ガイドブック『ロンリープラネット』が、「小さいけれど、世界一クールな首都」と称した、ニュージーランドのウエリントン。この街の人々はこだわりだしたら、とことん追求するアルチザン気質。食や映画、ファッションなど、あらゆる分野でクリエイティブです。

そんなウエリントンを体現したようなホテルが、2017年4月に誕生したコチラ、QTミュージアム・ウエリントンです。

「QTミュージアム・ウエリントン」ロビー近くのホール。この奥にあるトイレも、ロココ調のおしゃれ仕様

かつてヤフーが選ぶ「世界の素晴らしい芸術品が見られるホテルベスト10」にランクインした旧ミュージアム・アート・ホテル・ウエリントンを、オーストラリアで展開する新進気鋭のデザインホテルブランド、QTホテルズ&リゾーツ(以下、QT)が、さらに個性をバージョンアップさせました。ちなみに、このホテルはQTにとって、海外初進出となります。

【関連記事:今、南の島好きの心をもっとも掴んでいるクック諸島の「パシフィック・リゾート・アイツタキ」】

キュレーター、スタイリスト、デザイナーが結集した空間造り

ホテルを移動させた逸話をモチーフにした壁画が描かれたQTミュージアム・ウエリントンの外観

コンセプトは「アート・デザイン・好奇心、そして少々の不条理」。

他のQTと同様に、キュレーターやスタイリスト、デザイナーなどが独特の世界観を繰り広げています。レセプションに続くアプローチからすでにアートピースがディスプレイされ、館内に一歩入ると、スペースのいたるところに、そして壁全面にアバンギャルドからデカダンまで主張のある作品がずらり。目にするところすべてに、色やテクスチャーがあふれています。

QTミュージアム・ウエリントンのロビーラウンジ。金曜の夜には生演奏も行われる社交場

建築家&デザイナーのシェリー・インダイクが目指したのは、ホテルの洗練をキープしつつ、大胆なアート作品をディスプレイしたハリウッド・グラマーな世界。スタッフのユニフォームも、ハリウッドのコスチュームデザイナーが担当しました。

ホテルルームは4タイプ。ハーバーを望むジュニアスイートがおすすめ

ゲストルームはホテルとアパートメントが全163室(NZ$215~ NZ$1=約80.2円 ※2017年9月12日現在)。

ナチュラルな建材を使った室内には、モダンなプリントのクッションや、金色のカバの置物(館内のあちこちにカバのモチーフが)、スポットライトのような照明など、遊び心が見え隠れ。それはまるで、「不思議な国のアリス」のウサギの穴の中へ迷い込んだような気分。クリエイティビティーの世界に浸りきるのが、ここでのベストな過ごし方。

スタイリストが調度品をセレクト。ナチュラルな建材に、大胆な色や素材の小物を合わせています

アートばかりでなく、室内の装備も抜かりなし。エスプレッソマシーンやボーズのサウンドシステムに、テ・パパ国立博物館がキュレートした本、地元の菓子職人のスイーツ、マリン&ゴッツのバスアメニティーなど、ひとつひとつ吟味されたものばかり。

シンク脇のウサギは歯ブラシ立て。バスアメニティはマリン&ゴッツ

賞に輝いたハイティーやフレンチ、フーディーの心も満たす

ヒポパタマス前の一角に置かれた家具にもセンスを感じます
メインダイニングのヒポパタマスのインテリアは、バロック・フランス様式。荘厳なインテリアの中、サーブされるのは、フランス料理からインスパイアした創作料理です。そして地元マダムたちを含め、多くのゲストがお目当てにしているのが、ハイティー。
マリン・アントワネットをイメージした華やかなハイティー(NZ$39~)

紅茶メーカーのディルマー社が主催する、21世紀のリアルなハイティーを選ぶコンテスト「グローバル・チャレンジ」で、グランプリに輝いたこともある本格派。「マリー・アントワネットのための」とうたうハイティーは、料理はもちろん、トレイやソーサーなどのしつらえも、まさに眼福。

ちなみに、このホテルには前身のミュージアム・アート・ホテル・ウエリントン時代、今でも語り草となっている出来事が。1993年当時、このホテルは今よりも海寄りの場所にありました。しかし地盤沈下が起こったことから、引っ越しをすることに。なんと、4階建て3000トンもの建物を、レールを敷き、120mも牽引して移動させたそう。個性派ホテルは、逸話もスケールが大きいですね。

温水の屋内プールやサウナ、スパプールなどウェルネス施設も

【関連記事:世界のラグジュアリーホテル連載一覧】

問い合わせ先

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、サチモス、洋服、うつわ、渋谷room、各国のクラブ探訪、向田邦子、山田詠美、レイモンド・カーバー、本屋へ行くこと、e.m.、機内での快適グッズ集め
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子