まるでケーキのような食感と表現される口どけの良さが魅力の高級食パン専門店「考えた人すごいわ」の食パン。行列ができ、SNS上でも大いに話題になっています。

そんな「考えた人すごいわ」清瀬店の店長さんに、素朴な疑問を伺いました。最後には、個人的に好きな食べ方ベスト3も教えてもらってので、ぜひ参考にしてみましょう!

行列のできる高級食パン専門店「考えた人すごいわ」に聞く素朴な疑問

糸引き感や薄い耳はどうしてつくれる?

高級食パン専門店「考えた人すごいわ」に聞く素朴な疑問

「考えた人すごいわ」で販売されているのは、プレーン食パン「魂仕込(こんじこみ)」とマスカットレーズン入り食パン「宝石箱」の2種。どちらも口どけの良さが素晴らしく、トーストせずそのままいただきたくなる食パンです。

食パン「魂仕込(こんじこみ)」
魂仕込(こんじこみ)2斤¥800(税抜)

パンを割くと、糸を引くほどのきめ細やかさは、めったに出合えません。この糸引き感のようなものはどうすれば出せるのでしょうか。そしてなぜ耳をこんなに薄くつくることができるのでしょうか。店長さんによると、次にふたつが理由だそうです。

■1:材料の配合率にこだわりがある

小麦粉やドライフルーツなどの材料

「当店の食パンは小麦粉、バター、塩を厳選した上で、その材料の配合率にも非常にこだわっています。何度も試行錯誤を繰り返し、この配合率がベストだと落ち着きました」(清瀬店店長)

■2:最新のコンベクションオーブンを使用している

最新のコンベクションオーブンを使用

「当店には、これまでのパン焼きオーブンはありません。最新のコンベクションオーブンで焼き上げているため、耳を従来よりも薄くすることができます」(清瀬店店長)

食パン「宝石箱」
宝石箱 1斤¥520(税抜)

「考えた人すごいわ」店長に聞いた、素朴な疑問Q&A!

「考えた人すごいわ」店長に聞いた、素朴な疑問Q&A!

もちろん、配合率は秘密とのこと! まだまだ謎の多い「考えた人すごいわ」について、素朴な疑問をいくつかぶつけてみました。

Q1:なぜ「考えた人すごいわ」という名前に?

なぜ「考えた人すごいわ」という名前に?

A.「パンをお客様に食べてもらったとき、『これ考えた人すごいわ』と思っていただければいいなと思い、つけました。パンだけでなくお店も、“すごいわ”と言ってもらえるように、外観も接客もますます力を入れていこうと思っています」

Q2:ロゴの隣にいる人物は誰ですか?

「考えた人すごいわ」のロゴ

A.「彫刻家ロダンの『考える人』をモチーフにイラスト化しています。この考える人、斜め上を見上げていると思いますが、実は看板を見ているんですよ。この人のように、お客様も看板を見て『これ考えた人すごいわ』と思っていただければと…」

Q3:なぜ清瀬の地を選んだのですか?他の地域への展開は考えていますか?

A.「本社が新所沢にある関係で清瀬になりました。他の地域展開は、ご縁があればどんどんしていきたいと思っています。10月中旬には神奈川県を予定しています。都心部も考えておりますが、現時点ではご縁があれば展開する心づもりです」

10月中旬には神奈川県にもオープン予定

Q4:インターネット販売は考えていますか?

「インターネットでの販売は、生産効率面で難しいのが現状です。なぜなら、お店の中で粉から全部つくっているためです」

現在のところ、東京都清瀬市だけの貴重なお店。2018年6月30日のオープン以来、いまだに行列ができることもあるそうです。ぜひその奇跡のような食パン、買い求めに行ってみましょう。

店長が一番好きな食べ方ベスト3!

最後に、店長さんが一番好きな食パンの食べ方ベスト3を教えていただきました。

第1位 「魂仕込み」を何もつけずにそのままいただく!

「お昼ご飯に1斤を買ってパソコン作業をしていたらいつの間にか左手から無くなっていたくらいに無心で食べてました(笑)」

第2位 「魂仕込み」をトーストしてバターのみでいただく!

「2斤では食べきれない方もいると思いますが安心してください。トーストでも魂仕込みはおいしいです。パンの味が強いのでバターのみで十分おいしく召し上がれます」

第3位 「宝石箱」を強めにトーストにしていただく!

「本数が限られているため実は試食以外であまり食べられません。そのままでも十分ですが、ちょっと強めにトーストしてカリカリにしたら、中のサンマスカットレーズンのフレッシュさが際立ち、さらにおいしくなります」

ぜひこれらのいただき方、トライしてみたいですね。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
石原亜香利
TAGS: