トレンチコートを取り入れたコーディネートをまとめました。永遠の定番トレンチコートを格好良く着こなすためのテクニックなどを紹介します。

【目次】

春のトレンチコートコーデ


【1】イエロートレンチコート×バッグ

【1】イエロートレンチコート×バッグ
コート・バッグ『ラナウェイ』・ピアス・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

トレンチのマスキュリンな要素とドレスのような艶やかさを併せもったモードなコート。艶やかなイエローのチェック柄は、シルク×ポリエステルの混紡素材です。フロントを閉め、ウエストをきゅっと結べば、タップ部分がケープのように張り出して、立体的なフォルムを強調。バッグは、ナチュラルパイソンを黒のカーフレザーが引き締めるクールなコンビネーションです。

【2】白トレンチコート×カットソー×コーラルピンクパンツ

【2】白トレンチコート×カットソー×コーラルピンクパンツ
スポーツマックスのコート・カットソー・マックスマーラのパンツ・サングラス・バッグ(マックスマーラ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

リネンコットンの織地にレザー風のコーティングを施した素材。そのひと手間で布に陰影が生まれ、趣が出るため、こなれた着こなしがかなう白トレンチに。コーラルピンクをさりげなくボトムに取り入れて、鮮やかな春の装いに仕上げましょう。

【3】千鳥格子トレンチコート×シルクブラウス×シルクスカート

【3】千鳥格子トレンチコート×シルクブラウス×シルクスカート
コットンシルクのコート・シルクのブラウス・シルクのスカート・バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

鋭角的なピークドラペルに、縦ラインを強調するシームなど、研ぎ澄まされたモード感あふれるデザインを、英国調の千鳥格子で包んだコート。ブラウス&スカートやワンピースが醸し出す女らしさに、ピリリと洗練のスパイスを効かせましょう。チェック×ストライプの柄ミックスが幾何学的ハーモニーを奏で、鮮度の高い着こなしに導いてくれます。

【4】ネイビートレンチコート×白ブラウス×白ワイドパンツ

【4】ネイビートレンチコート×白ブラウス×白ワイドパンツ
コート・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボウブラウスとセミワイドパンツをオールホワイトでそろえて華やかに。ネイビーのミドル丈トレンチコートが、全体を引き締めつつ着こなしをすっきりとまとめてくれます。ヒールパンプスは紺をリンクさせてパテント素材の艶をトッピング。マットゴールドのチェーンバッグをアクセントカラーに取り入れましょう。

【5】ベージュトレンチコート×白ニット×フューシャピンクパンツ

【5】ベージュトレンチコート×白ニット×フューシャピンクパンツ
エス マックスマーラのコート・マックスマーラのニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

コートのほんのりピンクをつなげて、ニット以外のアイテムを、さまざまなピンクカラーでまとめた着こなし。パンツのフューシャピンクがメリハリをプラス。仕上げに、ニットで白を差して、さわやかな抜け感を演出しましょう。

【6】ネイビートレンチコート×ニット×白パンツ

【6】ネイビートレンチコート×ニット×白パンツ
コート・ニット・パンツ・バッグ・ネックレス・ブレスレット・靴(ランバン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

クリーンな配色で着こなす優美なネイビートレンチネイビー×白の清潔感あふれるカラーリングをベースに、ペールピンクのハイゲージニットで春らしいムードを感じさせて。胸元のVゾーンに添えたコスチュームパールのネックレスが、着こなしを盛り上げてくれます。

【7】カーキトレンチコート×オレンジワンピース

【7】カーキトレンチコート×オレンジワンピース
コート(コロネット〈エアロン〉)、ワンピース(キートン)、ストール(三喜商事〈バンフォード〉)、バッグ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、サングラス(バーバリー アイウェア)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

オレンジ色の鮮やかなワンピースと同系色のストールでリッチ感のあるスタイルに。カーキ色とのメリハリ配色がはつらつとした印象を生み出してくれます。

【8】キャメルトレンチコート×黒カットソー×黒スカート

【8】キャメルトレンチコート×黒カットソー×黒スカート
コート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、トップス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

こっくりとしたキャメル色の、ローブのようにまとうエレガントなトレンチ。黒との強いコントラストが、キレよく華やぎを表現してくれます。

【9】白トレンチコート×ニット×白パンツ

【9】白トレンチコート×ニット×白パンツ
コート・ニット・パンツ・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー ネイビー〉)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

