ストレートヘアの簡単ハーフアップアレンジを集めた記事です。ストレートのままで作るハーフアップでも、お団子やくるりんぱなどと組み合わせれば、地味見えせず、華やかな印象に。コテで巻かないから時短にもなる、おしゃれなハーフアップアレンジをまとめてご紹介します。

【目次】

ゴムを使わずピンだけでできる ストレートヘアのハーフアップアレンジ


サイドのボリュームで小顔に見える「ねじりハーフアップ」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
アレンジ前
アレンジ前

1: 右耳上の毛束をねじりながら後頭部へ

耳上の毛束をねじりながら後頭部に持っていく。こめかみの毛束を少し残しておくのがポイント。毛束の中間くらいまでねじるイメージで後頭部へ持っていく。
耳上の毛束をねじりながら後頭部に持っていく。こめかみの毛束を少し残しておくのがポイント。毛束の中間くらいまでねじるイメージで後頭部へ持っていく。

2: 後頭部の中央にピンで留める

ねじった毛束を後頭部の中央でピン留め。ピンを数本使って留めてもOK。
ねじった毛束を後頭部の中央でピン留め。ピンを数本使って留めてもOK。

3: 左耳上の毛束をねじりながら後頭部へ

逆サイドも耳上の毛束をねじりながら後頭部へ。
逆サイドも耳上の毛束をねじりながら後頭部へ。

4: ねじった毛束を後頭部の中央でピン留めする

右と同じ位置でピン留めする。
右と同じ位置でピン留めする。

たった3分で完成!ピンだけでつくる簡単ハーフアップ

お手軽なのに凝って見える「お団子ハーフアップ」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
アレンジ前
アレンジ前

1:アレンジ前に髪全体にワックスをなじませる

髪の根元からもみこむようになじませておくと、毛束のまとまり感が出せる。
髪の根元からもみこむようになじませておくと、毛束のまとまり感が出せる。

2:眉尻から上の髪を束ねる

はちの下あたりの髪をひとつにまとめたら、手でしっかり束ねる。
はちの下あたりの髪をひとつにまとめたら、手でしっかり束ねる。

3:毛束を手で押さえながら、ひとつまみずつ毛束を引き出す

ペタンコになりがちな頭頂部をふっくらさせるよう、バランスを見ながら毛束を引き出す。
ペタンコになりがちな頭頂部をふっくらさせるよう、バランスを見ながら毛束を引き出す。

4:毛束の根元をねじり、アメピンで固定

毛束の根元をねじる。
毛束の根元をねじる。
ねじった毛束がほどけないように、アメピンでしっかり留める。
ねじった毛束がほどけないように、アメピンでしっかり留める。

5:毛束を2つに分け、その1つを自然に丸まるまでねじり、アメピンで留める

毛束を2つに分け、自然に丸まるまでねじる。
毛束を2つに分け、自然に丸まるまでねじる。
3~5回ねじり、自然と丸まったらアメピンで固定する。
3~5回ねじり、自然と丸まったらアメピンで固定する。

6:もう一方の毛束も同様にねじって、アメピンで固定

最初のお団子と並ぶように丸めてアメピンで崩れ名内容に固定する。
最初のお団子と並ぶように丸めてアメピンで崩れ名内容に固定する。

7:残った髪の毛先が外はねになるように手ぐしで整える

下ろしてある髪の毛先を握るようにして、外はねをつくる。
下ろしてある髪の毛先を握るようにして、外はねをつくる。

ゴムは不要!うねりを押さえて小顔効果も狙える「簡単ハーフアップ」

出先でもサッとできる「ジグザグハーフアップ」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
アレンジ前
アレンジ前

