そのクラシックな外観が街のシンボルとなっている、日本橋高島屋と三越日本橋本店。この2つの老舗百貨店がそうであるように、伝統を踏まえたハイクオリティなモノやサービスで暮らしに夢を与えてくれる…そんな気風が、日本橋という街にはあふれています。

再開発の途上にある近年、日本の伝統美をベースにしたハイセンスな商店や、コレドなどの商業施設が続々と誕生しており、「本物」を知る大人を満足させてくれる街として、今まで以上に訪れる人が増えそうな街でもあります。

本記事では、そんな日本橋や三越前周辺を訪れた際に、是非立ち寄っていただきたいおすすめのレストランを、まとめてご紹介します。プレステージなレストランの予約を得意とする『一休.comレストラン』における口コミでの評判が高いお店と、この『Precious.jp』に掲載されたレストランを合わせて22軒です。

【目次】

ランチが人気|日本橋・三越前レストラン


【1】広東料理 センス/マンダリン オリエンタル 東京|中華

日本橋、三越前界隈を代表するラグジュアリーホテル「マンダリン・オリエンタル東京」の37階に店を構える、星獲得のレストラン「広東料理 センス」。著名な空間クリエイター・小坂 竜氏が手掛ける内装はシックかつモダン、それでいて、チャイナドレスを纏った女性のようにゴージャスでセクシーなムードを醸しています。

空間を特徴づけているのは、色とりどりの中国のガラス細工を飾ったガラスケースのような柱。宝石のように浮かび上がる様は中国の豪奢なジュエリーショップを思わせ、優美で艶っぽい印象を与えます。一面に取られた窓の外にはパノラミックな東京の眺望が。夜には宝石のようにまたたき始め、空間は一層華やぎを増していきます。

テーブルを彩るのは、独特のスパイス香る伝統の広東料理をはじめ、中華の豪華食材をふんだんに使用しながら自由な発想で仕立てる独自の一皿。コース料理は一品ずつ各自にサーブされるスタイルなので、ラグジュアリーなムードそのままに、モダンな世界観を堪能することができます。また、極上の點心を好きなだけいただける、週末のランチタイム限定の飲茶も人気です。

人気のランチプランは【週末限定】中国茶付、北京ダックや高級海鮮を使ったプレミアムな逸品に20種に及ぶ点心をお好きなだけ 13,165円」。點心師が確かな技術とセンスで作り上げる點心を好きなだけいただける、週末のランチ限定の飲茶プランです。

メニューはたとえば「上海蟹小龍包」や「豚肉と海老 ニラの蒸し餃子」といった定番から「トリュフと卵白の蒸し餃子」といった独創的なものまで、さらに北京ダックなど、いずれも最高級の食材を使用した本格派の味を、バラエティ豊富にいただけます。

問い合わせ先

  • 広東料理 センス/マンダリン オリエンタル 東京
  • 営業時間/11:30~14:30、土日祝/11:00~15:00 17:30~22:00
    定休日/なし
    予算/ランチ 8,000円~9,999円 、 ディナー 15,000円~19,999円
    席数/70席(個室2室・セミプライベート1室)
    喫煙可否/全面禁煙
    住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京37F

広東料理 センス/マンダリン オリエンタル 東京 の詳細・Web予約はこちら >>

【2】マンダリンバー/マンダリン オリエンタル 東京|バー

同じく「マンダリン・オリエンタル東京」37階、広東料理とフレンチの2つのメインダイニングの中央に位置するのが、「マンダリンバー」です。心地の良いソファに身を預け、抜き抜けの天井まで伸びる巨大な窓の向こうに見渡すのは、高層階からの東京の絶景。日々の忙しなさから遠く離れた非日常のムードに、心が躍ります。

インテリアデザインを手掛けるのは「広東料理 センス」同様、小坂 竜氏。日本建築の美意識を感じさせる黒檀の土壁にシルバーの格子を融合させたメインバーは極めてモダンでスタイリッシュ、大人の街として再び脚光を浴びる日本橋にふさわしい面持ちで迎えてくれます。

この洗練の空間をより華麗に彩るのは、国内外のカクテルコンテストで輝かしい受賞歴を残すバーマネージャー栗原幸代氏がふるまう、30種以上のオリジナルカクテル。ワインセラーでは5000本以上のワインが出番を待ちます。同フロアにある広東、フレンチの両星付きレストランのシェフが監修する北京ダックやバーガーといった独創的なメニューとともに、魅惑のひとときを演出してくれます。

おすすめのランチプランは「マンダリンバーにて特製バーガーにポテト&サラダをお付けして!! 1ドリンク付 3,200円」。ビール、ワインを含む1ドリンク付きで、メインにクラシックチーズバーガー、またはクラブサンドイッチか小麦不使用のビーガンバーガーを選べるプランです。

問い合わせ先

  • マンダリンバー/マンダリン オリエンタル 東京
  • 営業時間/11:30~23:00
    定休日/なし
    予算/ランチ 3,000円~3,999円
    席数/60席
    喫煙可否/分煙
    住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京内 37F

マンダリンバー/マンダリン オリエンタル 東京 の詳細・Web予約はこちら >>

【3】Farsi Largo!(ファルスィ ラルゴ)|イタリアン

Farsi Largo!
Farsi Largo! 情報提供:一休.com

三越前駅より徒歩3分、コレド室町ほど近くの裏路地にひっそり店を構えるイタリアンレストラン「Farsi Largo!(ファルスィ ラルゴ)」。店内は12席とこじんまりとしており、地下にある隠れ家といった落ち着いた雰囲気が心地よく、ゆったりと食事のひとときを堪能することができます。

シェフの辻 秀永氏は、2ッ星店をはじめとした本場イタリアの多くのレストランで経験を積み、帰国後も都内名店で腕を奮いつつ『TVチャンピオン イタリアン料理選手権』で優勝するなど、メディアやコンクールでの活躍も目覚ましい気鋭の料理人。店名の「farsi largo!」=“自分で道を切り開く”にも、氏の力強い意志が表れているかのようです。

Farsi Largo!
Farsi Largo! 情報提供:一休.com

そんなシェフが繰り出すのは、北イタリアの伝統料理をベースにしながら、独自の感覚で昇華した洗練の一皿。食材にこだわり、たとえば肉はヨーロッパや日本各地の厳選のもの、魚は焼津港から直送する鮮魚、野菜は船橋の契約農家が無農薬で育てたイタリア野菜といった具合に厳選し、経験に裏付けられた確かな技で、素材の魅力を最大限に生かしきります。

