有田焼の常識をくつがえす、「布の真似をした磁器」

日本各地で育まれてきた高度なものづくりの技術と、若き匠たちの美意識や情熱が結びついた「新時代のジャパンラグジュアリー」を体現する逸品を、日々探しているスタイリストの河井真奈さん。

今回、河井さんが紹介してくれたのは、インテリアに上質なアクセントを添えてくれるフラワーベース。有田焼の窯元「文山(ぶんざん)」が代々伝わる技法を現代的に進化させた、「セラミックミミックファブリック(ceramic mimic fabric)」コレクションのアイテムです。

「布の真似をした磁器」を意味するコレクション名のとおり、シンプルな筒形の白い磁器は布をまとったような質感に仕上げられていて、まるでアートオブジェのよう。どんな空間にもすっとなじみながらも、あたたかみのある確かな存在感を発揮します。

私たちがよく知る有田焼とは違った魅力をもつ「セラミックミミックファブリック」とは一体、どのようなものなのでしょうか?

河井真奈さん
スタイリスト
(かわい まな)女性誌、CM、ドラマのスタイリング、トークショー、商品開発アドバイザーなど幅広く活躍。2016年、ギフトに特化したWEBサイト「futo」をローンチし、2019年6月には初の実店舗を南青山にオープン。著書に『絶対 美人アイテム100』(文藝春秋)、『服を整理すれば、部屋の8割は片付く』(立東舎)。https://futo.jp/

 風になびく布を土に写しとる、窯元伝統の「てびねり」技法

花_1,和文化_1,小物_1,プレゼント_1
「セラミックミミックファブリック」のミニフラワーベース

「器コーディネーターとして活躍している安田亜紀さんから、素敵な器があると紹介していただいたのが、『セラミックミミックファブリック』との出会いです。

本物の布のように不規則で動きのある風合いと、手にしてわかる繊細な軽さと薄さ、そしてさらりと心地よいマットな感触にすっかり魅了されてしまいました。

有田焼といえば、鮮やかな絵付けや、つるんとなめらかで光沢のある仕上がりが特徴だと思っていたので、これが有田焼の窯元『文山』の作品ということにもびっくり。

昭和28年に佐賀県の有田町で創業した『文山』が開発したのは、亜麻(リネン)の布を使って陶土の生地を“たたきしめる”という『てびねり』という技法です。これにより布の風合いが土に写しとられ、自然な『布なり』のシワ感が生まれます」

和文化_2,小物_2,プレゼント_2,器_1
絶妙な力加減で布を“たたきしめる”、「てびねり」の技法

 「『セラミックミミックファブリック』は、この技法をさらに現代的に進化させたもの。外側だけでなく内側までも布目が写しとられていて、光に当てると、ところどころ透けて見えるのも美しさを増しているポイントです」

器_2,和文化_3,小物_3,プレゼント_3
一点ずつ手仕事で作られる「セラミックミミックファブリック」の器

 「職人がひとつずつ手仕事で作っているため、それぞれシワやひだの様子が違った仕上がりに。素朴なぬくもりと、洗練されたモダンさが同居しているのが、『セラミックミミックファブリック』独特の個性だと感じています」

無造作に花を挿すだけで映える、3種の布目のフラワーベース

花_2,器_3,和文化_4,小物_4,プレゼント_4
「セラミックミミックファブリック」のフラワーベース

「当初はリネンの布目だけが作られていた『セラミックミミックファブリック』ですが、フラワーベースはリネンに加えて、レースとピッケも展開されています。

リネンはナチュラルな風合いで、凛とした白さが引き立ちます。どこか懐かしく、やわらかさを感じさせるレースには、可憐な草花も似合いそう。縦横に交差するラインが爽やかなピッケは、すっきりとした印象です」

花_3,器_4,和文化_5,小物_5,プレゼント_5
左から、リネン・レース・ピッケの布目

「futoでは、高さ15センチのものはリネンのみ、手のひらサイズのミニはリネン、レース、ピッケの3タイプを扱っています。

シンプルな筒形でしかも白いので、どんなインテリアともケンカせずにしっくりなじんでくれる一方で、アートオブジェのような存在感もあるのが不思議な魅力。

ボリュームのあるブーケはもちろん、数本の花を無造作に挿すだけでもおしゃれに見える。また、ミニサイズは違う布目のものを2、3個並べて置くのも素敵です」

「おうち飲み」がもっと満たされる、冷たさを優しく伝えるグラス

器_5,食器_1,和文化_6,小物_6,プレゼント_6
「セラミックミミックファブリック」のタンブラーとロックグラス

「フラワーベースに加えて、『セラミックミミックファブリック』コレクションからご紹介したいのが、私自身も愛用しているタンブラーとロックグラス。お店でも人気のアイテムです。

こちらはリネンのみで、やはり薄さと軽さが格別。そして、布目のシワが生み出す独特の凹凸とマットな磁器の質感が、ガラスや金属の器とは違ったやわらかな冷たさを唇と指先に伝えるのです。

冷酒やウイスキー、ビールといったお酒を飲む際にもぴったり。心地よい飲み口の感触や手触り、スタイリッシュなルックスが美味しさを引き立ててくれます。

2020年6月1日に、日本の優れた商品・サービスを認定し、国内外に発信するプログラム「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)2020」の金賞を受賞したことが発表された『セラミックミミックファブリック』コレクション。

今後、海外からの注目も高まっていくことが予想されるジャパン・ラグジュアリーなアイテムを、いち早く贈りものに選んでみてはいかがでしょうか?」

大切な人に贈りたい、「セラミックミミックファブリック」の特別な“白”

■1:フラワーベース

花_4,器_6,和文化_7,小物_7,プレゼント_7
左から、ミニフラワーベース各¥2,600【直径43×高さ95mm】・フラワーベース¥8,000【直径95×高さ150mm】

詳細はこちらから

■2:ロックグラス&タンブラー

器_7,食器_2,和文化_8,小物_8,プレゼント_8
左から、ロックグラス¥5,000【直径85×高さ82mm】・タンブラー¥7,000【直径75×高さ95mm】

詳細はこちらから


今回は、有田焼の窯元「文山」が手がける「セラミックミミックファブリック」コレクションのフラワーベースとグラスをご紹介しました。

和洋問わずどんなタイプのインテリアにもしっくりとなじみながら、ちゃんとおしゃれに映える「白い器」。センスがいい人ほど、その価値をわかってくれるはずです。

※掲載した商品はすべて税抜です。

futoオンラインショップ

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
谷 花生