リネン混のペーパーギャバジン素材で仕立てた薄軽トレンチの白をベースに、モーヴピンクをアソートカラー(配合色)として、まろやかな色味をリンク。バッグと靴のトープ色を加えた春らしい3配色で仕上げましょう。

【10】グレートレンチコート×白ブラウス×グリーンパンツ

【10】グレートレンチコート×白ブラウス×グリーンパンツ
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ブラウス(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ・靴(JIMMYCHOO)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、時計・ブレスレット・リング(ピアジェ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

コートは透湿防水フィルムをボンディングしたリネン素材を使用。ピーコックグリーンのパンツがすらりとした美脚ラインを強調してくれます。

【11】カーキトレンチコート×黒ワンピース

【11】カーキトレンチコート×黒ワンピース
コート(アマン〈パルト〉)、ワンピース(VINCE 表参道店)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、ピアス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ヴィンテージ風のこなれ感を印象づけるカーキトレンチ。胸元スリットとブラウジングデザインがフェミニンな黒ワンピースで今どきのリラックス感を表現しましょう。

【12】ベージュトレンチコート×ニット×ブルーパンツ

【12】ベージュトレンチコート×ニット×ブルーパンツ
トモウミ オノのコート・カングラのストール(チェルキ)、ニット(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、パンツ(YOKO CHAN)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、ペンダントチェーン・チャーム(シャンテクレール 東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ブルーやパープルの寒色をペール系の色調でそろえて、辛口フェミニンななじませ配色に。

【13】グレートレンチコート×ニット×白パンツ

【13】グレートレンチコート×ニット×白パンツ
コート・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

布帛のロングカーディガンのようなライトな感覚で着られる、ひざ下丈のシンプルトレンチ。リブニットとクロップドパンツで上品カジュアルに仕上げると、洗練度がぐっとアップします。

【14】赤トレンチコート×白ブラウス

【14】赤トレンチコート×白ブラウス
コート・ブラウス・バッグ・靴(ステラ マッカートニー ジャパン)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

レンガ色のブリックレッドは、人と重なりにくい、一歩先をゆくカラーチョイス。体になじみやすいコットン混素材で仕立てたロングトレンチは、前を開けても、ベルトを締めても、やわらかな風合いでしなやかなたたずまいに導いてくれます。ステッチやボタンで効かせた白がクリーンに映えてアクセントに。

【15】ブルートレンチコート×バッグ

【15】ブルートレンチコート×バッグ
コート・バッグ・ピアス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ソフトな感触のハリのあるコットンツイード素材が、優美なドレープとコクーンシルエットを生み出す変形トレンチ。ウエストの華奢さを際立たせるシャーリングや、コントラストを効かせたパイピング、ガンフラップにあしらわれたメタルリングなど、手の込んだディテールが盛り込まれたクチュールライクなつくりが魅力です。

【16】ブルートレンチコート×ハット

【16】ブルートレンチコート×ハット
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

エポーレットやガンフラップなどをなくした、ミニマルなデザインながらもオーセンティックな雰囲気を宿したトレンチコート。ギリシャのサントリーニ島の街並みを思わせるような、澄んだ青と白のみのコントラスト配色で清々しく着こなしましょう。

【17】グリーントレンチコート×黒カットソー×黒スカート

【17】グリーントレンチコート×黒カットソー×黒スカート
コート・トップス・スカート(アクネストゥディオズ アオヤマ)、サングラス(サラディストリビュージョン東京〈エナロイド〉)、バングル(ジョージ ジェンセン ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

生地の心地よい重みと、とろみのある素材感で、流れるようなドレープが堪能できるトレンチコート。オールブラックの装いにフォレストグリーンの発色のよさが際立ちます。

【18】イエロートレンチコート×ピアス

【18】イエロートレンチコート×ピアス
コート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス(ブシュロン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

肌なじみのいいオレンジがかったイエローに染め上げた、イタリア製の高密度コットンツイル素材を使用したコート。トラッドなトレンチディテールをちりばめたシングルボタンのコートは、ボタンを留めてジャストサイズで着こなしましょう。台襟に高さがあるので襟を立てても美しく、やや広がった袖口が女性らしい雰囲気を演出してくれます。