料理と相性抜群のワインも、イタリア各地のものをボトル600円から豊富に取りそろえ。3種類3800円からのペアリングコースも用意されています。

おすすめのランチプランは「【イタリア産スパークリング付】リニューアル記念限定プラン!3種より選べるメイン&パスタなど贅沢全7品 7,008円」。パスタとメインはそれぞれ3種類の中から好きなものをチョイス。たとえばパスタは「自家製カラスミのスパゲッティーニ」や「イタリア産サマーポルチーニのリングイネ」、または「本日の自家製手打ちパスタ」。メインの一例は「焼津港より本日の鮮魚料理」、「ニュージーランド産仔羊のソテー」、「スペイン産栗豚肩ロースの炭火焼」などで、こだわりの食材を存分に堪能できます。

問い合わせ先

  • Farsi Largo!
  • 営業時間/11:30~15:00、18:00~23:00
    定休日/隔週土曜日・日曜日
    予算/ランチ 2,000円~2,999円 、 ディナー 6,000円~7,999円
    席数/12席
    喫煙可否/全面禁煙
    住所/東京都中央区日本橋本町1-4-3 B1F

Farsi Largo! の詳細・Web予約はこちら >>

【4】なだ万 シャングリ・ラ ホテル 東京|和食

東京駅に隣接し、日本橋駅からも徒歩4分と、アクセス至便なロケーションに位置する「シャングリ・ラホテル東京」。その29階にあるのが、「なだ万 シャングリ・ラ ホテル 東京」です。

1830年創業の老舗和食グループが、東京駅前を代表するラグジュアリーホテルの中で展開するのは、日本と日本料理の美しさを体感できる空間。エントランスを彩る桜のイメージは店内へ進むと森林へと変化し、日本の四季や自然をひと続きで表現しています。この美しい意匠は香港のデザイナー、アンドレ・フーによるもので、「海外から見た日本」がテーマになっているそう。世界中から注目を集める日本の伝統美を、モダンな観点から堪能することができます。

この美空間でいただけるのは、日本特有の四季折々の素材でつくり上げる、目にも鮮やかな本格懐石。また、鉄板焼ルームや寿司カウンターが併設されており、ラグジュアリーなムードを一層演出するとともに、さらに幅広く和食を楽しめるようになっています。

今やユネスコ無形文化遺産にも登録されている日本食。その真髄を一つ所で堪能できるのも、老舗和食店と世界的なラグジュアリーホテルが一体となってサービスを提供する、こちらの店ならではと言えるでしょう。

人気のランチプランは「寿司、鉄板焼、懐石、お好きなセットをお選びいただけるランチ スパークリングワイン付! 8,198円」。寿司セット、鉄板焼セット、懐石セットの中から予約時に好きなものを指定できるプランです。一例としてある日の寿司セットは、先付(青菜浸し)、ミニサラダ、握り寿司8貫(とろ、赤身、白身、貝類、蛸、海老、卵、野菜)、小鉢丼(いくら)、炙り寿司(金目鯛、光物)といった内容になっています。

問い合わせ先

  • なだ万 シャングリ・ラ ホテル 東京
  • 営業時間/11:30~14:00 17:30~21:30、日祝/17:30~21:00
    定休日/なし
    予算/ランチ 8,000円~9,999円 、 ディナー 12,000円~14,999円
    席数/116席(個室2室)
    喫煙可否/全面禁煙
    住所/東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館 シャングリ・ラ ホテル 東京29F

なだ万 シャングリ・ラ ホテル 東京 の詳細・Web予約はこちら >>

【5】中国料理 小楠国|中華

中国料理 小楠国
中国料理 小楠国 情報提供:一休.com

日本橋駅より徒歩2分の好ロケーション、ビルの地下にひっそりと店を構える「中国料理 小楠国」。白を基調とした店内は明るくクリーンな印象で、臨場感あふれるオープンキッチンが、心地良い活気を添えています。

より落ち着いた雰囲気の個室や半個室も用意されており、様々なシーンで活用が期待できそうです。テーブルに並ぶ中華ならではのゴージャスかつ親しみやすい料理の数々に、会話にも花が咲くこと請け合いです。

中国料理 小楠国
中国料理 小楠国 情報提供:一休.com

こちらは、かつて銀座に店を構えた「上海小南国 銀座店」を受け継ぐ上海料理店。本場上海の有名店を源流に持つ本物の味を、ここ日本橋で展開しています。オープンキッチンで腕を奮うのは、有名店を渡り歩いた日本人シェフ。その技術を様々な形で楽しめる飲茶コースや、「フカヒレの姿煮込み」や「名物の上海ダック」といった逸品料理ばかり集めた贅沢なコースなど、日本人シェフならではの繊細さも加えつつ、本場のDNAを感じさせる本格派な一皿を提供してくれます。

おすすめのランチプランは「【1ドリンク付】名物 上海ダックをはじめ、点心4種類、デザート2種類など全7品!一休限定飲茶ランチ 3,000円」。自慢の逸品「名物の上海ダック」をはじめ、蒸し点心二種(小籠包と海鮮焼売)、焼き点心二種(春巻きと焼き餃子)、さらにデザート二種(杏仁豆腐、ゴマ団子)などなど、飲茶をいろいろ楽しめる、欲張りな女性も大満足のプランです。

ジャスミン茶や菊花茶など、中国銘茶も好きなものを選べます。

問い合わせ先

  • 中国料理 小楠国
  • 営業時間/11:00~15:30、17:00~23:00
    定休日/祝日、日曜日はランチのみ営業 ※祝日、日曜のディナーは宴会予約のみ
    席数/45席(個室3室)
    喫煙可否/分煙(個室のみ喫煙可 ※喫煙スペースあり)
    住所/東京都中央区日本橋1-16-3 木村ビルB1

中国料理 小楠国 の詳細・Web予約はこちら >>

【6】アンジェロコート東京|イタリアン

アンジェロコート東京
アンジェロコート東京 情報提供:一休.com

東京駅八重洲中央口よりすぐ、日本橋駅からも徒歩5分の好立地、八重洲通り沿いに佇むイタリアン「アンジェロコート東京」。昭和初期に建てられた建物を利用したというそのクラシックな外観が、大きな通り沿いでもひと際印象的です。

