秋のピンクコーデ着こなしまとめ。ピンク系アイテムでつくるコーデや、ベージュ×ピンクの組み合わせコーデ、ピンクベージュのトップスでつくるコーデなど、この秋おすすめしたい女性らしいピンクコーデをご紹介します。大人っぽさの中にさりげない可愛らしさを感じるピンクのアイテムで、この秋のおしゃれも楽しんでみてください。

【目次】

レディース秋のピンクコーデ


【1】ピンクニット×グレースティックパンツ×ファーストール

【1】ピンクパンツ×グレースティックパンツ×ファーストール
パンツ(モールド〈チノ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店)、眼鏡(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ファーストール(エストネーション〈ガシュロウ&コール〉)、バングル(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはボディーラインを拾いすぎない、ハリのあるポリエステル×レーヨンの混紡素材。フェミニンなスモーキーピンクのニットとシャープなパンツの組み合わせで、ニュアンスコーディネートを、今どきに更新しましょう。

【2】ピンク系キュビズム柄オールインワン×バッグ

【2】ピン系クキュビズム柄オールインワン×バッグ
オールインワン・バッグ・ピアス・バングル(ルック〈フィラージュ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

オリジナルのキュビズム柄プリントで仕立てたミディ丈のオールインワン。ドレープ性のあるさらりとした素材感で、流れるように揺れるフレアラインが出現します。洗練されたデザインと、ピンクベースに黒を効かせたシックな配色で、モード色の強いアイテムも大人の女性にふさわしい仕上がりです。

【3】ピンクベージュスカート×白Tシャツ×ベージュカーディガン

【3】ピンクベージュスカート×白Tシャツ×ベージュカーディガン
「メイプルベージュ」のカーディガン・Tシャツ・スカート・ネックレス・靴(ブルネロ クチネリジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

木の実を連想するようなざくろ色のチュール素材のティアードスカートには、ボレロのような感覚でショート丈のカーディガンを合わせて。シンプルな白Tシャツをインすれば、こなれ感のあるカジュアルなドレスアップが叶います。

【4】ピンクニット×ライトグレースカート×ライトグレージャケット

【4】ピンクニット×ライトグレースカート×ライトグレージャケット
ディアスキンのジャケット・ニット・スカート・ピアス・リング・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ふっくら地厚なレザーも、ひとたび袖を通すとすんなりボディーラインになじみ、その極上のやわらかさはさすがのひと言です。ジップなどの金具がジャケットと似たマットグレーであることでカジュアル感が抑えられ、上品で端正な表情に。合わせにはスモーキーピンクのニットを選び、これまでとはひと味違ったフェミニンなレザースタイルを楽しみましょう。

【5】ピンクニット×グレーパンツ×グレーコート

【5】ピンクニット×グレーパンツ×グレーコート
コート・ニット・パンツ・ストール・靴(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

体をすっぽりと覆うドロップショルダーコートを主役に、ややワイドなタックテーパード、重めブーツを合わせたボリュームたっぷりのシルエット。グレー×ピンクによるニュアンス配色に、特別な洗いをかけたダブルカシミヤのやわらかな風合いが加われば、迫力のビッグシルエットをラグジュアリーに変換できます。

【6】ピンクポンチョ×ニット×白パンツ

【6】ピンクポンチョ×ニット×白パンツ
ポンチョ・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

しなやかにドレープを描く、カシミヤポンチョは、最も貴重なエクストラロングのカシミヤ糸を使用したダブルフェース。なめらかなカシミヤ生地をていねいに染色したパネルを、シルク糸で緻密に張り合わせた贅沢な仕立てです。ヌードピンク、オフホワイト、モカベージュの繊細なトリコロール配色に、インナーニットやボトムも同系色でつなげ、全体をやわらかな印象に仕上げましょう。

【7】ピンクコート×柄ワンピース

【7】ピンクコート×柄ワンピース
ヴァレンティノのコート・ワンピース/ともに阪急うめだ本店限定・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

気品あふれるラベンダーピンクとフルレングスのテントラインで、女優オーラが香り立つ一着。目の詰まったフェルト地だから、甘くなりすぎないバランスも絶妙です。ワンピースはスカート部分にパネル状の切り替えがあしらわれ、ロング丈ならではの、優雅な縦長ラインが楽しめます。

【8】ピンクコート×黒ワンピース

【8】ピンクコート×黒ワンピース
ヴァレンティノのコート・ワンピース・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、タイツ/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ヴァレンティノのオートクチュールのアトリエでデザインされたコートは、素材と色の選び、パターン、デザイン…すべてに卓越したセンスが宿る一着。アンゴラ混ウールのなめらかな質感と、紫みを含んだ艶のあるピンクが、まさに主役級の華やかさを発揮します。コートはボタンを留めて、縦方向のシームが強調するスレンダーなシルエットを堪能。スタッズ使いのバッグと靴でポップな遊び心を加えましょう。

ベージュ×ピンクの組み合わせコーデ


【1】ベージュブラウス×ピンクパンツ

【1】ベージュブラウス×ピンクパンツ
ブラウス・パンツ・バッグ(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、眼鏡(ミクリ ジャポン〈スタルク アイズ〉)、時計(パテック フィリップ)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)  撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

落ち感のきれいなベージュのブラウスは、肌触りもよく晩夏から秋へのブリッジアイテムとしても活躍。淡いサーモンピンクのパンツと合わせて、優しげなムードを楽しみましょう。ブラウスはセットインのタイプを、パンツはセンタープレスを選んで、すっきりとしたラインを目指すのがおすすめ。仕上げにスタッズ付きのバッグやビジューモチーフのパンプスで輝きをちりばめると、着こなしにメリハリが生まれます。

ピンクベージュのトップスコーデ


【1】ピンクベージュブラウス×グレースカート×チャコールグレーカーディガン

【1】ベージュピンクブラウス×グレースカート×チャコールグレーカーディガン
「チャコールグレー」のカーディガン・ブラウス・スカート(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

チャコールグレー×ウッドベージュの、コクのあるニュアンスカラー配色が、ひと目で旬を感じさせる装い。堅い印象になりがちなタイトスカートの着こなしに、艶やかなブラウスが優しさを添えてくれます。ボトムインして上半身をコンパクトにすれば、縦ラインがさらに際立って、都会的なキレのあるいい女に。