1:額から後頭部に向かって親指をジグザグに動かしながら、頭頂部の毛をまとめる

こめかみのやや上あたりからスタート。ジグザグに動かして分け目を一直線にしない。
こめかみのやや上あたりからスタート。ジグザグに動かして分け目を一直線にしない。

2:頭頂部の髪をまとめたら、毛束の根元を一ねじり

束ねた髪がバラバラにならないようにねじっておく。
束ねた髪がバラバラにならないようにねじっておく。

3:ねじった部分を持ち上げながら、トップに高さをつくる

鏡を見ながらトップの髪をどれだけ立たせるのか、バランスを見ながら調整を。
鏡を見ながらトップの髪をどれだけ立たせるのか、バランスを見ながら調整を。

4:根元を抑えながら束ねた髪を引き出す

トップに動きを出すようにバランスよく、5か所くらいを目安に毛束を引き出す。
トップに動きを出すようにバランスよく、5か所くらいを目安に毛束を引き出す。

5:ねじった部分を固定するようにアメピンで固定

ねじった毛束と引き出した毛束をアメピン2本でしっかり固定する。
ねじった毛束と引き出した毛束をアメピン2本でしっかり固定する。

6:スタイリング剤をなじませながら、毛先を外ハネに

ミルクタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、手ぐしでとかすようにして毛先が外ハネになるように整える。
ミルクタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、手ぐしでとかすようにして毛先が外ハネになるように整える。

ボリュームが多くて硬い髪の人、必見!ハーフアップで抜け感のあるスタイルに

ひと手間でこなれる ストレートヘアのハーフアップアレンジ


毛束で結び目を隠す「メリハリハーフアップ」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
アレンジ前
アレンジ前

1:耳より上の髪をひとまとめにして、ゴムで束ねる

耳より前にある顔にかかる髪は「後れ毛」として残すので、束ねないこと。
耳より前にある顔にかかる髪は「後れ毛」として残すので、束ねないこと。

2:束ねたゴムを挟んだ左右から各1束ずつ毛束をとる

束ねていない下半分の髪から、ひとつまみずつの毛束を取る。
束ねていない下半分の髪から、ひとつまみずつの毛束を取る。

3:ゴムを隠すように2本の毛束を交差させる

大きな毛束を包むように2本の毛束を交差させる。
大きな毛束を包むように2本の毛束を交差させる。

4:2本の毛束の先端をアメピンで留める

2本の毛束を大きな毛束の下で1つにまとめ、ピンが見えないように留める。
2本の毛束を大きな毛束の下で1つにまとめ、ピンが見えないように留める。

5:結び目を抑えながらひとつまみずつ毛束を引き出す

結び目を中心に放射状を描くように5~6か所を目安に毛束を引き出す。
結び目を中心に放射状を描くように5~6か所を目安に毛束を引き出す。

広がる髪がおしゃれにまとまる「ハーフアップ」の作り方とは?

ボリューム不足もカバーできる「くるりんぱハーフアップ」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
アレンジ前
アレンジ前

1: ハチ上の毛束をゴムで結ぶ

ハチ上の毛束をざっくりと取ってゴムで結ぶ。きっちりと集めるとクルリンパできないので、ゆるっと集めて。
ハチ上の毛束をざっくりと取ってゴムで結ぶ。きっちりと集めるとクルリンパできないので、ゆるっと集めて。

2: 結んだ毛束をくるりんぱする

結んだゴムの上に穴を開けるのではなく、横に穴を開けて毛束を通し、逆サイドから引き抜く
結んだゴムの上に穴を開けるのではなく、横に穴を開けて毛束を通し、逆サイドから引き抜く

3:こめかみの毛束をねじって後頭部にピン止めする

耳前とこめかみの毛束を後頭部に向けてねじる。ねじったらゴム付近にピンで止める。逆サイドも同じようにねじってピン止め。
耳前とこめかみの毛束を後頭部に向けてねじる。ねじったらゴム付近にピンで止める。逆サイドも同じようにねじってピン止め。

4: 最後にヘアカフをゴムに差し込めば完成

アクセサリーは差し込むタイプのものが便利。
アクセサリーは差し込むタイプのものが便利。

40代が似合う「くるりんぱ」アレンジ|頭頂部のボリューム不足もカバーできるハーフアップは鉄板!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。