エントランスで迎えくれる太陽のモチーフとオリーヴの木は、イタリアでもっとも南に位置する島・シチリアをイメージしたもの。そう、こちらは、シチリアの郷土料理をベースにしたモダンイタリアンをいただけるレストランなのです。店内は広々としており、洗練の中に明るさと開放感を存分に感じさせてくれます。そこはまるで都心のシチリア。陽光あふれるシチリアのイメージが、この空間に表現されています。

アンジェロコート東京
アンジェロコート東京 情報提供:一休.com

一年を通して明るく温暖で、山海の幸に恵まれるシチリア島。一方でこの島は、周辺諸国から侵略を受けた歴史を持っており、その影響のもと、独特の個性豊かな郷土料理が育まれました。

こちらの店でエグゼクティブシェフを務めるのは、シチリア出身のアンジェロ・プミリア氏。シチリアの郷土料理をベースに、シチリアの食材や上質なExヴァージンオリーヴオイルをふんだんに用いて、そして時に日本特有の食材も織り交ぜながら、自由な発想のモダンシチリア料理を展開します。

そしてこちらの店がもう一つのテーマとして掲げるのが、ワインと料理のマリアージュ。シチリアNo.1ワイナリー“プラネタ”のワインをはじめ、そのラインナップは250種。他店ではなかなか味わえない至福のハーモニーを、是非体験してみて。

おすすめのディナープランは「【一休限定】乾杯スプマンテ付!モダンシチリアを楽しむ!魚・肉料理含む全6品 10,120円」。乾杯酒プロセッコからはじまり、たとえばある日なら、一口の前菜、冷前菜「ハーブでマリネした鯵のカルパッチョ カポナータ添え」、パスタ「烏賊とインゲン豆・フルーツトマトのカラマラータ ジェノベーゼ」、魚料理「セモリナ粉をまぶした鮮魚のフリット 枝豆のソース」、肉料理「霧島豚ばら肉で巻いたホワイトアスパラガスのソテー セルバチコのソース」、デザート「クレームダンジュ バナナのジェラートを添えて」と続く、全6品のコースです。

問い合わせ先

  • アンジェロコート東京
  • 営業時間/11:30~15:30、18:00~22:00
    定休日/なし
    予算/ランチ 4,000円~4,999円 、 ディナー 8,000円~9,999円
    席数/100席(個室2室)
    喫煙可否/全面禁煙 ※喫煙スペースあり
    住所/東京都中央区八重洲1-9-9 東京建物ビル1F

アンジェロコート東京 の詳細・Web予約はこちら >>

ディナーが人気|日本橋・三越前レストラン


【1】鮨 そら/マンダリン オリエンタル 東京|寿司

「マンダリン・オリエンタル東京」の38階最上階に店を構える「鮨 そら」。迎えてくれるのは、一面の窓の外に見渡す大きな空と東京スカイツリー(R)を借景に、凛とした空気が満ちる漆黒の空間。その中から、まさに職人の檜舞台といった面持ちで、樹齢350年をこえる尾州檜のカウンターが浮かび上がります。

その静謐さに心が和らぐ御影石の床、瓦素材のタイルをコラージュさせた壁など、モダンでありつつ端正な美しさを伝えるインテリアは、ホテル内の他のレストラン同様、小坂竜氏が手がけたもの。ここ日本橋で生まれた江戸前鮨を堪能する舞台を、見事に整えています。

このわずか8席の美しい舞台で職人が披露してくれるのは、旬のネタを最善の状態で提供する、シンプル・イズ・ベストな江戸前鮨。シンプルと言っても、それは季節に応じて細かに調理法を変えているということであり、たとえば魚のうまみや米の甘味を引き立てるために、赤酢と粕酢を独自にブレンドし、砂糖を一切使わない酢を用いるなど、繊細な手仕事あってこそ実現される「最善」なのです。

そんな絶品の握りとともにいただきたいのは、やはり日本酒。きき酒師厳選の日本酒の中から旬のネタに合う名酒をすすめてくれるので、是非併せて堪能を。ソムリエによるワインの提案も受けられるので、ワイン好きはこちらも楽しんで。

おすすめのディナープランは「【一休限定ディナー】江戸の粋を感じる本格江戸前鮨をホテル最上階で愉しむ グラスシャンパン付きディナー 21,000円」。グラスシャンパン付きで、にぎり鮨(鮪ほか十貫)、巻物など、正統派の味を堪能するプランです。

問い合わせ先

  • 鮨 そら/マンダリン オリエンタル 東京
  • 営業時間/11:30~14:15、17:30~21:15
    定休日/なし
    予算/ランチ 10,000円~11,999円 、 ディナー 15,000円~19,999円
    席数/8席
    喫煙可否/全面禁煙
    住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京38F

鮨 そら/マンダリン オリエンタル 東京 の詳細・Web予約はこちら >>

【2】フレンチファインダイニング シグネチャー/マンダリン オリエンタル 東京|フレンチ

同じく「マンダリン オリエンタル 東京」37階、「フレンチファインダイニング シグネチャー」。長年ミシュランの星を守り続ける、フレンチの名店です。シルバーで統一された店内はモダンそのもの。ゆったりとしたソファに身を委ね見渡すのは、高層階からのパノラミックな眺望。刻一刻と表情を変える東京の街に見惚れているうちに、テーブルには、宝石のように美しいフレンチがサーブされます。それらすべてが一体となって刻む、非日常の時に、心ゆくまで酔いしれましょう。

才能あふれる料理長ニコラ・ブジェマ氏が大切にしているのは、食材を知り敬う精神。フォアグラやラングスティーヌなどフレンチの王道的食材を堪能するメニューはもちろんこと、市場で見つけた旬の食材を取り入れながら、懐石料理のように繊細なコースを展開し、氏が感銘を受けた日本の食材への敬意を表現します。

また、日本産の上質な野菜が主役のベジタリアンコースなど、時代に即したヘルシーな美味を追求し、時代を牽引し続けています。

人気のディナープランは「【一休限定】2グラステイスティングワイン付 ~ミシュラン星獲得の味を37階の夜景とともに 20,217円」。カナッペ、前菜、魚介料理、肉料理、デザートと続く、アートのように美しいコース。それに合わせ、パリの3ツ星レストランで日本人として初めてソムリエを務めた加茂文彦シェフソムリエが、グラスワインを2杯提案してくれます。

