レディース秋のきれいめファッションコーデまとめ。秋らしい上品な着こなしのファッションコーデを28選ピックアップ。パンツ、スカート、ワンピースなどの着こなし方から、きれいめカジュアルスタイルまで、この秋参考にできる秋服コーデを、ぜひ日々のおしゃれに役立ててみてください。

【目次】

レディースきれいめ秋服ファッションコーデ


【1】黒ニット×グレーコート

【1】黒ニット×グレーコート
コート・ニット・バッグ・ピアス・靴(ルック〈フィラージュ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ソフトな光沢となめらかな質感でエレガントな雰囲気を醸し出すウールベネシャン素材の薄軽コート。シャープなVネックラインと、ウエストのシェイプを強調したフィット&フレアな美シルエットで、はおるだけで様になります。全身の明度をアップするライトグレーは好感度の高い上品カラーです。

【2】カーキトップス×白タイトスカート

【2】カーキトップス×白タイトスカート
スポーツマックスのトップス・マックスマーラのスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせると、洗練されたバランスに仕上がります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグでモードな個性を加えましょう。

【3】黒ブラウス×黒スカート

【3】黒ブラウス×黒スカート
ブラウス・スカート・バッグ(ランバンジャパン)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

異なる質感を用いたフリルだけでなく、襟元にパールビジューをあしらった黒のブラウスは、大人の女性を美しく見せる、心強い味方に。全身を黒でまとめることで、華やかなディテールが引き立ち、圧倒的な存在感をもたらします。透け感がありながらも、とろみのあるマットなウール素材なので、フォーマルな場にもマッチ。襟から前立てへと流れるアシンメトリーなフリル部分は、よく見ると異素材合わせに。ハリ感のあるコットンをコンビ使いすることで、ドラマティックなボリューム感を生み出します。

【4】ブルーワンピース×バッグ

【4】ブルーワンピース×バッグ
ワンピース(エストネーション〈エストネーション〉)、イヤリング・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ボリュームがある袖、アシンメトリーなデザインの裾、キュッと締まったウエストと、ドレープをドラマティックに魅せる要素が詰まったワンピースを主役に。

【5】白シャツ×キャメルパンツ

【5】白シャツ×キャメルパンツ
シャツ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ネックレス・バングル・時計(ハリー・ウィンストン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

研ぎ澄まされたフォルムの白シャツに定評のあるミカコ ナカムラの新作は、自然な光沢をもつコットンブロードを使った比翼仕立てのロングプルオーバー。合わせのワイドパンツは、初秋を感じさせるこっくりとした色味のオレンジブラウン。ぱきっとした白とニュアンスカラーとのコントラストが映え渡ります。

【6】黒ニット×黒フレアスカート

【6】黒ニット×黒フレアスカート
ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(デザインワークス ドゥ·コート銀座店〈ダジリータ〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル ( ウノアエレ ジャパン)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

デザインスカートにリブのタートルネックを合わせる定番スタイリング。ハリのあるボンディング素材のスカートを合わせて、黒の質感にもメリハリを出しましょう。

【7】グレーワンピース×スカーフ

【7】グレーワンピース×スカーフ
ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(スローン)、バングル(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(フェンディ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

レストランで着席するシーンでは、顔色が明るく見える柄スカーフが効果的です。シンプルなワンピースに、モダンなストライプ柄が映えます。

【8】ベージュコート×白ブラウス

【8】ベージュコート×白ブラウス
コート・ブラウス・サングラス・リング(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

しなやかなラムスキンのレザートレンチは、軽やかなひざ上丈。この秋は、ピーコートを思わせる軽快なシルエットの一着にあえてフェミニンなブラウスをのぞかせ、女らしさを香らせましょう。チャーミングに着映えるスクリーンの中のヘプバーンを気どってサングラスを合わせ、辛口に仕上げるのが素敵です。

【9】黒ニット×白パンツ×黒ジャケット

【9】黒ニット×白パンツ×黒ジャケット
パンツ・ニット・ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フォックスファー付きの軽やかなジャケットに、白パンツを合わせ、ミラノマダム風のこなれたモノトーンスタイルに。

【10】カーキワンピース×ベージュベルト

【10】カーキワンピース×ベージュベルト
ワンピース(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ベルト(Theory luxe〈Maison Boinet〉)、ストール(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュ色のベルトのスエード、パンプスのポニースキン、ゴールドの艶の多彩な質感が、カーキに奥行きを与えてくれます。

【11】ブラウス×レザースカート×グレージャケット

【11】ブラウス×レザースカート×グレージャケット
ジャケット(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ブラウス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、レザースカート(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス(ケイテン)、ポケットチーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ノート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ウールにカシミヤやシルクを混紡することで、表情豊かに仕上がったニットジャケットはラペルに丸みをつける等、女らしいディテールが際立ちます。コンパクトなシルエットだから、スカートとの相性も抜群です!

