みなさんは、「京都」と聞いて何を思い浮かべますか?やはり、「お寺」や「舞妓さん」、そして「抹茶」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。抹茶スイーツは数あれど、本場の京都には夏にしか味わえないものもたくさん。そこで今回は、抹茶を使用した、この時期ならではのさまざまなスイーツをご紹介します!

暑い京都の夏にぴったりの抹茶スイーツを、京阪電車沿線の宇治、伏見、祇園の3つのエリアごとにめぐります。

【宇治エリア】
お茶のまちの玄関口、宇治駅で下車し抹茶を堪能

宇治駅前の宇治橋

今回の抹茶めぐりの旅で利用するのは、大阪と京都を結ぶ京阪電車、通称「京阪」です。関西にお住いの方にとっては、「京阪のるひと、おけいはん。」のキャッチコピーでもおなじみの京阪電車。宇治線の終点である宇治駅をはじめ、本線は伏見桃山駅や祇園四条駅などを通り、京都を代表する観光地を巡るにはかかせない存在です。

そんな京阪電車に乗ってまず訪れたのは、お茶の一大産地として名を馳せる宇治。抹茶や煎茶などのもととなるチャノキの栽培がこの地で始まったのは、鎌倉・室町時代だといわれています。その後、喫茶の習慣が広がり、「茶の湯」の文化が京都を中心に流行していくことと並行して、宇治のお茶はその地位を確立していきました。

抹茶たっぷりの抹茶アイス!ますだ茶舗

ますだ茶舗の「抹茶ソフトクリーム」¥250(税込)

宇治を代表する観光地、そして世界遺産である平等院の表参道に隣接するますだ茶舗は、老舗の宇治茶専門店。店内には、煎茶や玉露などさまざまな種類のお茶も数多くそろいます。店内にはゆったりと座ることができる喫茶スペースがあり、平等院の観光後に抹茶スイーツをいただきながらの休憩にもおすすめです。ここで見逃せないのは、ますだ茶舗オリジナルの「抹茶ソフトクリーム」。なんと、抹茶ソフトの上には、挽きたての抹茶がたっぷりと! ここでしか味わえない、宇治ならではの抹茶アイスです。

問い合わせ先

  • ますだ茶舗 TEL:0774-21-4034
    住所/京都府宇治市宇治蓮華21-3
    営業時間/8:30~18:00 無休
     

本格お抹茶で一服。福寿園宇治茶工房

福寿園宇治茶工房

続いては、あの伊右衛門でおなじみの製茶会社、福寿園が宇治にかまえる工房、福寿園宇治茶工房です。こちらでは、さまざまな体験ができる工房に加え、宇治茶や茶器の販売や茶室も備えています。

福寿園宇治茶工房

店内には、ここでしか買うことのできない宇治茶や茶器がそろい、お茶の手もみ、陶板での宇治茶づくり、石臼を使って抹茶をつくる体験などをすることもできます。JR東海が展開する「お茶の宇治・お酒の伏見 満喫プラン」には、福寿園宇治茶工房でお抹茶がいただけるオリジナル特典が! 1階の茶店で本格的な「お抹茶体験」がかないます。

問い合わせ先

  • 福寿園宇治茶工房 TEL:0774-20-1100
    住所/京都府宇治市宇治山田10
    営業時間/10:00~17:00 定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

【伏見エリア】
寺田屋にほど近い伏見桃山駅で下車し、大人のかき氷を味わう

伏見桃山駅

宇治をあとにし、次に向かったのは伏見。坂本龍馬が襲撃を受けた寺田屋や、戊辰戦争における鳥羽・伏見の戦いでも有名なこの地は、月桂冠や黄桜といった著名酒造メーカーの創業地でもあり、古くから酒造業が発展してきました。

抹茶&日本酒による、大人のためのかき氷。茶寮油長

茶寮油長

伏見の老舗茶屋、油長茶舗の店内にある茶寮油長は、お茶を使った甘味メニューが豊富。もちろん、宇治をはじめとする京都の煎茶や抹茶などの品ぞろえも豊富なので、お土産選びにもぴったりのお店です。

茶寮油長の「宇治吟醸酒氷」¥650(税抜)

なかでも、宇治の抹茶と伏見の日本酒がシロップとなった「宇治吟醸酒氷」は、暑い夏にぴったりのかき氷。芳醇な香りの宇治茶と、まろやかな味わいの伏見の吟醸酒が一度に楽しめる、まさに「いいとこどり」なかき氷です。

問い合わせ先

  • 茶寮油長 TEL:0756-01-1005
    住所/京都市伏見区東大手町779
    営業時間/9:00~19:00(火曜のみ18:00まで)

【祇園エリア】
鴨川のすぐそば、祇園四条駅で下車して八坂神社の目の前へ

最後に向かったのは、祇園。舞妓で有名な「お茶屋」が軒を連ね、京都の夏の風物詩、祇園祭で知られる八坂神社のお膝元です。

数量・季節限定の抹茶パフェ!金の百合亭

金の百合亭

京阪電車の祇園四条駅で下車し、四条通りを東に進むと見えてくる八坂神社の石段。そのすぐそばに、ひっそりとたたずむカフェ、金の百合亭があります。2階にある隠れ家的なこちらのカフェは、店内もアットホームな雰囲気。外の喧騒を忘れられる、居心地のよさが魅力です。

金の百合亭の「夕涼み」¥980(税抜)

こちらでいただくことができるのは、この時期限定、そして数量も1日20〜25個と限られているオリジナルの抹茶パフェ、「夕涼み」です。スイカや朝顔があしらわれ、池に見立てた錦玉羹のなかを練り切りの金魚が泳ぎます。この時期にしか味わえない、夏らしさを感じる抹茶パフェです。

問い合わせ先

  • 金の百合亭 TEL:0755-31-5922
    住所/京都府京都市東山区祇園町北側292-2-2F
    営業時間/11:00~20:00 定休日:木曜
お茶の宇治・お酒の伏見 満喫セット

JR東海が展開する、「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンの夏の旅行商品、「お茶の宇治・お酒の伏見 満喫プラン」には、福寿園宇治工房でのお抹茶一服に加え、ご紹介した茶寮油長の「宇治吟醸酒氷」を含む3箇所からセレクトして抹茶を楽しむことができる、オリジナル特典の「お茶の宇治・お酒の伏見 満喫セット」が付属。

また、京阪電車の本線や宇治線が乗り放題となる「宇治・伏見1dayチケット」もついているので、ご紹介したスイーツのお店が所在する宇治、伏見、祇園の3つのエリアの京阪沿線へのアクセスもスムーズです!

この時期だけの抹茶スイーツを味わいに、ぜひこの夏は京都へ出かけてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
難波寛彦