お料理の一例は、前菜は「仔牛 豚 フォアグラ 鶏のパテアンクルート 赤ポルト酒のジュレ 季節のコンディメント」または「マグロのタルタル生姜風味 トマトのソルベとシロップ 黒オリーブのジュレ」。魚介料理は「本日の鮮魚のブイヤベース仕立て」、肉料理は「フランス産仔羊とナヴァランのジュ 肩肉のヴォロヴァン 空豆のピュレ」。最後にデザートとして「チョコレートとココナッツのパレット パッションフルーツとマンゴーのソルベ」などが登場します。

問い合わせ先

  • フレンチファインダイニング シグネチャー/マンダリン オリエンタル 東京
  • 営業時間/11:30~14:30、18:00~22:00
    予算/ランチ 6,000円~7,999円 、 ディナー 15,000円~19,999円
    席数/74席(個室 1室)
    喫煙可否/全面禁煙
    住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京37F

フレンチファインダイニング シグネチャー/マンダリン オリエンタル 東京 の詳細・Web予約はこちら >>

【3】櫻川|和食

櫻川
櫻川 情報提供:一休.com

三越前駅より徒歩1分、日本橋三井タワーの2階に店を構える「櫻川」。こじんまりとしたエントランスにかかる暖簾をくぐり進んでいくと、店内は意外ほど広々としており、大きく窓を取ったホール席からは、日本橋室町の街を見下ろすことができます。

開放感のある雰囲気が緊張をほぐしてくれますが、テーブルごとに衝立で仕切られているので、高級和食店ならではのしっとりとしたムードが壊されることはありません。5部屋用意されている個室は、空間をゆったりと使った贅沢なしつらえで、接待や会食にも安心して活用できそうです。

櫻川
櫻川 情報提供:一休.com

テーブルに運ばれるのは、ミシュランも認めた店主の感性を目の当たりにする、美しい懐石。贅を尽くした旬の食材とこだわりの器が一体となって描き出す季節の美しさを、目で、舌で味わう内に、いつしか会話にも花が咲いていることでしょう。

雅な時間の締めくくりに供されるのは、人気のフカヒレあんかけご飯。最後まで余韻たっぷりに楽しませてくれます。

人気のディナープランは「【日本橋で味わう季節の月替わり懐石】お椀、お造り、八寸など目でも愉しむ全7品 10,000円」。一例としてある夏の献立は、突出し「割氷かるかん 蓴菜」、お椀「鱧 冬瓜」、お造り「鮪 烏賊 鯛 ふぐ」、八寸「蒸し鮑 唐墨 イクラ スモークサーモン ローストビーフ」、焼き物「鮎の塩焼きもしくは鮑の酒蒸し」、焚き合わせ「玉ねぎ 一寸豆 南京」、お食事「フカヒレ丼」または「季節のご飯」といった内容。デザートとして「自家製わらびもち」または「季節の和菓子」が供されます。

問い合わせ先

  • 櫻川
  • 営業時間/ 12:00~15:30、18:00~22:00
    定休日/なし(不定休)
    席数/60席(個室5室)
    喫煙可否/分煙(半個室・個室のみ喫煙可)
    住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井タワー2F

櫻川 の詳細・Web予約はこちら >>

【4】ホテルオークラ 中国料理「桃花林」 日本橋室町賓館|中華

三越前駅より直結、YUITO日本橋室町野村ビル3階「ホテルオークラ 中国料理「桃花林」 日本橋室町賓館」。こちらは、「ホテルオークラ」に店を構える老舗を本店に持つ、広東料理店です。

エントランスで出迎えてくれるのは『三国志』の登場人物、関羽の像。かの国の悠久の歴史に思いを馳せるとともに、漂う異国情緒に気分が高揚していきます。

店内は、オークラらしい気品をうかがわせる茶色や黒を基調とした落ち着いたしつらえで、中華らしいモチーフや色彩を加えながら、モダンに仕上げられています。円卓をはじめとしたテーブル席の他、少人数から大人数まで対応可能な個室も完備、オークラならではの品格ときめ細やかなサービスは、重要なビジネスシーンでも大いに活用してくれそうです。

ホテルオークラで愛される広東料理「桃花林」の伝統の味を、ここ日本橋でも。「むし鶏の冷やし肉」や「かにの卵入りふかひれのスープ」など、食材の滋味深い正統派メニューの数々を、カジュアルなランチからフォーマルなディナーまで、幅広くいただくことができます。

食後のデザートにももちろん、本店と変わらぬメニューがお目見え。杏仁豆腐はその濃厚な味わいが人気を集めています。日本最高峰のホテルで愛され続けるクラシックな中華の味、是非一度ご賞味を。

おすすめのディナープランは「【豪華料理×スパークリング付】10,000円(16,514円相当)ふかひれ姿煮込み、北京ダック、イベリコ含む9品 14,450円」。乾杯グラススパークリングワイン付きで、「ふかひれの姿煮込」や「北京ダック」、「蝦夷アワビと大海老の炒め」など、豪華食材を存分に堪能できる、お値打ちプランです。食後にはもちろん、自慢の「濃厚でなめらかな杏仁豆腐府」を!

問い合わせ先

  • ホテルオークラ 中国料理「桃花林」 日本橋室町賓館
  • 営業時間/ 11:00~15:00、17:30~22:00 土日祝/11:30~15:30、17:30~22:00
    定休日/YUITOに準ずる
    予算/ランチ 4,000円~4,999円 、 ディナー 10,000円~11,999円
    席数/72席(個室3室)
    喫煙可否/全面禁煙
    住所/東京都中央区日本橋室町2-4-3 YUITO日本橋室町野村ビル3F

ホテルオークラ 中国料理「桃花林」 日本橋室町賓館 の詳細・Web予約はこちら >>

【5】焼肉DINING GROW(ヤキニクダイニング グロウ)|焼肉

焼肉DINING GROW
焼肉DINING GROW 情報提供:一休.com

日本橋から徒歩2分、東京駅から徒歩5分、日本橋高島屋ほど近くのビル地下1階に潜む「焼肉DINING GROW(ヤキニクダイニング グロウ)」。シャンデリアが幻想的に輝く店内はゴージャスなムードに満ち、テーブル席のほか、よりプライベートな時間を楽しめる完全個室2部屋、半個室3部屋が完備されています。

