作家の青木奈緖さんは、幸田露伴のひ孫、幸田文の孫にあたり、なんと4代続くもの書きという一家。けれど「生まれつきのもの書きなんていません」という青木さんは、大学卒業後、オーストリア政府奨学金を得て、ウィーンへ留学。足かけ12年間、ドイツとオーストリアに滞在し、翻訳者として自活。帰国後エッセイストとしてデビュー、現在は作家として、またNHK放送用語委員会委員としても活躍しています。

作家・青木奈緖さん宅にて

そんな青木さんが生い立ちに立ち返り、日々の暮らしの中で、自然と身につけていた、幸田家につたわる「ことば」から、その根底に流れる生き方や心持ちについて見つめ直した本が『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』です。

今ではほとんど使われないことばが多いけれど、真意を知っていると元気になれたり、身が引き締まる思いになったり、おもしろい言い回しが詰まっているこの本。その一部を引用してご紹介します!

作家・青木奈緖さんと著書『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』

■一寸三針五分ひと針【いっすんみはりごぶひとはり】

目的にかなっていれば、丁寧が最上とは限らない。手早くすませ、そこから生まれる余裕に助けられることもある。幸田露伴の母・猷のことば。(『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』より)

このことばは、普段着の着物を縫う際に、やたら時間をかけて細かく縫うのではなく、実用に耐える強度があれば荒い針目も構わない。今と違って女性の日常が家事に忙殺されていた明治のころ、一日をいかに効率よく過ごすか、物事の本質を見きわめよと言っているのです。

“家事というものはずるずるしていれば際限なく手がかかり、滞らせればたちまち反乱して家の中に支障が出る。それゆえ、こちらが家事に追い回されるなどもってのほか、逆にこちらから追いかけるようにして、最も手早く、効果的にひと通りをすませ、あとはひとときでもいいから、家事をする者もゆったり好きなことをする時間を持たねばならないと説いている。” (『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』より)

何事にもベストを尽くすのが最高ですが、丁寧に時間をかけ過ぎて、別のことが滞っては意味がありません。これって、家事だけではなく仕事にもいえることですよね。筆者も耳が痛くなりましたが、心に留めておきたい言葉だと思いました。

作家・青木奈緖さん宅にて

■欲と道連れ【よくとみちづれ】

自分の分相応を知ったうえで、わき起こる欲を抱え、前を向いて歩くのが人生。欲に振り回されるのは愚かだが、欲がなくなったら人は終わり。(『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』より)

“いくら欲しいと願っても、人ひとりで持てる量は限られている。それでも欲と道連れに前を向いて歩くのが人生だ、と。” (『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』より)

誰にでも欲は必ずあるという前提で、自分が欲とどう付き合っていくのか、一歩引いて俯瞰することができれば、おのずと自分の分相応と不相応との見極めがつく、と私たちに教えてくれます。

作家・青木奈緖さん宅にて

明治から昭和の激動の時代、幸田家の暮らしに根づいたことばたち、その折り合いのつけ方は、現代を生きる私たちの心にも響いてきます。

そして次記事では、自分自身の豊かで素敵なことばを、私たちも身につけるためには?のコツを、青木奈緖さんに教えてもらいました。

>>青木奈緖さん流、素敵な挨拶状をつづる合理的な方法

BOOK
『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』
著/青木奈緖 発行/小学館 ¥1,500(税別)
小学館 楽天ブックス Amazon
 
この記事の執筆者
東京・小石川生まれ。大学卒業後、オーストリア政府奨学金を得てウィーンへ留学し、足かけ12年ドイツに滞在。1998年に帰国して『ハリネズミの道』でエッセイストとしてデビュー。『動くとき、動くもの』、『幸田家のきもの』、小説『風はこぶ』や絵本の翻訳『リトル・ポーラベア』シリーズなどの著書を持つ。幸田露伴は母方の曾祖父、幸田文は祖母にあたる。 好きなもの:寝ること、食べること、猫、犬、植物、読書、オペレッタ、戦前のドイツ映画、歌舞伎、三味線、きもの、料理、お茶、家でゆっくりすること 撮影/五十嵐美弥(人物)
クレジット :
撮影/大畑陽子 構成/安念美和子