スペクタクルな舞台装置と、感情を揺さぶるような演出で、人々を魅了してやまないオペラやバレエの世界。

興味はあるし、行ってみたいとは思うけれど、敷居が高そうなイメージもありますよね。

そんな「劇場でオペラやバレエを観るのは初めて!」という方のために、LIVErary.tokyoが、チケットの購入から鑑賞までの流れ、気をつけておきたいマナーなどを一挙手一投足、実際に体験してきました。

舞台となるのは、東京・初台にある「新国立劇場」。

新国立劇場のメインエントランス前に立つ、プリンシパルの米沢 唯さん。

スタートは、新国立劇場のメインエントランスから。今回、私たちを案内してくれるのは、新国立劇場バレエ団のプリンシパル(トップダンサー)、米沢 唯さんです。

新国立競技場のメインエントランスの扉前に立つ、プリンシパルの米沢 唯さん。

1.それぞれの席の見え方・価格帯を知る

オペラやバレエの席種は“見え方”を基準に細かく設定されていて、S席は1階から2階、A席は2階、B席は2階と3階、C席は3階と4階、D席は3階と4階にまたがります。

舞台の“美しさ”を完璧に味わうためには、やはり1階の中心寄りの席がベスト。しかし、前の席に大柄な方が来てしまうと見えづらくなってしまうリスクもあるため、女性には「2階以上の左右にあるバルコニー席」「3・4階の前方の席」もおすすめです。

バレエの場合、前方のS席やバルコニー席は舞台に近いため、ダンサーひとりひとりの迫力ある表情や、繊細な表現をはっきりと目にすることができます。一方、3・4階席は舞台全体を把握できるので、フォーメーション(ダンサー達の描く形)の美しさを楽しむことができる、といった特徴があります。

また、当日販売のみのZ席は1,620円と安価ですが、舞台が少し見えづらい位置にあるといった難点があります。しかし、「音楽をじっくり聴きたい」という方や、何度も繰り返し見たい方など、“通”の方にZ席は人気なのだそう。

新国立劇場の1階から4階まで座席。それぞれの席種によって見え方も異なる。©新国立劇場

S席からD席まで5種類のお席の価格は…

オペラの場合、最高額のS席が20,000円前後~27,000円程度、比較的手ごろなD席は3,000円~5,000円程度で、価格は作品の規模などによって異なります。

バレエの場合、最高額のS席が15,000円~10,000円程度、比較的手ごろなD席は3,000円程度となっています。

2.チケットを手に入れる

新国立劇場のチケットは、劇場ボックスオフィスの窓口か電話予約、WEBボックスオフィスで購入可能。チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットなどの各種プレイガイドでも購入することができます。

初めての方には、新国立劇場が運営するボックスオフィスでの電話予約がおすすめ。劇場や公演の内容を熟知したオペレーターが対応し、予算などに応じて購入をサポートしてくれます。目当ての公演などが特に決まっていない場合は、希望する時期やイメージに合わせた公演をおすすめしてもらうことも!



チケットを受け取る、米沢 唯さん。

電話予約の際にクレジットカードを利用する場合は、公演当日までチケットを預かってもらうことができます。来場する際に、ボックスオフィス窓口で確実に受け取ることができるため、チケットをなくす心配もありません。

何度か公演に足を運び、ある程度慣れてきた方には、WEB上のボックスオフィスやプレイガイドでの予約もおすすめです。

さて、チケットを受け取ったらいよいよ入場!・・・と、その前に。次回は「入場前にしておきたい○○」をお送りします。

この記事の執筆者
TEXT :
米沢 唯さん バレリーナ
2017.6.23 更新
愛知県出身。塚本洋子バレエスタジオで学ぶ。国内国外の数多くのコンクールに入賞し、2006年に渡米しサンノゼバレエ団に入団。10年にソリストとして新国立劇場バレエ団に入団した。ビントレー『パゴダの王子』で初主役を務め、『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『ドン・キホーテ』『ジゼル』『火の鳥』ほか数々の作品で主役を踊っている。13年プリンシパルに昇格。全国舞踊コンクールジュニアの部第1位、ヴァルナ国際バレエコンクールジュニアの部第1位、05年世界バレエ&モダンダンスコンクール第3位、06年USAジャクソン国際バレエコンクールシニアの部第3位など国内外のコンクールでの受賞歴も多い。14年中川鋭之助賞受賞。新国立劇場バレエ団・プリンシパル。
クレジット :
撮影/五十嵐美弥(小学館写真室) 取材・構成/難波寛彦