日本橋で最高級の焼肉をいただくなら、是非とも押さえておきたい評判のお店ですが、焼肉店らしからぬそのお洒落な雰囲気も魅力、パートナーとのデートや記念日のお祝いなどにも活用できそうです。

焼肉DINING GROW
焼肉DINING GROW 情報提供:一休.com

お肉は徹底的に品質にこだわったA5ランクのものが使用されており、幻とも呼ばれる最高級部位・シャトーブリアンをいただくこともできます。また、「特選ユッケ」も人気の逸品のひとつ。「生食用牛肉」の取扱基準を満たしているお店ならではメニューなので、訪れた際には是非ご賞味を。

極上の肉と相性抜群のワインは、常時約200種類が店内のセラーで管理され、いつでも最高の状態で提供されます。

おすすめのディナープランは「【土日祝限定】神シリーズ全種類を堪能できるスペシャルコース 極みコースに2時間飲み放題つきプラン 13,500円」。「神のシャトーブリアン」や「特選ユッケ」をはじめ、「神のタン」、「神の厚切りハラミ」、「神のミスジ」、「神のサーロイン」などなど…極上の肉を意外なほど手頃な価格で味わい尽くせる、見逃せないプランです。

問い合わせ先

  • 焼肉DINING GROW
  • 営業時間/11:30~14:00、17:00~23:00
    定休日/年中無休(年末年始を除く)
    予算/ランチ 4,000円~4,999円 、 ディナー 8,000円~9,999円
    席数/33席(個室5室)
    喫煙可否/時間帯禁煙(ランチ:禁煙 、ディナー喫煙可)
    住所/東京都中央区日本橋3-8-9 日本橋ホリビル地下1階

焼肉DINING GROW の詳細・Web予約はこちら >>

【6】日本橋 OIKAWA(ニホンバシ オイカワ)|和食

日本橋 OIKAWA
日本橋 OIKAWA 情報提供:一休.com

日本橋駅より徒歩1分、路地裏にひっそりと佇むその趣が名店を予感させる、日本料理店「日本橋 OIKAWA」。店主・笈川智臣氏が気さくに迎えてくれる店内には、6席のカウンターを中心に3部屋の個室が配されています。モダンなエッセンスを取り入れた上質な和のしつらえで、ゆとりある空間使いが日本独特の奥深い情緒を感じさせます。

日本橋 OIKAWA
日本橋 OIKAWA 情報提供:一休.com

「京料理 たん熊北店 熊魚菴」などで研鑽を積んだ店主が魅せてくれるのは、築地の鮮魚や京都から取り寄せる京野菜など、吟味した食材で織り成す、季節感あふれる和洋折衷の京懐石。器にまでこだわって、日本の四季の美しさを伝えてくれます。

高級食材をふんだんに使えるのも、毎日自ら築地に足を運び信頼関係を築いてきたからこそ。料理には店主の人柄も投影されているのです。その真摯な姿勢が財界の著名人や政治家をも魅了し、支持を得ています。

おすすめのディナープランは「【先着1組様限定プラン!】カウンター席で店主との会話を楽しみながら頂く厳選食材を使った懐石コース 23,760円」。その日仕入れた食材で構成する、店主おまかせの、10品前後の懐石コースです。先着一組限定という特別感も嬉しいもの。カウンターの向こうで腕を奮う店主の人柄と技、一皿一皿の美しさ…五感で日本料理の魅力を体感しましょう。

問い合わせ先

  • 日本橋 OIKAWA
  • 営業時間/11:30~15:00、17:30~23:00
    定休日/日・祝
    席数/28席(個室3室)
    喫煙可否/分煙(座敷可)
    住所/東京都中央区日本橋2-15-8

日本橋 OIKAWA の詳細・Web予約はこちら >>

個室確約可能|日本橋・三越前レストラン


【1】室町 三谷屋|和食

室町 三谷屋
室町 三谷屋 情報提供:一休.com

三越前から神田方面へ抜ける途上、日本橋室町に隠れ家のように店を構える割烹「室町 三谷屋」。地下への階段を下りるとそこには、白木のカウンターを備えた上質な和の空間が広がります。割烹らしい明るく清潔感のある雰囲気は、老若男女誰もが心地よく感じられるでしょう。

臨場感あふれるカウンター席のほか、接待や会食に適した個室も完備されているので、周辺のビジネスマンには是非押さえておいてもらいたいお店です。

室町 三谷屋
室町 三谷屋 情報提供:一休.com

食材にはとことんこだわり、国産の魚や野菜のみを使用するというこちら。特に九州から直送される高級魚クエ・のどぐろ・甘鯛・きんきなどは、他でなかなかいただけない貴重な味です。そうしたちょっと珍しいものまで、その日一番おいしい旬の食材を用いて丁寧にその味を引き出したお料理は、一品一品、じんわりと季節を感じさせてくれます。

おすすめの個室確約プランは、ランチプラン「【結納・お顔合わせに】個室確約+食前酒付!縁起の良い食材をふんだんに使用した豪華お祝い会席全9品 11,340円」。

一例としてある日の献立は、食前酒(一ノ蔵・金粉入り)、前菜(いくら柚子風味・槍烏賊茗荷梅肉和え・小茄子田楽)、お刺身(金目鯛・真羽太・皮剥・黒鯵・水蛸)、焼物(連小鯛姿焼き・なめ茸おろし・酢取茗荷・鬼灯)、お浸し(小松菜・花びら茸・黒南瓜・金時草・京人参)、旬の魚料理(草河豚唐揚げ・赤万願寺唐辛子・伏見甘長唐辛子)、温物(銀鱈酒蒸し・白菜・椎茸・時雨大根)、酢の物(車海老・帆立貝・あおさ海苔)、お食事(赤飯・香の物)、お椀(蛤のお吸い物)、甘味(紫芋ムース・無花果・津軽林檎)。

問い合わせ先

  • 室町 三谷屋
  • 営業時間/11:30~13:30、17:30 ~ 23:00
    定休日/日・祝および年末年始
    予算/ランチ 4,000円~4,999円 、 ディナー 10,000円~11,999円
    席数/19席(個室2室)
    喫煙可否/全面禁煙 ※店舗入り口前に喫煙所あり
    住所/東京都中央区日本橋室町4-3-10 秀永日本橋室町ビルB1F