【19】ネイビートレンチコート×カットソー×スカート

【19】ネイビートレンチコート×カットソー×スカート
コート(ナイツブリッジ・インターナショナル〈オールド イングランド〉)、トップス(レナウン プレスポート〈レステラ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ウノアエレのネックレス・ワンエーアールバイウノアエレのバングル(ウノアエレ ジャパン)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ハリのあるネイビーのコートは、だれからも愛される上品さが魅力。学生風にならないように、艶や動きのある華やぎアイテムを合わせましょう。裾フリンジのトップスと艶めくプリーツスカートで知的なネイビー×ベージュを優美に演出して。

【20】ベージュトレンチコート×イエローカーディガン×パンツ

【20】ベージュトレンチコート×イエローカーディガン×パンツ
コート(SANYO SHOKA〈I SANYO〉)、カーディガン(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ネックレス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

前立てのボタンが縦ラインを強調して端正なシルエットが際立つコート。やわらかなコットンが着くずしたときにしなやかな表情を演出してくれます。ニット+パンツの端正スタイルを非凡に仕上げているのが、流行のブライトイエローのニットの見せ方。コートの袖をラフにロールアップしてニットをのぞかせるひと技で、カジュアルを極めた大人のセンスを香らせて。パンプスで女力もさりげなくアップさせましょう。

【21】ベージュトレンチコート×白カットソー×ピンクパンツ

【21】ベージュトレンチコート×白カットソー×ピンクパンツ
コート・レーストップス(SANYO SHOKA〈I マッキントッシュ ロンドン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

上品な艶のあるピンクベージュ、丸みのある襟のライン、軽やかな着丈…と王道のきちんと感がありつつどこか優しい雰囲気のコート。レースのブラウスとピンクの細身パンツを合わせれば、繊細な淡色コーディネートが完成します。シルバーのバッグとベージュのパテント靴でなじませつつ、すっきり感を後押し!

【22】ベージュトレンチコート×黒ブラウス×ワイドパンツ×スカーフ

【22】ベージュトレンチコート×黒ブラウス×ワイドパンツ×スカーフ
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『パスマントリー・カドリ』(エルメスジャポン)、ブラウス・パンツ(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、時計(DKSH ジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ワイドパンツにトレンチをはおって迫力モードに。大きく効かせるスカーフですっきり感を強調しましょう。

【23】ベージュトレンチコート×白ニット×ジレ×白パンツ

【23】ベージュトレンチコート×白ニット×ジレ×白パンツ
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、バンフォードのジレ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、ニット(ADORE)、バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白トップスに白いパンツ、白いジレ…とホワイトトーンでまとめた着こなしに、端正なコートをはおって品よく引き締めて。上品だけれどおとなしい印象にならないように、顔周りにペールトーンのスカーフを小さく効かせるのがポイントです。

【24】ベージュトレンチコート×ベージュワンピース

【24】ベージュトレンチコート×ベージュワンピース
コート・ワンピース(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ペンダント・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

正統派のトレンチコートが、ハリのあるシルクオーガンジーの上質な透け感で、まったく新しい表情に! ベーシックな品のよさと旬の華やかさを併せもつ、最新のベージュを象徴する一枚です。

【25】ベージュトレンチコート×ベージュスカート

【25】ベージュトレンチコート×ベージュスカート
コート・バッグ・靴(ロエベ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スカート/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

細やかな切り込みを大胆に入れることでつくり出した、斜めに広がるフリンジ。高度なテクニックと創造性豊かなクリエイションが、ベージュのクラシカルなトレンチコートを特別な存在へと昇華。顔周りを華やかに見せる大きめの襟と繊細に揺れる裾が、ドラマティックなコントラストを描きます。

【26】ベージュトレンチコート×バッグ

【26】ベージュトレンチコート×バッグ
コート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、ピアス・ブレスレット・・リング・(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

絶妙に色調の異なる3色のベージュを配した新鮮なカラーリングが魅力のバッグ。端正なフォルムをドレッシーに彩る、傷ひとつないボックスカーフレザーのなめらかな光沢と相まって、美しい存在感を放ちます。このバッグを引き立てるのがシンプルなベージュトレンチ。ベージュのリンクで上品にまとまります。

