上品で知的な色といえば「ネイビー」。この夏のおしゃれはネイビーを取り入れたコーデで、女性らしく! ネイビーのトップス、スカート、パンツを使った着こなしを参考に、夏のおしゃれを楽しんでください。

【目次】

レディース夏のネイビーコーデ


【1】ネイビーワンピース×クラッチバッグ

【1】ネイビーワンピース×クラッチバッグ
ワンピース・バッグ(ランバン ジャパン)、リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

グレーがかったネイビーが一段と気品ある装いへと導いてくれるノーカラータイプのシルクワンピース。細身のシルエットながら体のラインは拾わず、袖に施された多数のタックやウエストのリボンのあしらいが、シルク生地が生み出す美しいドレープをより強調します。シンプルを追求したシックな装いには、辛口なパイソン柄のクラッチバッグを合わせてほんのりエッジを効かせましょう。まじめなネイビーで終わらせない、おしゃれ賢者の心意気が光ります。

【2】ネイビーカーディガン×ネイビーオールインワン

【2】ネイビーカーディガン×ネイビーオールインワン
カーディガン(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(フレッド)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペザノッティ〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ニットの白トリミング、そしてやや太めの白ベルトの存在が、ネイビーのオールインワンを軽やかに見せて。さらに、イエローのバッグをオン。鮮やかな色はほんの少しだけ、が効果的です。

【3】ネイビーワンピース×バングル

【3】ネイビーワンピース×バングル
バングル・リング(ブシュロン)、ベルト付ワンピース(ウールン商会〈アルベルタ フェレッティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

マットなネイビーの装いは、ゴールドを加え、艶やかに、いきいきと! 幅広のバングルはボリュームがありながら、肌の透けるデザインが軽やかさを演出してくれます。細いタイプのバングルは色違いのゴールドを重ね、さりげなく旬の表情を導きましょう。

【4】ネイビーパンツ×黒シースルーブラウス

【4】ネイビーパンツ×黒シースルーブラウス
パンツ(アパルトモン 青山店〈マディソンブルー〉)、ジャンバティスタ ヴァリのブラウス・マリア ブラックのピアス(ストラスブルゴ)、バッグ(セルジオ ロッシ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

繊細なレースのシースルーブラウスで女らしく着こなして。ネイビー×黒の洗練配色で知性を香らせつつ、大ぶりのピアスやラフにまとめたヘアで外すのがポイントです。パンツは仕立ての美しいミドルライズのストレートパンツは、ジップフライとベルトループなしのすっきりとしたデザイン。

【5】ネイビーブルゾン×ネイビーパンツ×白シャツ

【5】ネイビーブルゾン×ネイビーパンツ×白シャツ
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ブルゾン・シャツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ブルゾンは、コクーン風シルエットがポイント。気になる腰周りを自然にカバーしながら、「新細身パンツ」の美脚ラインを印象的にしてくれます。大ぶりの白バッグで抜け感を授ける一方、足元はあえて肌になじむニュアンスカラーを選択するのが上品さの決め手。パンツは合わせるトップスを選ばないネイビー×ブラウンのシャドーチェック。ヒップを小さく見せつつ、ほっそりとした脚線を印象づける端正な仕立てです。

【6】ネイビーワイドパンツ×ストライプシャツ×カーディガン

【6】ネイビーワイドパンツ×ストライプシャツ×カーディガン
パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、シャツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(IWC)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

遠目にはスカートのようなネイビーパンツにブルーのシルクトップスと白ニットを合わせて、好感度の高い清涼配色をエレガントに。そこに、ひんやり輝くジュエリーや辛口ウォッチを効かせて、クール&ラグジュアリーに仕上げるのが大人の流儀です。パンツは薄くしなやかなレーヨン素材。右から左に向かって布を重ね、サイドでリボン結びするラップ仕立てがスカートライクな表情の秘密。ひざ上までは裏地を付け、下は透け感を生かして涼しげなボリュームを表現しましょう。

夏のネイビートップスコーデ


【1】ネイビーブラウス×白ワイドパンツ

【1】ネイビーブラウス×白ワイドパンツ
ブラウス・パンツ(ユニット&ゲスト〈Tibi〉)、ネックレス・ブレスレット(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

見慣れたネイビー×白の配色が、トップスにボリュームを与えるだけでこんなにもゴージャスに。たっぷりとした袖が特徴的なコットンポプリン地のブラウスは、さりげない手の動きやシルエットをグラマラスに印象づけてくれます。ブルートーンの石を配したジュエリー、コンパクトなメタリックバッグを重ねて、清涼感漂う華やぎも忘れずに。