室町 三谷屋 の詳細・Web予約はこちら >>

【2】SAMURAI dos Premium Steak House(サムライ ドス プレミアム ステーキ ハウス)|ステーキ

SAMURAI dos Premium Steak House
SAMURAI dos Premium Steak House 情報提供:一休.com

東京駅八重洲北口・日本橋口よりすぐ、日本橋駅からも徒歩5分という絶好のロケーションにそびえる鉄鋼ビルディング南館の地下1階、高級感のあるエントランスが迎えてくれる「SAMURAI dos Premium Steak House(サムライ ドス プレミアム ステーキ ハウス)」。

照明を落とした落ち着いた雰囲気の中に、兜や矢など和のモチーフを散りばめた店内は、まるで日本への憧憬を形にしたような絢爛な世界。全14室の完全個室スタイルで、桜が咲き乱れる部屋や竹をデザインした部屋など、各部屋にそれぞれ異なる意匠が施されています。

贅沢な和モダンの個室空間は接待などにも最適、海外からのゲストにも喜ばれること必至です。

SAMURAI dos Premium Steak House
SAMURAI dos Premium Steak House 情報提供:一休.com

こちらで堪能できるのは、シェア1%の希少牛とワインとのマリアージュ。使用されるUS産ブラックアンガス牛は、成長を促すホルモン剤など一切使用していない「ホルモンフリー」で、熟成させてさらに旨みを引き出します。

食べごろとなった肉を厚切りにし、1時間かけて低温でじっくり焼き上げたステーキはまさに絶品、厳選ワインと極上のハーモニーを奏でます。

おすすめのプランは、ランチプラン「【個室確約】乾杯ドリンク付!特選牛ヒレをメインに楽しめるワンプレートランチ<平日限定> 3,800円」。乾杯のスパークリングから始まり、自慢の「特選ホルモンフリー牛フィレステーキ」や「有機野菜を使ったたっぷり酵素サラダ」、「北海道きたぴりかともち麦ごはん」または「刻みオリーブと釜揚げしらすごはん」など、贅沢に楽しめるランチ御膳です。

問い合わせ先

  • SAMURAI dos Premium Steak House
  • 営業時間/11:30~15:00、15:00~23:30
    定休日/土・日・祝日のディナーは予約時のみ営業
    予算/ランチ 5,000円~5,999円 、 ディナー 10,000円~11,999円
    席数/14席 全席完全個室(2名様用~10名様用)
    喫煙可否/分煙(個室内禁煙 ※店内に喫煙ブースあり)
    住所/東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング 南館 B1F

SAMURAI dos Premium Steak House の詳細・Web予約はこちら >>

【3】八重洲大飯店|中華

八重洲大飯店
八重洲大飯店 情報提供:一休.com

日本橋駅と東京駅、両駅から徒歩3分、北京料理の老舗「八重洲大飯店」。始まりは東京駅前の小さな料理屋さん。昭和42年に現在店を構える日本橋三丁目に移転し北京料理店としてリニューアル、昭和初期に伝わった清朝宮廷料理人の技法を今に継承しています。

店内一階には樹齢300年の栗の木がそびえ、古い建材ならではの風情を醸しています。各フロアはそれぞれ異なる雰囲気を持っており、たとえばこの店がジャズ喫茶だったころの面影が残るフロアもあったりと、そこかしこに刻んできた歴史の跡が見られます。

個室は最大80名対応可能なものまで全14室、老舗ならではのゆったりとした時間が流れる室内で円卓を囲んだら、自然と心も和みそうです。

八重洲大飯店
八重洲大飯店 情報提供:一休.com

中華料理といえばその圧巻の歴史ですが、その技術の粋が集中したのが、首都・北京。そこから世界中へ伝播しながらも、習得するには長い時間が必要で、一流の調理人が育ちにくいと言われています。

この「八重洲大飯店」で腕を奮うのは、開店以来のベテランスタッフたち。長い修練の末に到達した技と現代的な応用を融合し得る、貴重な店と言えるでしょう。刻んだ時に比例するように、グランドメニューの品数はなんと約100種類を誇り、加えて隔月でその時季の素材を用いた「おすすめの一品」がお目見えします。

中でも是非賞味したいのが、開店以来愛され続ける「鶏煮込みそば」。疲労快復に効く胸肉を使用した濃厚な味わいの逸品で、宴会コースの最後を飾るトリとしても登場します。

個室確約のおすすめは、ディナープラン「【ゆり】個室確約 ふかひれなど高級食材を使用した全7品に2時間飲み放題付! 12,355円」。たとえば「最高級よしきり鮫のふかひれと三種のとろみスープ」や「あわびのクリームソースあえ」など、中華の高級食材を使ったメニューを、ビールやワイン、老酒を含むフリードリンク付きで贅沢にいただけます。もちろん〆には、創業以来の逸品「特製鶏の煮込みそば」が提供されます。

問い合わせ先

  • 八重洲大飯店
  • 営業時間/11:30~22:30
    定休日/日曜日・祝日
    予算/ランチ 4,000円~4,999円 、 ディナー 6,000円~7,999円
    席数/300席(個室14室)
    喫煙可否/分煙( 1階:全面禁煙、個室:喫煙可)
    住所/東京都中央区日本橋3-3-2 1F

八重洲大飯店 の詳細・Web予約はこちら >>

コレド日本橋&コレド室町内のおすすめレストラン


【1】Restaurant Sant Pau(レストラン サンパウ)|スペイン料理

Restaurant Sant Pau
Restaurant Sant Pau 情報提供:一休.com

日本橋駅より徒歩3分、コレド日本橋に隣接するAnnex館に店を構える「Restaurant Sant Pau(レストラン サンパウ)」。こちらはミシュラン東京にも掲載される、スペイン料理の名店です。

本店があるのはスペイン、カタルーニャ地方。地中海貿易の拠点として古くから異文化を受容してきたこの地には新進的な気風が育まれ、ダリやミロなど、前衛的なアーティストを多く輩出してきました。

この東京店の店内壁面にも現代的な絵画が飾られ、シックにまとめられた空間に、スペインらしいスタイリッシュな感性を添えています。

Restaurant Sant Pau
Restaurant Sant Pau 情報提供:一休.com

バルセロナ郊外の街、サン・ポル・デ・マル。海沿いの自然の恵み豊かなこの地で発展したのは、海の幸、山の幸をふんだんに取り入れた、独特の郷土料理。そこには自由なカタルーニャの気質も反映されているのか、肉や魚の料理にフルーツを合わせるなどちょっと意外な料理も。けれどそれは奇をてらったわけではなく、ただただ恵みに感謝し、素材の味をよりおいしく表現したに過ぎないのです。

