レディース秋のベストコーデまとめ。ファーベストや黒やベージュなど、秋らしい色のベストでつくるおしゃれな着こなしを10選集めました。シャツやニットに重ねて、大人の女性らしい秋の装いを楽しんでみてください。

【目次】

レディース秋のベストコーデ


【1】グレンチェックベスト×ボルドーブラウス×グレーパンツ

【1】グレンチェックベスト×ボルドーブラウス×グレーパンツ
ロングベスト(レリアン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、ネックレス(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(ピエール アルディ 東京〈ピエールアルディ〉)、靴(伊勢丹新宿店〈マローン ソリエ〉) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

先染めのグレンチェックが採用されたマニッシュなベストには、華やかなブラウスを投入して、女らしく仕上げるのが今季の気分です。

【2】ベージュベスト×ブラウンニット×ベージュパンツ

【2】ベージュベスト×ブラウンニット×ベージュパンツ
ロングベスト・パンツ(yoshieinaba)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、首に巻いたスカーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、ストール(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ベルト(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ブーツ(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

このベストは、レイヤードに適したライニング付きだから滑りもよく、たくさん歩く外出先でもストレスを感じさせません。ベストはパンツとのセットアップ展開で、素材はウールストレッチです。

【3】モカグレージュベスト×白シャツ×グレーパンツ

【3】モカグレージュベスト×白シャツ×グレーパンツ
ベスト(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シャツ(アオイ〈マントゥ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ピアス・ペンダント・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

カジュアルなモカグレージュのリブ編みニットを知的エレガントに高めるのが、白シャツ+グレーパンツで仕上げたクールグラデーション。着こなしになじむ温かな艶をたたえたブロンズカラーのバッグでさりげなくモード感を添えましょう。

【4】赤ベスト×赤ニット×赤スカート

【4】赤ベスト×赤ニット×赤スカート
ベスト・ニット・スカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

トレンドの赤をキーカラーに打ち出し、マックスマーラのコレクションのランウェイに登場した、今季らしいコーディネート。異なる質感で赤をレイヤードしたスタイルは、落ち着きのある色味と上質な素材感のハーモニーで洗練を印象づけます。ニットはピュアカシミヤ、ベストはウールカシミヤ、タイトスカートはコットンベルベットです。

秋のファーベストコーデ


【1】ライトグレージュファーベスト×ニット×グレージュスカート

【1】ライトグレージュファーベスト×ニット×グレージュスカート
ベスト(三喜商事〈ペニーブラック〉)、ニット(オルドス ファッション ジャパン)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ サニー〉) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレージュニットにツイードのスカートという上品シンプルな着こなしに、大人好みの迫力を授けるのがグラデーション染めのエコファーベスト。表情豊かな毛足をライトグレージュ系のグラデーションに染め上げたエコファー。天候を気にせず着られるのが魅力です。

【2】黒ファーベスト×黒ニット

【2】黒ファーベスト×黒ニット
タートルニット・ベスト・リング・ブレスレット(ルイ・ヴィトン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

黒タートルニットはウール×シルクの混紡素材で完成したハイゲージニットは、ボディーにしなやかに沿う細身シルエット。さらにリブのピッチに変化をつけることで、華奢で女らしい黒タートルニットスタイルに。ボリュームのあるファーベストは、インナーやボトムと同系色でつなぐなど、重たく見せない工夫が必要です。

【3】グレーファーベスト×グレーブラウス×白ワイドパンツ

【3】グレーファーベスト×グレーブラウス×白ワイドパンツ
パンツ(エンフォルド)、ベスト(アオイ〈マルゴン〉)、ブラウス(キートン)、ヒロタカのピアス・マリハのリング(showroom SESSION)、バッグ(アオイ〈マウロ ゴヴェルナ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツはドレープ性に優れた暖かみあるウール素材。股上が深く、ウエストは高位置で、タックがなくすっきりしています。グリーンのラインがアクセントとなった、シアリングファーのベストとハイウエストのボトムスで、全体をロング&リーンなシルエットに。

【4】グレージュファーベスト×ブラウス×白パンツ

【4】グレージュファーベスト×ブラウス×白パンツ
ベスト(ストラスブルゴ〈マンツォーニ〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、パンツ(ブラミンク)、バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ふわふわの毛並みが豊かな陰影を醸すグレージュのファーベストは、立体感のあるフード付き。ラグジュアリー感のなかに洗練されたスポーティーさが香るのが今の気分です。ライトグレージュのシルクブラウス、エクリュのパンツと下に向かって明るくなるグラデーションで軽快に着こなしましょう。白のハンドバッグで清々しい抜け感も忘れずに。

【5】パープルファーベスト×ベージュニット×グレーパンツ

【5】パープルファーベスト×ベージュニット×グレーパンツ
ベスト(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈エレナ ギゼリーニ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

上部は短く艶やかに、下部は長めにカールさせ、ラムファーの刈り込みと加工の表情を変えたベスト。深いワインカラーとコクーンシルエットがモダンです。ベージュのニットでブライトアップさせましょう。

秋の黒ベストコーデ


【1】黒ベスト×黒ニット×黒スカート

【1】黒ベスト×黒ニット×黒スカート
タートルニット(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ベスト(コロネット〈エアロン〉)、スカート( アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス・リング(ティファニー・ アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

黒タートルニットはベストやジャケットのインナーに着てももたつかない、コンパクトなハイゲージタイプ。難易度の高い黒のワントーンは、素材で変化をつければ黒に奥行きが増して、エレガントであか抜けた印象に仕上がります。