【2】ネイビーニット×白スカート

【2】ネイビーニット×白スカート
カシミヤシルクのリブニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、バングル・チェーンブレスレット(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、クロコダイルハンドルのバッグ(バリー 銀座店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ネイビーのニットで顔周りを引き締める、知的な夏のオンスタイル。都会のマリンを気どりつつ、清潔感のある白スカートをコントラスト鮮やかに合わせましょう。縁どりのラインをシャープに効かせた、印象的なスカートで、すっきり、かつ華やかなシルエットに。

【3】ネイビープルオーバー×水色パンツ

【3】ネイビープルオーバー×水色パンツ
プルオーバー(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(PTJapan〈PT01〉)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

とろみのあるネイビーのプルオーバーは、しっかりとした素材感できちんと感が求められる場面から華やいだシーンまで楽しめる優れもの。袖コンシャスな一枚を引き立てるように、ボトムはスリムタイプでグッと引き締めましょう。ボリュームネックレスで視線を上に集めると、さらなるスタイルアップが期待できます。

【4】ネイビーノースリーブ×白スカート

【4】ネイビーノースリーブ×白スカート
スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉)、ピアス(チェルキ〈ミッレ〉)、バングル(ファンエンパイヤ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

大容量なのに、こなれて見えるラフィア素材のバッグは、ラフでもOKな仕事スタイルの代表的アイテム。ネイビーを基調としたマルチボーダーが、シンプルな装いのさりげないアクセントになります。単色では重くなりがちなネイビーも、白ボトムでフレッシュに。

【5】ネイビーノースリーブ×白パンツ

【5】ネイビーノースリーブ×白パンツ
パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイロドリゴ オタズ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

無難に陥りがちなベーシックカラーの組み合わせこそ、手元にグリッターなクラッチバッグを合わせるなど、さりげない盛りワザが効果を発揮します。一枚でも存在感のあるボウタイ付きトップスは、胸元でくるっと結んでボリュームを持たせ視線を上半身に集めることで、シンプルなパンツスタイルにも艶のあるエレガンスが加わります。

【6】ネイビーニット×カーキパンツ

【6】ネイビーニット×カーキパンツ
ニット(ブラミンク)、パンツ(Theory luxe)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ネックレス・バングル(TASAKI)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキの装いの幅を広げるネイビーとの色合わせが新鮮。ともにユニフォームカラーなので、知的できちんと感のある表情が手に入ります。アンバー(琥珀)が少し入ったような深みのあるカーキと濃紺が、こっくりと洒脱な雰囲気を醸し出します。小物でパールホワイトやアイボリーカラーを差して、上品な軽やかさを演出。

【7】ネイビーブラウス×ブラウンワイドパンツ

【7】ネイビーブラウス×ブラウンワイドパンツ
パンツ(サポートサーフェス)、ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ネイビーのシルクシャツとキャメルカラーのパンツの組み合わせは、知的で媚のない女性らしさが香ります。色調は統一しつつ、ベロアのハンドバッグやパイソンのサンダルでリッチな個性をプラス。端正だけではない、着る人の美意識を感じさせるコーディネートに仕上げましょう。パンツは軽くて上品な艶のある、キャメルカラーのウール。上半身をコンパクトに見せるハイウエストが着映えポイントです。

【8】ネイビーポロシャツ×ベージュパンツ×帽子

【8】ネイビーポロシャツ×ベージュパンツ×帽子
ポロシャツ (ラコステ)、パンツ(J&M デヴィッドソン 青山店)、帽子(アマン〈アルテサーノ〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ぺルゴ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

若いころから、親しんできたカジュアル名品・インクブルーのポロシャツを手に取って、首元には大粒のパール、そして、太めのモードチノパン。マキシ丈のスカートも似合いそう! 知的で、小粋な、ミラノマダムが好む「ネイビー」だからこそ、大胆な遊び心も受け入れ、大人の感性を大いに刺激するのです。しなやかなメリノウールのポロシャツをワイドなチノパンツに合わせて、「さらりと女らしい」カジュアルが完成。

【9】ネイビーTシャツ×タイトスカート

【9】ネイビーTシャツ×タイトスカート
Tシャツ・スカート・サングラス・バングル(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

「なんだか懐かしい感じ…」と思うのも当然。1970年代のトロピカルをテーマに、「ツアーTシャツ」をイメージしたというTシャツがあのフェンディから登場。少々まじめでお堅いイメージのネイビーだからこそ表現できる大人の遊び心です。ボトムスにはメンズライクなペンシルストライプのひざ下タイトスカートを選んで、Tシャツをイン。トロピカルと正統、リラックスとドレッシーという対極のテイストを融合した着こなしで夏の陽差しに映える、シャープで知的なセクシーさを楽しみましょう。