この伝統に基づいた、目にも美しい芸術的な料理が「サンパウ」の持ち味。サン・ポル・デ・マル本店のスタッフや本場の食材をここ東京に結集させ、現地と変わらない繊細な一皿を完璧に再現し、いつ訪れても新鮮な驚きを与えてくれます。

おすすめのプランは、ランチプラン「【平日限定ランチショートコース】 前菜、メイン、デザートで8,316円!」。 ランチ、ディナーとも、通常は本店と全く同じ構成で約3時間かけてゆっくりと楽しむのが基本なのですが、東京店のためにシェフのカルメ・ルスカィエーダ氏が特別にプロデュースしたショートコースがこちら。一口前菜、前菜、メイン、デザート、お茶菓子3品を、一時間程度で楽しめます。

メニューは当日決まりますが、一例として、アペリティーヴォ「塩漬け真鱈のクロケッタ」、「手亡豆のタコスとブティファラ」、「チーズとオリーブのタルト」、前菜「ブティファラ:枝豆のアイス、じゅんさい、ミントと三つ葉のスープ」、肉料理「地鶏の冷製:ウイキョウ、冬瓜、アピオス」、デザート「ニセアカシア:白桃のマリネ、アールグレイティー」といった内容です。

問い合わせ先

  • Restaurant Sant Pau
  • 営業時間/11:30~15:30、土日祝/12:00~15:30 18:00~24:00
    定休日/月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日振替休)
    予算/ランチ 10,000円~11,999円 、 ディナー 20,000円~
    席数/レストラン50席、バー30席(個室1室)
    喫煙可否/分煙(ダイニング:全面禁煙、併設のバー:喫煙可)
    住所/東京都中央区日本橋1-6-1 コレド日本橋Annex

Restaurant Sant Pau の詳細・Web予約はこちら >>

【2】鮨 日本橋 鰤門|寿司

鮨 日本橋 鰤門
鮨 日本橋 鰤門 情報提供:一休.com

三越前駅より直結、コレド室町4階に店を構える「鮨 日本橋 鰤門」。高級店と言えど、気負わず鮨店の醍醐味を堪能できるよう工夫されているのが、こちらの店の魅力です。店内は全体的に白木がベースとなっており、清潔で明るいお寿司屋さんのイメージをそのままに体現しています。

鮨店の顔とも言えるカウンターは檜を使った正統派。さらに、握りの所作や職人との会話といった楽しみを心地よく享受できるよう、相手との距離感や台の高さまで配慮された造りになっているのだそう。そして2部屋用意されている個室からも、半透明のガラス壁ごしに、カウンターのライブ感を共有出来るようになっているのが、なんとも画期的です。

老舗立ち並ぶいかにも日本橋らしいこの界隈にあって、鮨店の魅力を再発見させてくれるお店です。

鮨 日本橋 鰤門
鮨 日本橋 鰤門 情報提供:一休.com

空間同様に、供されるお寿司もあくまで正統派の本格江戸前鮨。ネタが本来的に持つ美味を最重視し、酢飯やわさびに至るまでネタとの調和が徹底的に追求されています。そのこだわりがわかりやすく表れているのは、たとえば醤油。ネタに合わせて3種類が用意されており、店の真摯な姿勢を物語ります。

一方で新たな試みも。鮨といえば併せて飲むのは日本酒ですが、こちらの店では、シャンパン・ワインとのペアリングを提案しているのが特徴です。シャンパン・白ワイン・赤ワイン、それぞれひとつずつ鮨との相性を確かめ厳選、計50種以上がラインアップされています。

おすすめのプランは、ディナープラン「鰤門 華 14,850円」。前菜(4品)、お造り、焼物、握り(11貫)のコースです。日本が世界に誇る鮨の正統派なおいしさを、この機会にじっくり堪能してみては。

問い合わせ先

  • 鮨 日本橋 鰤門
  • 営業時間/11:00 ~ 15:00、17:00 ~ 23:00 土日祝/11:00~15:30、17:00~23:00
    定休日/なし
    予算/ランチ 5,000円~5,999円 、 ディナー 12,000円~14,999円
    席数/25席(個室2室)
    喫煙可否/全面禁煙
    住所/東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町4階

鮨 日本橋 鰤門 の詳細・Web予約はこちら >>

【3】LA BONNE TABLE(ラ・ボンヌターブル)|フレンチ

LA BONNE TABLE
LA BONNE TABLE 情報提供:一休.com

徹底して食材を重視する西麻布の名フレンチ「レフェルヴェソンス」。その世界観をより気軽に楽しめるのが、コレド室町2の1階に入るカジュアルフレンチ店「LA BONNE TABLE(ラ・ボンヌターブル)」です。そうしたコンセプトを反映するように、店内はウッドがベースのナチュラルなデザインになっており、空間に満ちる木の温もりが心をホッとほぐしてくれます。

調理の様子や音、匂いをそのままに感じられるオープンキッチン、オブジェのように並ぶ野菜や野菜のリキュール漬けの瓶、大きな窓から差し込む自然光…そこはまるで北欧のキッチンのようで、家庭的な光景が寛ぎを演出し、同時に食材や料理に対する安心感を与えてくれます。

LA BONNE TABLE
LA BONNE TABLE 情報提供:一休.com

こちらの店をプロデュースするのは「レフェルヴェソンス」のシェフ・生江史伸氏。そして同店オープン時より在籍しスーシェフとして活躍した中村和成氏がキッチンで腕を奮い、本店のフィロソフィー、つまり、食材への敬意を込めたフレンチを継承します。

メニューの中心となるのは、自然の営みに逆らわない、その時季の旬に沿った料理。用いられるのは、千葉のエコファームアサノや石川の高農園、長野のアトリエ・ノマド、広島の梶谷農園など、全国のこだわりある生産者から届く体に良い食材だけ。斬新な感覚で仕上げる彩りの一皿には食材本来の魅力が凝縮されており、生産者の想いをより身近に感じさせてくれます。

おすすめのプランは、ディナープラン「【シェフおまかせ&乾杯スパークリング付】中村シェフの独創性が詰まった新生フレンチを贅沢にご堪能 10,000円」。たとえば、スイカ、木の芽、錦糸瓜をあしらった「鮎のコンフィ」や、焼き茄子、胡瓜、梅、紫蘇、野生の胡椒とともに仕上げる「石黒農場 ホロホロ鳥のロースト」など、その日一番の旬の食材を使った、シェフお任せのコースです。