【27】ベージュトレンチコート×白ブラウス×黒パンツ

【27】ベージュトレンチコート×白ブラウス×黒パンツ
コート・シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベーシックなひざ丈のトレンチは、だれもが着るアイテムだけに、モードブランドのもつ洗練オーラで、圧倒的な違いを印象づけましょう。またスニーカーなどでカジュアルに、ラフに着くずすのは、今や平凡なパターンに陥りがちなので、黒のスティックパンツや細めのデニムにヒールパンプスで、シルエットを引き締めつつ、エレガンスを極める方向を目指すべき。袖口からしなやかなブラウスの白をのぞかせるだけでも華やぎます。

レディース黒トレンチコートコーデ


【1】黒トレンチコート×カットソー×黒パンツ

【1】黒トレンチコート×カットソー×黒パンツ
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、トップス(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ストール・バッグ(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ベージュを重ねたシックトーン配色で大人っぽく。サイドライン入りパンツやスリッポンで仕上げたスポーティーな着こなしも、艶やかなブラックサテンのコートがあれば、カジュアルになりすぎず品よくまとまります。

【2】黒トレンチコート×白レースカットソー×白パンツ

【2】黒トレンチコート×白レースカットソー×白パンツ
コート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、トップス(ADORE)、パンツ(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

しなやかでいて、きちんと感もある上質な黒トレンチに使われた素材は、シワになりにくい、ストレッチ入りの細番手サマーウール。白のレーストップスで繊細な甘さを添えましょう。

【3】黒トレンチコート×カーキワンピース

【3】黒トレンチコート×カーキワンピース
スカーフ『ステップのアパルーサ』(エルメスジャポン)、コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ワンピース(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・バングル・リング(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボンディング加工を施したリネン仕立ての黒トレンチ+カーキのスエードワンピースに、上品な躍動感を授けているのが、90㎝角のアラベスク調のプリントスカーフ。対角線で細長く折ることで柄も長さも効果的に生かされ、表情豊かに縦ラインを強調。シックカラー配色の着こなしがフレッシュになります!

【4】黒トレンチコート×黒ニット×パンツ

【4】黒トレンチコート×黒ニット×パンツ
ムーレーのコート・イレブンティのパンツ(三崎商事)、ニット(FUN inc.〈VONDEL〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス(ボン マジック)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

強い女のイメージに陥りがちな黒のトレンチコートは、ポインテッドトウとクロップドパンツの足首見せ効果で、足元から華奢な女らしさを演出しましょう。

春のトレンチコート×スニーカーコーデ


【1】ベージュトレンチコート×白スニーカー×白パンツ

【1】ベージュトレンチコート×白スニーカー×白パンツ
マックスマーラのコート・ブラウス・パンツ・スポーツマックスの靴(マックスマーラジャパン)、バッグ(ロエベ ジャパン)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは、グローブに用いられるほど、薄手のスエードで仕立てた一枚。内側はナッパ加工を施した凝ったつくりで、素材が奏でる美しいコントラストに魅了されます。白のコットンパンツでクリアに仕上げ、太陽のように鮮やかなキャンバスバッグが、淡色コーディネートのアクセントに。

【2】ベージュトレンチコート×白スニーカー

【2】ベージュトレンチコート×白スニーカー
ヴァレンティノのコート・ヴァレンティノ ガラヴァーニスニーカー(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ベーシックなトレンチコートをベースにしながら、パッチポケットのデザインでオリジナリティーを追求。ボディは光沢感のあるサテンベージュなので、女性らしい優雅な雰囲気も漂います。春に楽しむベージュのコートは、まったりとした印象にさせず、あくまでキレ味よく着こなしたいもの。そこで活躍するのが、クリーンな白のスニーカー! 足元に抜け感が生まれるだけで、洗練された印象になります。

【3】白トレンチコート×白スニーカー×ニット×パンツ

【3】白トレンチコート×白スニーカー×ニット×パンツ
コート(ヘルノ プレスルーム)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(キッチン&カンパニー〈ボルボネーゼ〉)、バッグ(三喜商事〈バンフォード〉)、サングラス(ミラリジャパン〈マイケル・コース〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

スマートなシルエットを描くコンパクトサイズのトレンチ。スエードのガウチョパンツ、レース素材のスニーカーで軽快な足元に仕上げましょう。