夏のネイビースカートコーデ


【1】ネイビースカート×ストライプニット×カーディガン

【1】ネイビースカート×ストライプニット×カーディガン
カーディガン・インナーニット・スカート・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)、サングラス(ドルチェ&ガッバーナ アイウェア) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ボーダーなのに上品かつ、女らしい! その理由は、フェミニンポイントを語れるアイテムの選択にあり。アンサンブル風に重ねたハイゲージニットは、透け感のあるシルク素材。濃厚ネイビーのタイトスカートが女らしいボディーラインを強調し、ボーダー特有のカジュアル感を払拭してくれます。足元はピンヒール、ワンハンドルのクラシカルなバッグを携えたら、若者とは一線を画す上級マリンルックの完成です。

【2】ネイビースカート×カーキブラウス

【2】ネイビースカート×カーキブラウス
トップス・スカート(ユニット&ゲスト〈Tibi〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、ネックレス(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

今年らしい新鮮さと洗練につながる、アンバー・カーキとネイビーの色合わせ。巧みなギャザーディテールで、一枚で様になる個性派トップスを、サテン地のスリット入りタイトスカートで女っぷりよく仕上げましょう。落ち着いた色調のマルチカラーバッグの今どき感も着こなしアップデートのカギです。

【3】ネイビースカート×ブルーブラウス

【3】ネイビースカート×ブルーブラウス
ブラウス・スカート(オンワードグローバルファッション〈ロシャス〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

眼差しを知的に見せる、アイシーな色味のブラウス。スカートのサイドにあしらわれたボタンとリンクさせるよう、イエローゴールドのジュエリーを耳元と手元に添えてリッチに仕上げましょう。気品漂うボウタイブラウスも、上品なセルリアンブルーなら、こんなにも新鮮な表情に。シルクシフォンのエアリーな質感が、優しげなオーラを醸し出します。

【4】ネイビースカート×バーガンディブラウス

【4】ネイビースカート×バーガンディブラウス
ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、バングル(マイケル・コース ジャパン〈マイケル・コース〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジージーアール ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ミラノを颯爽と歩く小粋なマダムをイメージして、こなれ感たっぷりの色合わせに挑戦。バーガンディーのブラウスとネイビースカートでつくる深みのある配色に、ゴールドのバングルでリッチ感を添えるのがお約束です。エアリーなウールシルクのブラウスは、残暑厳しい晩夏の日でも楽しめる一枚。二の腕をさりげなく隠す、ラッフル使いが秀逸です。

夏のネイビーパンツコーデ


【1】ネイビーパンツ×ネイビーブラウス×白ロングジレ

【1】ネイビーパンツ×ネイビーブラウス×白ロングジレ
ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きちんと感を意識して、トップスとボトムをネイビーで統一。知的なワントーンに沿うよう、白のロングジレを合わせた額縁効果で、心なしか鏡に映った自分がいつもよりスリムに見える…? 旬のカジュアル感に加えて品格も備えたジレは、クールな夏のオンスタイルの新戦力に。合わせるバッグも小ぶりでクリアな白を選んで色数を抑え、クールな女性像を演出しましょう。

【2】ネイビーパンツ×ストライプシャツ

【2】ネイビーパンツ×ストライプシャツ
コットンのシャツ・パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈イニス〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ピッチの異なるストライプが今年らしいシャツ。一見シンプルでメンズライクなシルエットなのに、袖口に向かって広がるボリュームスリーブが、これまでにはない新鮮さ。白く大きなカフスがエレガンスを強調してくれます。ネイビーのパンツに合わせて、爽やかな知的美人を演出しましょう。

【3】ネイビーパンツ×ネイビーニット

【3】ネイビーパンツ×ネイビーニット
ニット・パンツ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、ペンダント・リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

身を委ねるように、ゆったりとしたくつろぎ感が洗練された、ビッグシルエットの深Vニット。「ネイビー」の優しさと知性が、そのたたずまいをさらに美しく魅せるから、ネイビー一色でまとめて、シルエットもすっきりと際立たせましょう。

【4】ネイビーパンツ×白シャツ

【4】ネイビーパンツ×白シャツ
シャツ(ブラミンク)、パンツ(ワンドコーポレーション〈アランレッド〉)、ネックレス(ドゥロワー 丸の内店〈アリゲルディー〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

袖周りにボリュームを出したコットンリネンの白トップスに、落ち感のある流麗なネイビーボトムを合わせて。体の動きに合わせてドラマティックに流れる華やかなシルエットは、着なれているはずのシンプル配色に迫力と新鮮味を与えてくれます。小物は落ち着きのあるキャメルに統一し、気品を感じさせる辛口フェミニンな着こなしを楽しみましょう。

【5】ネイビーパンツ×コットンストライプシャツ

【5】ネイビーパンツ×コットンストライプシャツ
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(コール ハーン ジャパン)、バッグ(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

街なかをガンガン歩きたい日には、ジュート×レザーのエスパドリーユがお決まり。白とベージュによる洗練配色のおかげで、都会にも通用するサマースタイルが完成します。