食後に供されるのは、産地・焙煎にこだわったコーヒー。どこまでも徹底して、店のテーマが貫かれています。

問い合わせ先

  • LA BONNE TABLE
  • 営業時間/11:30~15:00、18:00~23:00
    定休日/8月6日、27日、9月10日、25日
    予算/ランチ 3,000円~3,999円 、 ディナー 8,000円~9,999円
    席数/51席
    喫煙可否/全面禁煙 ※コレド内に喫煙所あり
    住所/東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 1F

LA BONNE TABLE の詳細・Web予約はこちら >>

『Precious.jp』掲載の日本橋・三越前レストラン


【1】水戯庵|和食

三越前駅よりすぐ、福徳神社に隣接し広がる憩いの空間・福徳の森内にある「水戯庵(すいぎあん)」。こちらは能、雅楽、狂言など日本の伝統芸能を日替わりで上演する劇場型レストランで、「アートアクアリウム」を手掛けたアーティスト・木村英智氏が、ライフワークである伝統文化の継承の集大成として立ち上げました。フロアの中央には、狩野派の絵師による老松を背景にした能舞台が設置されており、その周りを囲むように、ラウンジスタイルやテーブル、バーカウンターなど、さまざまなシートが配されています。

料理はランチ、ディナーともコースが用意されており、江戸前寿司(赤酢)、大阪寿司(米酢)、茶巾寿司、水出し玉露、先付、汁物、玄米茶、菓子という流れで、東西の味を食べ比べできるのも面白いところ。ひとつのコースの中で、江戸前寿司処「すし栄」の寿司、京都「福寿園」のお茶、「老松」や「亀末廣」の甘味など、老舗の味を少しずつ楽しめる、なんとも贅沢な内容になっています。

気軽に日本の「本物」に触れることができる見逃せないスポットです。自分で楽しむのはもちろん、海外からのゲストにも喜ばれそうですね。

問い合わせ先

  • 水戯庵
  • TEL/03-3527-9378
    住所/東京都中央区日本橋室町2-5-10?B1F

水戯庵 に関するPrecious.jpの記事を読む >>

【2】オリエンタルラウンジ/マンダリン オリエンタル 東京|ラウンジ

三越前駅より直結のラグジュアリーホテル「マンダリン・オリエンタル東京」より、おすすめを2軒ピックアップします。

まずは38階にある「オリエンタルラウンジ」。内装はシックなイメージで大人らしい落ち着きに満ちており、一面の大きな窓の外に広がる皇居をはじめとした都会の眺望が華やぎを添えています。富士山を見ることもできる日中もおすすめですが、圧巻なのは、夕方から夜にかけて。ガラスの向こうで刻一刻と表情を変える街は類まれな美しさで、陽が落ちるとやがて室内の暖炉に灯が灯り、より一層ムーディーな雰囲気に包まれます。

こちらで是非いただきたいのがアフタヌーンティー。ひとつひとつ丁寧につくられる可憐なセイボリーやスイーツが3段のスタンドを彩り、ひとときの寛ぎの時間を、より優雅に演出してくれます。

問い合わせ先

  • オリエンタルラウンジ/マンダリン オリエンタル 東京
  • 営業時間/8:00~24:00
    予算/平日/4,500円~、 土日祝/4,800円~
    住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京38F 

オリエンタルラウンジ/マンダリン オリエンタル に関するPrecious.jpの記事を読む >>

【3】地中海料理 ヴェンタリオ|ブッフェ

続いてご紹介するのは、開放感あふれる空間でブッフェを楽しめる「地中海料理 ヴェンタリオ」。こちらのレストランがあるのは、ホテル2階の広々したアトリウム。抜き抜けの天井まで伸びる大きな窓から自然光がたっぷり注ぎ込み、都会のオアシスのような明るくゆったりとしたムードに満ちています。

人気のランチブッフェでいただけるのは、ギリシャ、イタリア、ポルトガル、スペインなどの地中海諸国の料理。オーダーしてからシェフがつくるできたてアツアツのパスタとパエリアなど、多彩に展開されるメニューは各国を旅行しているような気分になれるほど。

明るい太陽と豊穣の大地に育まれた野菜やナッツ、オリーブオイル香るお料理の数々は爽やかな空間ともぴったりマッチし、心身ともにリフレッシュさせてくれます。もちろん、季節のフルーツをふんだんに使った色鮮やかなデザートもたくさん用意されているので、別腹もしっかり満足させましょう。

問い合わせ先

  • 地中海料理 ヴェンタリオ
  • 営業時間/11:30 ~14:30、17:30 ~21:00 土日祝/11:00 ~16:00、17:30 ~21:00
    予算/平日/3,500円~、 土日祝/4,400円~
    TEL/0120-806-823
    住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京2F

地中海料理 ヴェンタリオ に関するPrecious.jpの記事を読む >>

【4】日本橋 海鮮丼 つじ半|和食

都内屈指のオフィス街でもある日本橋界隈。オフィスワーカーで賑わう繁華街の一角でひと際人気を集めているのが、海鮮丼専門店「日本橋 海鮮丼 つじ半」です。和の情緒漂うエントランスにランチ時は行列が絶えず、街の名物ともなっています。

看板メニュー「ぜいたく丼」は、その名の通りボリューム満点。まぐろのたたきをベースに他の具材を混ぜ、立体的に縦長に盛り付けられているのが特徴的で、そのインパクト大なビジュアルは、SNS映えも必至です。

さらにそれだけでは終わりません。丼を食べたあとはちょっとご飯を足してもらい、別添えで来るごま醤油がけのたいの刺身と鯛のだし汁をかけて「たい茶漬け」としてもいただけるのです。ひとつのメニューで二度楽しめる、なんとも「ぜいたく」な海鮮丼です。

問い合わせ先

  • 日本橋 海鮮丼 つじ半
  • 営業時間/11:00~21:00、土日祝/11:00~21:00
    定休日/お盆・年末年始
    TEL/03-6262-0823
    住所/東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル 1F

日本橋 海鮮丼 つじ半 に関するPrecious.jpの記事を読む >>

※本記事で紹介したプランの価格はすべて税込です。
※本記事は2018年8月10日(金)時点での情報をもとに作成しています。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。