【12】白シャツ×黒パンツ

【12】白シャツ×黒パンツ
ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ『ロックスタッズ』・ヴァレンティノのシャツ・パンツ(ヴァレンティノジャパン)、ピアス(ミキモト)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈ヴァレンティノ ガラヴァーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

タブレットが入り、容量があることなど必須条件の多い仕事バッグにも、旬のおしゃれ感は欠かせません。シルバースタッズが効いたモダンなバッグで、ビジネスシーンをブラッシュアップしましょう。

レディース秋のきれいめファッション【パンツスタイル】


【1】ボルドーワイドテーパードパンツ×シルクブラウス

【1】ボルドーワイドテーパードパンツ×シルクブラウス
パンツ(アマン〈ベルウィッチ〉)、ブラウス(キートン)、ピアス(ケイテン)、ベルト(yoshie inaba)、バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

秋色カラーを代表するボルドーは、仕事で通用するカラーパンツの代表格です。ウエスト周りにボリュームのあるタック入りのワイドテーパードは、ジャケットをはおらない日ほど活躍させて! 艶やかなシルクブラウスの華やぎを味方につけて、おしゃれ偏差値の高さも見せつけてしまいましょう。

【2】カーキフレアパンツ×ゴールドベージュニット

【2】カーキフレアパンツ×ゴールドベージュニット
エス マックスマーラのニット・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バングル(ケイテン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキ色の優美なフレアパンツに、繊細なラメがきらめくゴールドベージュのニットをなじませた配色。「色合わせ」の妙が目を引くスタイリングは、ウエストインで脚長効果を強調しましょう。アイレット(鳩目)付きバッグやパテントパンプスは黒で統一して、全体をコンパクトに引き締めて。

【3】黒パンツ×白ブラウス×黒コート×スカーフ

【3】黒パンツ×白ブラウス×黒コート×スカーフ
パンツ(コロネット〈グレイジェイソン ウー〉)、コート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ゴート〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス・リング(マルコ・ビチェゴ ジャパン〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(オンワードグローバルファッション〈マルベリー〉)、靴(ファビオ ルスコーニ六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツは落ち感のあるシルキーな素材ながら、センタープレス入りできりっとした雰囲気も。カシミヤのダブルフェースコートを軽やかにはおり、インを白にすれば表情も華やかに仕上がります。

【4】ミントグリーンパンツ×グレージュトップス

【4】ミントグリーンパンツ×グレージュトップス
トップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、ピアス・リング(デペッシュモード恵比寿本店〈キョーコホンダ ニューヨーク〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ『バゴンビーナ』(ロベルタ ディ カメリーノ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

きちんと感が求められる場面では、とろみのあるグレージュのトップスとミントグリーンのパンツで、好感度を高めましょう。

【5】ブリックレッドパンツ×アイスブルーブラウス

【5】ブリックレッドパンツ×アイスブルーブラウス
ブラウス(IZA〈ロッセーラ ヤルディーニ〉)、パンツ・ベルト(エンフォルド)、ネックレス・バッグ(ブルガリジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

トレンド色のブリックレッドを組み合わせることで、王道のボウタイブラウスもたちまちフレッシュな印象に。ワイドパンツと合わせるときは、ダイヤモンドがきらめくゴージャスなネックレスやチェーンバッグ、艶めき素材のサンダルで、意識的にエレガントな要素を加えましょう。

【6】グレージュパンツ×イエローブラウス

【6】グレージュパンツ×イエローブラウス
ブラウス(ebure)、パンツ(三崎商事〈エルミダ〉)、時計・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ADORE〈エレナ ギセリーニ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

軸となるグレージュのアイテムは、ベーシックな定番を選ぶと、より配色の妙が際立ちます。イエローの絶妙な色調が醸し出す深みと、透け感素材のバルーンスリーブブラウスのドラマティックな佇いが、グレージュのフランネルパンツを最新にブラッシュアップしてくれます。

レディース秋のきれいめファッション【カジュアルスタイル】


【1】グレージュブラウス×グレージュパンツ×ニットコート

【1】グレージュブラウス×グレージュパンツ×ニットコート
ニットコート・ブラウス・パンツ・ティペット・バッグ・スニーカー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベビーカシミヤのジャカードニットコートは、グレージュトーンのシェブロン柄が着映えポイントです。襟元にファーを配してリッチ感を強調しつつ、足元はスニーカーで外したテイストミックスで格上のセンスを香らせましょう。

