先日、「男たちの物欲なき生活」について書いたところ〈女性だって本を出してるだろう! “フランス人は10着だ”とかいうやつ!〉という野太い声が聞こえてきた。

でも読めばわかるが、あの『フランス人は10着しか服を持たない』は「お金は、かけるところを選んでそこにかけよう」という本なのだ。だって女性が本当に10着で着回そうとしたら、小物が欠かせない。「お金をかけるべきはサングラス、靴、バッグ、ジュエリー」であり「質のよいものを」とある。さらに「香水で演出」「高級食器を普段使い」と、シックだが決して「質素」ではない提案が続く。

左『フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣』、右『パークアベニューの妻たち』


そもそも著者のアメリカ人女性が手本にしているのは、パリで出会った貴族のマダム。「館」に住んでいたら、服は10着でというモチベーションも保てるよネ、と思う。そして「この10着には上着、ドレスは入れません」。ヤッパリね! もちろんいいこともいっぱい書いてある。印象深かったのは、著者が久々に空腹を感じるシーン。米国では間食まみれだったが、夜中に忍び込んだ貴族の台所につまめるものはなかった…。その後、空腹で食べる朝食の素晴らしさ。本書が教えてくれるのは、クローゼット以上にライフスタイルのスリム化、選ぶ賢さなのだ。

あまりの正反対がおもしろかったので『パークアヴェニューの妻たち』も紹介しよう。N.Y.高級住宅地に住む専業主婦たちのノンフィクション。「外見のために年平均10万ドル(約1300万円)つかう」「陣痛が起きたら病院の前に美容院へ(出産直後の写真撮影に備えて)」など、すごすぎてだれも憧れない常軌を逸したゴージャスライフ。これは真の生きがい? それとも虚飾? それとも病気の一種? そんな妻たちの、愛と友情とは。考えさせられる一冊だ。

 

この記事の執筆者
岩手県生まれ。幼いころから「本屋の娘」として大量の本を読んで育つ。2011年入社。書店勤務の傍ら、テレビや雑誌など、さまざまなメディアでオススメ本を紹介する文学担当コンシェルジュ。文庫解説に『タイニーストーリーズ』(山田詠美/文春文庫)、『母性』(湊かなえ/新潮文庫)、『蒼ざめた馬』(アガサ・クリスティー/早川クリスティ―文庫)などがある。 好きなもの:青空柄のカーテン、ハワイ、ミステリー、『アメトーーク』(テレビ朝日)
クレジット :
撮影/田村昌裕(FREAKS) 文/間室道子
TAGS: