールカシミヤのジャージー素材。一見、3点とも同じ生地のセットアップに見えるけれど、ジャケットとパンツは縮絨をかけてしっかり、インのニットはふんわり…と、着心地を重視した異なる仕上がりに。今年らしいオーバーサイズを、ゆったり余裕で着こなしたい。

【4】グレーシャツ×グレースカート

シャツ・スカート(ジルサンダージャパン.ジル サンダー+.)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン)、靴/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(ジルサンダージャパン.ジル サンダー+.)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン)、靴/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ジル サンダー+の美学が詰まったシャツとプリーツスカートを合わせた、シンプルを極めた着こなし。日本製の上質なウールフランネル素材をセットアップにすることで、上品でありながら、モードが香るベーシックが完成します。

【5】グレーニット×グレースカート

ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)、スカート・ニット(ピーチ〈ラスパイユ〉)、サングラス(アイヴァン7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)、スカート・ニット(ピーチ〈ラスパイユ〉)、サングラス(アイヴァン7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

端正な黒のスエードブーツで、グレーニットのセットアップに優しげなメリハリを。タイトスカートとロングブーツですっきりとしたラインがかなう。

【6】グレーニット×グレーパンツ

ニット(スローン)、カットソー(エージー ジャパン)、パンツ(ボーダレス〈ロータ〉)、ピアス・スカーフ・ブレスレット(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(スローン)、カットソー(エージー ジャパン)、パンツ(ボーダレス〈ロータ〉)、ピアス・スカーフ・ブレスレット(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

カシミヤシルクの大判ストールを、ミラノマダムのように小粋に巻いた、グレーのグラデーションコーディネート。濃淡の異なるグレーを重ねることで、奥深さが出て、洗練された女性に見せることができます。ニットのすそから白のカットソーをちらりとのぞかせて、濃淡グレーの着こなしにメリハリを。「レイラの庭・ブロック」と名付けられたストールは、天国のように美しい庭の情景が描かれた、気品あふれる一枚。

【7】グレーニット×グレージレ×グレーパンツ

フーデッドジレ・リブニット・パンツ・ストール・グローブ(三喜商事〈アニオナ〉)、バッグ(八木通商〈ダニエル&ボブ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/崇髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
フーデッドジレ・リブニット・パンツ・ストール・グローブ(三喜商事〈アニオナ〉)、バッグ(八木通商〈ダニエル&ボブ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/崇髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

濃淡のグレーのカシミヤニットを贅沢に重ねたレイヤードスタイルは、おしゃれを熟知したプレシャス世代の真骨頂。さりげなくちりばめたミンクファーも心憎いばかり。あえて目立つ色は入れずに、ワントーンで。グローブとおそろいのカシミヤニットストールは、ミンクファーをライン状に編み込んだデリケートなデザイン。

【8】グレーブラウス×グレーパンツ

パンツ・ブラウス(ebure)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・リング(TASAKI〈 M/G TASAKI〉)、ファーストール(ADORE)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
パンツ・ブラウス(ebure)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・リング(TASAKI〈 M/G TASAKI〉)、ファーストール(ADORE)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

シルクのボウタイシャツは、さらりとひと結びして、クリーンな着こなしを。知的なグレーのワントーンでまとめたら、パールジュエリーとパンプスで、煌きを添えて。

【9】グレーニットグレーコート×グレーパンツ

コート・ニット・パンツ・帽子・ブローチ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・ニット・パンツ・帽子・ブローチ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

そでと前身ごろがリブニット、背中側がジャージー仕立てのコートは、フロントのひとつボタン、両肩ラインにボールチェーンの意匠=ルーチェをあしらうなど、凝ったディテールにも注目。同素材のオフタートルニットをインに、アンサンブル感覚で着こなしたい。チェック柄のパンツを合わせ、さりげなくメンズライクなロンドンテイストを香らせて。

【10】グレーニット×グレーパンツ

ニット・ニットパンツ(ステラ マッカートニー ジャパン)、リング(ブルガリ ジャパン)、クッション(大)(小)(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ニット・ニットパンツ(ステラ マッカートニー ジャパン)、リング(ブルガリ ジャパン)、クッション(大)(小)(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

オーバーサイズのニットとゴムウエストのたっぷりニットパンツは、やわらかで心地いいウール、アルパカ素材。自然と調和するような繊細なニュアンスカラーも、大人の女性を美しく見せてくれます。

冬のグレートップスコーデの関連記事