秋におすすめの大人の女性のグレーコーデをピックアップ!グレーのトップスや、グレーカーディガン、グレースカートなどのコーディネートのお手本を、一挙にご紹介します!

【目次】

グレートップスを使ったコーデ


【1】マルゴンのグレーニット×グレージュスカート

しなやかシルエットで繊細グラデーションにいきいきとした遊び心を
ニット(アオイ〈マルゴン〉)、ブラウス(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、ブレスレット(ケイテン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

淡グレージュのスカートは、イレギュラーなヘムが今らしい一着。同系色のブラウスで縦ラインを強調しつつグレーのカシュクールでアウトラインを引き締めて、スタイルよく見せるのがポイントです。端正なトープのバッグもショルダー使いでどこまでも軽やかさを意識しましょう。

【2】wbのグレートップス×白スカート

清潔感を意識した上品なスカートスタイル
ジャケット・トップス(wb)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バングル(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ジャケットと共布のグレートップスできちんと感をアップ。白のミモレ丈スカートとグレーパールで品よくまとめましょう。

【3】ルイ・ヴィトンのグレーパーカー×白スカート

遊び心たっぷりのパーカを主役にして新しい自分に出会って
パーカー・スカート(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

アトランダムに散らされたLouisVuitton刺しゅうのアルファベットが、前身ごろだけでなく、後ろ身ごろにも! 思わず笑顔になりそうなグレーのスエットパーカーは、詰まった襟元と小粋なフードのバランスも理想的です。白のスカートを合わせ、女らしさを添えて着こなしましょう。

【4】ジョルジオ アルマーニのグレー柄ブラウス×グレーパンツ

ひろくせブラウス
ノースリーブブラウス・ジャケット・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(リンクス オブ ロンドン青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

プレシャスキャリアにとって艶やかなグレーの柄ブラウスは、端正なシャツよりも味方につけたい名脇役です。首元にひとくせあるデザインなら、ジュエリーいらず!

【5】ル ヴェルソーノアールのグレートップス×白ワイドクロップドパンツ

スカート感覚で着こなすワイドクロップドで白を品よく、女らしく!
ジャケット(Theory luxe)、ニット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

圧倒的に白の分量が多い爽やかめのモノトーンを落ち感のあるワイドクロップドで実現。トップスに引き締めカラーを投入するなら、中間色のグレーにするのがコツです。

グレーカーディガンを使ったコーデ


【1】レリアンのグレーカーディガン×ネイビーパンツ

ドロストパンツなら、カーディガンジャケットにも違和感なく溶け込める!
カーディガンジャケット(レリアン)、ノースリーブトップス(レキップ)、パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、ピアス・ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ミチノ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ボトムに今どきのディテールが加わるだけで、スーツのボトムをはいているような堅さはいっさいなし! 上品なグレーカーディガンの持ち味も生かされて、リラックスしたオフィススタイルが叶います。

【2】アリュードのグレーロングカーディガン×白ブラウス

リブ・ロング・ウエストイン計算された縦ラインで細見えスタイルを実現
アリュードのロングカーディガン・ステファノ モルタリのブラウス・アルトのスカート(三喜商事)、ネックレス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、傘(ヴァルカナイズ・ロンドン〈フォックス・アンブレラ〉)、靴(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

カーディガンのカジュアル度を軽減するには、全体をグレーなどを中心とした洗練配色にまとめることがいちばん。ブラウスをボトムインして、縦長シルエットを計算しました。

グレースカートを使ったコーデ


【1】サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロのグレースカート×黒ジャケット

ロングフレアを合わせた旬のバランスを楽しむ
ジャケット・シャツ・リボン・スカート・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ジャケットはダブル合わせながら、前を開けて着ても広がらない秀逸シルエットだから、グレーのフレアスカートと合わせても好バランスに。白シャツ×リボンタイでクラシカルに装いましょう。

【2】グレースカート×トッズの黒靴

この秋流行のひざ下丈スカート×クラシックな男靴で絶妙なこなれ感が!
靴・バッグ『トッズ セラバッグ』・バッグに付けたタッセルチャーム(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

グレーのスカートを際立たせる分厚いカジュアルソールで今どきのボリューム感を印象づける黒のブローグシューズ(飾り穴の施された革靴)。なかでもつま先にM字形に飾り穴を施したウイングチップは、クラシックなモチーフだからこそ、あえてカジュアルな装いに合わせて、こなれ感を楽しみましょう。

【3】ポール・スチュアートのグレースカート×白ブラウス

進化したハイウエストのタイトスカートでスタイルアップを狙う!
スカート(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(セシル・エ・ジャンヌ)、バッグ(和光〈マウロゴベルナ〉)、バッグに巻いたスカーフ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベルト付きのハイウエストスカートは、年齢とともに気になるおなか周りをすっきりカバーしてくれる優れもの。ラップタイプだから、脚さばきもスムーズ。グレースカートには白ブラウスが、仕事にふさわしい緊張感を与えてくれます。

グレーパンツを使ったコーデ


【1】ロロ・ピアーナのグレーパンツ×黒ストール

モノトーンにまとめて辛口に
ストール・ニット・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

グレーチェックのワイドパンツ×淡いグレーのオフタートルとのメンズライクな着こなしには、マントのようにストールを使うことでしなやかな流れをプラス。モノトーンの濃淡に、カシミアの黒とバッグのキャメルが知的なコントラストを添えてくれます。

