街の中もすっかり秋めいた雰囲気になり、本格的におしゃれを楽しむシーズンが始まっています。新作バッグを主役にしたハイセンスな秋スタイルをシーン別動画で提案するファッション特別企画。vol.1オフィス編、vol.2休日編に続く、第3回目はパーティー編です。パーティーへ出かけるときの新鮮なスタイリングをクローズアップしました。

【関連記事:vol.1 オフィスで憧れられる!マックスマーラの上品トートバッグの秘密】
【関連記事:vol.2 別格の大人カジュアルが完成!ブルネロ クチネリのトートバッグで、休日のおしゃれをリッチに】

黒のドレスアップに女力を加味する、可憐なバッグが主役のパーティースタイル

パーティースタイルの成功の秘訣は華やかさを第一に、でも華美すぎず品格のある雰囲気に仕上げることがマストといえます。ヴァレンティノ ガラヴァーニの真っ赤なバッグを黒でまとめたドレスアップの主役として楽しむエレガントスタイルを、まずは動画でご覧ください。

【動画】ビビッドな赤と個性派フォルムで魅せる大人のドレスアップ

スパイスのあるレッドの彩りが黒のドレスアップの華やぎオーラに

ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ【縦12×横24×マチ4cm】¥272,000・ヴァレンティノのワンピース¥730,000(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス¥134,000・中指のリング(指先から)¥890,000・¥350,000・薬指のリング¥350,000/すべて予定価格(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

人が集うパーティーシーンでは、視線が自然と集まるようなインパクトがあって、着こなしの洗練度を高めてくれるバッグを取り入れることを、まず考慮しましょう。そして立食の場合には名刺交換をしたり、飲み物を片手で持ったりすることなどを考えると、ショルダータイプのほうがスマートに行動できると思います。そうなると、小ぶりのサイズのショルダーでデザイン性のあるものがフィットします。特にパーティーシーンでは黒のドレスアップを多用することが多いので、着こなしのアクセントとなるような鮮やかな色味をバッグに選ぶと、スタイリングを華やかにクラスアップしてくれるはずです。

カウンターに置いたときにも、バッグが絵になる存在感を放ちます。

ヴァレンティノ ガラヴァーニのこのバッグは、パーティーシーンに最適な条件を満たしてくれるフォルム&カラーリングです。レザーにたっぷりとギャザーを寄せて、何重にもなったリボン風のデザイン。さらにその周りには、ブランドのアイコンともいえるロックスタッズが散りばめられたゴージャス感のあるビジュアル。そんな豊かなデザイン性とともに深みのあるレッドも、落ち着いた大人の風格を香らせています。

チェーンを2重に短くして上の方で持つと、軽快さが際立ちます。

ベルベット地をベースに透け感のあるプリーツ状のレースをあしらった黒のドレススタイルに合わせると、上品で女性らしさが香るエレガントな装いが完成します。クラシックかつエレガントな中にも、スタッズ使いで切れのいいデザインの存在感が光って、迫力と華やぎ十分なドレスアップに。ラグジュアリーなバッグが装いの主役となり、大人の余裕が感じられるスタイルが完成します。

ビジュアル映え抜群なヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグを解剖

ではこの華やぎ力パーフェクトなバッグの細かなディテールをクローズアップしてご紹介します。

女性らしいデザイン×ロックスタッズという甘辛ミックスが新鮮。バッグ/モデル分と同じ

チェーン無しでクラッチとしても使える万能2WAY

クラッチになるとよりクラシックな印象が高まって、洗練された雰囲気に。

裏側にまでスタッズがあしらわれて凝ったつくりに

ちらっと裏側が見えたときにもスタッズ使いがキラッと輝くと華やかさが倍増します。

華やかなシーンの着こなしはもちろん、あえてデニムなどカジュアルな装いに合わせてもこなれたムードに。愛らしいフォルムが目に入ると、持っているだけで気分が上がるアイテムといえます。何かとイベントが多い秋、お出かけのパートナーとなるバッグをリニューアルして、スタイリングを旬の表情にアップデートしましょう。 

※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
水田 学(NOSTY/人物)、池田 敦(パイルドライバー/静物)
MOVIE :
玉井義隆、藤本貴士(CHUM)、山口祐時(MEETING)
STYLIST :
大西真理子
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
高橋里奈
EDIT&WRITING :
佐野有紀