【2】ブルーブラウス×黒スカート

【2】ブルーブラウス×黒スカート
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、スカート(ADORE)、バッグ(ピエール アルディ東京)、リング・時計(ピアジェ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

スカートをライトグレーから黒に替えると、ピーコックブルーとのディープカラー同士が奥深いリッチ感を生み出して、初秋のムードに。黒のブーティパンプスで引き締めると、着こなしがまとまります。繊細なコードメッシュの上に、立体的なフラワーレースを刺しゅうしたスカート。ダブルバックルのベルトがカジュアル感を添えます。

【3】黒ブラウス×モノトーンスカート

【3】黒ブラウス×モノトーンスカート
ブラウス(シャッツィ・チェン)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、眼鏡(ミクリ ジャポン〈アランミクリ〉)、ネックレス(ジョージ ジェンセンジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

繊細なレース使いにうっとりせずにはいられない、着映え効果の高い「印象派ブラウス」。上質なシルクの一枚は、モノトーン柄のプリーツスカートと合わせることで、きちんと感が求められるシーンにも映えます。センシュアルなブラウスだからこそ、手持ちのデニムに合わせて、カジュアルダウンさせてもおしゃれです。

【4】白シャツ×ライトブルースカート

【4】白シャツ×ライトブルースカート
シャツ『FRIDAY』・スカート・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

カジュアルなポロ襟に、存在感のあるエレガントなダブルカフスリーブを組み合わせた、絶妙な外しが粋な一枚。モダンな光沢を放つライトブルーのスカートを合わせたら、小物は白で爽やかに仕上げましょう。

【5】カーキシャツ×黒スカート

【5】カーキシャツ×黒スカート
シャツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(J.M. WESTON 青山店)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

トップスを、グレーの陰影を含んだシックな色味のカーキシャツに差し替えると、ぐっと秋らしいムードに仕上がります。レザーのタイトスカートの切れのいいシルエットと相まって、大人の女性に似合うカジュアルエレガンスが実現。

【6】白シャツ×カットソー×ネイビーパンツ

【6】白シャツ×カットソー×ネイビースカート
シャツ『SUNDAY』・カットソー・パンツ・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ドロップショルダーで、気負いなく着られるビッグシルエットのシャツは、アウターシャツとして、さらりとはおるのもおすすめです。リラックスしながらも白×ネイビーでまとめて、知的なカジュアルにまとめましょう。

【7】黒シャツ×グレージュスカート

【7】黒シャツ×グレージュスカート
スカート(ユナイテッドアローズアトレ恵比寿 ウィメンズストア〈J&M デヴィッドソン〉)、シャツ(ビームス ハウス 丸の内〈マディソンブルー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレージュのAラインスカートに、リネンでハリ感を出した黒のウール混シャツを合わせて。カジュアルな抜け感を演出する襟抜きの着こなし方もポイントです。

【8】白Tシャツ×ベージュカーディガン×ティアードスカート

【8】白Tシャツ×ベージュカーディガン×ティアードスカート
「メイプルベージュ」のカーディガン・Tシャツ・スカート・ネックレス・靴(ブルネロ クチネリジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

木の実を連想するようなざくろ色のチュール素材のティアードスカートには、ボレロのような感覚でショート丈のカーディガンを合わせて。シンプルな白Tシャツをインすれば、こなれ感のあるカジュアルなドレスアップが叶います。

【9】白シャツ×デニムパンツ×グレージュノーカラーコート

【9】白シャツ×デニムパンツ×グレージュノーカラーコート
デニム(リー・ジャパン〈リー〉)、コート(ADORE)、シャツ(三喜商事〈バンフォード〉)、イヤリング・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

デニム界の名門ブランドがつくるトレンドデニムなら、大人世代も安心感のあるはき心地。白のバンドカラーシャツと、グレージュのノーカラーコートで、すっきりと上品にまとめましょう。

【10】モカグレージュニット×白カットソー×グレーパンツ

【10】モカグレージュニット×白カットソー×グレーパンツ
ニット・カットソー・パンツ・靴・Gianni Chiariniのバッグ(Theory luxe)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ややベージュ寄りのモカグレージュはまろやかで優しげな印象。グレーやベージュを贅沢に重ねて奥行きのある着こなしに仕上げましょう。キュッと詰まったクルーネックの襟元からのぞかせた白のインナーが着こなしのアクセントになってくれます。