【2】チノのグレーパンツ×ベージュニット

大人好みのきれいめカジュアルは、脱無難なアイテム選びが勝因に
パンツ(モールド〈チノ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店)、眼鏡(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ファーストール(エストネーション〈ガシュロウ&コール〉)、バングル(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはボディーラインを拾いすぎない、ハリのあるポリエステル×レーヨンの混紡素材。フェミニンなニットとシャープなグレーパンツの組み合わせで、ニュアンスコーディネートを、今どきに更新しましょう。

【3】プルミエ アロンディスモンのグレーワイトパンツ×白ブラウス

ワイドパンツやシルバーの光で白ブラウスを颯爽と着こなす
ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(プルミエ アロンディスモン/NEWoMan新宿)、ブローチ(yoshie inaba)、時計(パテック フィリップ)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル マイケル・コース〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

端正な白のボウタイブラウスを今の気分で着こなしたいときは、グレーのワイドパンツがおすすめです。ペンシルストライプのグレーボトムなら、オーセンティックなブラウスもたちまち新鮮な顔立ちになります。バッグのシルバーチェーンに合わせ、ブローチも時計も色を統一すると、ぐっと洗練された印象に。

【4】カルヴェンのグレーパンツ×ライトパープルブラウス

冬ラグジュアリーを先取るならコクありエレガントな「部分ファー」バック
バッグ『ブリヨン MM』(デルヴォー・ジャパン)、 ブラウス・パンツ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、ベルト(ウィム ガゼット 青山店〈メゾンボワネ〉)、ピアス・ブレスレット(フレッド) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ライトパープルのブラウス+グレーのパンツを、品格バッグが唯一無二のスタイルに高めてくれます。

【5】セブンティのグレーパンツ×白シャツ

カジュアルな着こなしはグレイッシュに導いて凛とした大人の迫力を
ベスト(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シャツ(アオイ〈マントゥ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ピアス・ペンダント・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

カジュアルなモカグレージュのリブ編みニットを知的エレガントに高めるのが、白シャツ+グレーパンツで仕上げたクールグラデーション。着こなしになじむ温かな艶をたたえたブロンズカラーのバッグでさりげなくモード感を添えましょう。

【6】レリアンのグレーワイドパンツ×白ジャケット

コンパクトジャケット×ワイドパンツのメリハリでカジュアル&モードを実践!
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(レリアン)、ブラウス(エストネーション)、ネックレス・ブレスレット(バーニーズ ニューヨーク〈サスキア ディアス〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

今季も引き続き流行のワイドパンツは、主役のジャケットに品よくなじむグレーをセレクト。オレンジブラウスを差し色に加えることで、スーツとは異なる、カジュアル&モードな仕事スタイルが楽しめます。

【7】イレブンティのグレーパンツ×グレージャケット

ロングスカーフ
シルクスカーフ(wb)、ジャケット・パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、シャツ(ブラミンク)、ピアス(ケイテン)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

シンプルなグレーのジャケットパンツのコーデ。インナーの襟元が寂しいときは、ロングスカーフの出番! 首元に大判スカーフでボリュームをもたせると、もっさり見えますが、ロングスカーフなら布地の分量も抑えられて、フェースラインもすっきり見えます。

【8】ベイジのグレーワイドパンツ×白ジャケット

シンプルだけど華やか!大人は堂々とオフィスでカラーパンツ
パンツ(オンワード樫山〈ベイジ,〉)、ニットジャケット・ストール(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ノースリーブトップス(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ボルドリーン セレリア〉)、靴(DESPRÉS丸の内店〈DES PRÉS〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

落ち感が優雅なグレーのワイドパンツだから、カジュアルなカーキもエレガントな雰囲気! ハイゲージのニットジャケットも、仕事では応用力抜群です。

オールグレーのコーデ


【1】ディウカのグレーパンツ×グレーニット

すそを翻し颯爽と着こなしたいオーバーサイズコート×ワイドクロップドの最新コンビ
パンツ(デペッシュモード恵比寿本店〈ディウカ〉)、コート(エンフォルド)、ニット(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ファーストール(ADORE)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のグレーパンツは上質なタスマニアウールを混紡したソフトツイル生地を使用。ハイウエストに深めのタックが新鮮です。コートのボリューム感に負けないボトムの存在感で、流れるような優雅な印象に。質感が微妙に異なる淡いグレーのグラデーションは上級テクニックです。

【2】ブラミンクのグレーニット×グレースカート

トレンドのチェック柄は最愛のグレーで大人っぽい表情を楽しむ
スカート(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、手袋(ヴァルカナイズ・ロンドン〈デンツ〉)、リング(TOMORROWLAND〈ジェニーバード〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴( ブルーベル・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートは英国調のグレーのチェック柄で。カジュアルなフリンジがアクセント。体型に合わせて調整がしやすいラップタイプです。トラッド色の強いスカートだから、ふんわり袖のローゲージニットもグレー系にし、ニーハイブーツでハズすのが正解。丸いレザーバッグも都会的なアクセントになります。