よく、「痩せてキレイになりたい」という言葉を耳にします。でも、そこには矛盾があり、それに気づかなければキレイになることはないといいます。

今回は、最新の肥満研究に基づき、運動生理学と実践心理学を取り入れたトレーニングを行なっているフィットネストレーナー・村上晃平先生にその理由をうかがいました。あなたも“痩せたい願望”を捨てれば、理想の美ボディが手に入るかも!?

「痩せている=キレイ、太っている=ダメ」は危険な思い込み

太るイコールダメなことだと自分で決めているだけ

「結論から言うと、痩せるイコール美しくなる、はウソです。痩せると絶対にキレイになりますか? 太っているとダメというのもウソです。太るイコールよくないことだと、自分で決めているだけなんです。

お笑い芸人の渡辺直美さんは、魅力的な人物ですよね。きっと、異性にもモテるんじゃないかと思います。女性はみなひとりひとり、違った魅力があるのです」(村上先生)。

自分のことを好きな人のほうが、健康行動に積極的になれる

さらに「太っているとダメ」という思い込みは、ダイエットの邪魔をするといいます。

「実は、自分の体形が好きで、自分を魅力的であると考えている人の方が、ジムに行ったり、食事管理をしたり、積極的に健康行動をするというデータがあります。

これは当然のこと。例えば、好きな男性がいたら、一生懸命努力したいと思いますよね。逆に、嫌いな人のために努力しますか? それと同じことで、自分のことが嫌いな人は、自分を大切にしないんです」(村上先生)。


ネガティブな思い込みが、キレイになる選択肢を見失わせる

「私は美しくない」「魅力的ではない」と考えていると、キレイになる方法を見落としてしまう

また、ネガティブな思い込みは、自らキレイになることを放棄しているのと同じだといいます。

「近年の脳科学では、脳は”シングルタスク”であると言われています。これは脳の意識は一度にひとつのことにしか集中できない、という性質があるということ。同様に、心理学には『認知的焦点化理論』という考え方があります。これは意識がひとつのことに焦点をあてると、それ以外のことは意識に入ってこない、というものです」

「私は魅力的である」と考えることで、キレイになる方法を見つけられる

「こんな実験があります。同じ部屋にいる人に、自分の周りを見回して、『青いものがいくつあるか』数えてもらいます。そして、その後に『赤いものはいくつありましたか?』と質問するのです。すると、だいたい答えられません。自分の周りをぐるっと見ているので、赤いものが目に入っていないわけではないのに、青いものだけに意識を奪われていたのです。

それと同じように、『私は美しくない』『魅力的ではない』といつも考えていると、キレイになる方法があっても、それを見落としてしまうのです」(村上先生)。


考え方を変えて、美人脳を手に入れる

株式会社アイディアルボディデザイン代表取締役 フィットネスコンサルタントの村上晃平先生

そんなことを言われても、「性格はそんなに簡単に変えられない」と思ってしまいますが、「性格ではなく考え方を変えればいいのです」と、村上先生。その思考法について教えていただきました。

あなたは美人脳を手に入れることができる? まずは以下の質問に答えてみよう

質問:あなたはお金持ちになりたいとします。あなたにとってお金とはどういうものですか?

ア. お金がなくては楽しく生きていけない
イ. お金がないと好きなことができない
ウ. お金があれば達成したい目標を早くやり遂げることができる
エ. お金はなくてもいけど、あったほうがいい

■ア、イと答えた人は…

「楽しく生きていけるようになったり、好きなことができるようにはなりません。なぜなら、お金持ちになりたいと思う人は、現在お金がない(理想とするほどは持っていない)人ですよね。その張本人が、『お金がないと〇〇できない』と思ってしまっているのです。

当然、無意識のうちに『お金がないので、できません。だからやりません』となり、行動を起こすことがなくなります。つまり、楽しく生きることをやらなくなるし、好きなこともやらなくなってしまうのです。これでは、いつまでも自分の思うお金持ちにはなれません。

このように、『お金がないと何もできない』という価値観は、『お金持ちになりたい』という目標達成の足を引っ張るんです」(村上先生)。

■ウ、エと答えた人は…

「『お金がなくても目標は達成できる』と考えている人です。この人たちは、現在お金がないということよりも、どうすれば目標を達成できるか?ということのほうが重要だと捉えています。こういう人は、自然と目標を達成する行動が次々と生まれていきます」(村上先生)。


「痩せないと〇〇ができない」と考える人は、うまく痩せられないことも

「痩せないと〇〇ができないから」は、脳が無意識のうちに「ないからできない」を証明することばかり探してしまいがち

ダイエットに関しても、上と同じです。「痩せたい」という願望を持っている人の中で、その理由が「痩せないと〇〇ができないから」あるいは、「痩せないと〇〇が手に入らないから」と考えてしまっている人は、脳が無意識のうちに「ないからできない」を証明することばかり探してしまっているのです。

「痩せてから〇〇しよう」と先延ばすと、得たいものがあっても行動しなくなる

例えば、「痩せないとステキな服が着られない」とか、「痩せないとパートナーができない」などと考えている人は、ステキな服が目の前にあっても、「このサイズではステキに着こなせないので、痩せてからにしよう」と先送りしてしまったり、気になる男性がいても、「痩せていないからうまくいかないに決まっている」などと、得たいものがあるのにもかかわらず、行動をしなくなってしまうのです。

それよりも、痩せることは手段であって結果ではないと考えた場合、「私の体型に合っているステキな洋はないかしら?」と、いつでも似合う服を探し当てることができますし、「私の性格を好きになってくれる男性はいないかしら?」と、見た目だけにこだわる男性よりも、中身を重視する男性と巡り会うことができるようになるのです。

「痩せないと〇〇できない」を手放して美人脳に

美人脳で、美しいカラダと幸せな未来を手に入れよう

「痩せないとダメ。だって〇〇できないから」ではなく、「〇〇しよう。痩せていても痩せていなくてもできるよね」と考えると、脳が無意識のうちに、〇〇できる方法を探してくれるのです。

あなたは、今のままで十分に魅力的です。その上で、痩せてどうなりたいですか? その先にある、本当の目的はなんですか? それを達成する方法を無意識が自然と探してくれる思考法で、美しいカラダと幸せな未来を手に入れましょう!

ダイエット関連記事

村上晃平さん
フィットネスコンサルタント
(むらかみ こうへい)運動生理学と心理学の両方のトレーナー資格を有し、一般人から五輪アスリート、大手企業経営者まで、述べ15,000時間以上のパーソナルトレーニング実績を持つフィットネスコンサルタント。世界的ミスコン優勝者や全日空の健康プログラムの開発も手がける。著書に『ビジネススキルがアップする!1分筋トレ法』(発行:アース・スター・エンターテイメント/発売:泰文堂)、『ミスコン優勝者たちも実践する35の新ルール 筋美人ダイエット』(幻冬舎)などがある。
IDEAL BODY DESIDN
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。