本格的な寒さと乾燥のシーズンを迎え、肌のお手入れを見直す大人女性も多いはずです。では、頭皮はいかがでしょうか?

「頭皮の乾燥で、お顔全体のエイジングも一気に加速します!」と語るのは、頭皮と髪のエイジングケアブランド「EraL(イーラル)」のキュアリストインストラクター・栁田幸恵さんです。忙しい大人女性こそ始めたい、本気の頭皮ケアについて伺いました。

——冬の頭皮環境について教えていただけますか?

栁田幸恵さん(以下、栁田さん):冬は空気の乾燥と湿度の低下によって肌の水分が蒸発しやすくなり、乾燥を招きます。お顔の肌はもちろん、頭皮もですね。乾燥が進むと肌のバリア機能も落ちますので、より肌ダメージを受けやすくなります。

また、日々のブラッシングでのダメージもあります。乾燥で肌が弱っているところに、強い力でブラッシングをしてしまうと角質まで剥がれやすくなり炎症を引き起こしてしまうことも。

顔であれば、夏と冬とでスキンケアのアイテムを見直す方も多いと思うんです。しかし、シャンプーや頭皮用の化粧水となると、そこまで意識が及ばないという方がほとんどかもしれません。顔と同じ皮膚である頭皮も、季節によってアイテムを使い分けていただくのがベストです。

イーラル キュアリストインストラクター 栁田幸恵さん

——なるほど。

栁田さん:エイジングとは、「乾燥」と「酸化」が進んだ状態を指します。このふたつが進行すると顔はたるみ、シワもでき、髪も抜け……、と老化スピードが一気に加速します。

ですから、空気の乾燥する秋冬は保湿対策をしっかりと行いたいものですね。夏は特に、酸化対策を怠らないようにしましょう。強い紫外線を浴びることで、酸化が進んでしまいますからUVアイテムや帽子、日傘などを上手に活用してくださいね。

——頭皮の乾燥は、顔と違って自分では気付きにくいかもしれません。

栁田さん:そうですね。シャワーを浴びているときにお湯の温度が熱く感じる、いつもと同じシャンプーを使っているのにしみてしまう、かゆみやフケが出る、という自覚症状があれば要注意です。頭皮は、お顔の皮膚の4倍の厚みがあります。ですから、上記のような過敏な状態はすでに乾燥が進んでいる可能性が高いです。

こうした自覚症状がなくても、秋冬は皆さん乾燥傾向にあります。特に、30代以降の女性の約6割はお肌も頭皮も乾燥状態だといわれているんですよ。

——保湿がとても重要なんですね。

栁田さん:頭皮の保湿は、お顔に比べたらまだまだ習慣として浸透していないかもしれませんね。私はジムに通っているのですが、髪を洗ってドライヤー前に頭皮の化粧水をつけている方を見かけた事がないですね。サロンスタッフの方を通じてお客様の話を聞いていても、頭皮の保湿を意識している方は少ない印象です。

健康な髪を育てる絶対条件とは?

——改めて、健康的な頭皮の状態について教えていただけますか?

栁田さん:健康な髪を作る絶対条件というのが、①毛穴のつまりや乾燥といった頭皮の炎症を予防すること ②頭皮のやわらかさを保つこと ③髪を作る毛母細胞の活性化 の3つです。

②の状態を保つには、頭皮に栄養が届きやすくするために、血流やリンパの流れをスムーズにすることが大事です。③の毛母細胞の活性化は、食事や睡眠といった生活習慣も影響します。これら3つのうちひとつでも欠けてしまうと、髪が細くなったり、抜け毛が増えたり、と健康的な髪は育ちにくくなります。

健康的な頭皮
乾燥しキメの乱れている頭皮
頭皮の皮膚組織

フェイスラインも若返る!頭皮の保湿

——頭皮に厚みが出ることで、髪以外にどんな変化が出るのでしょうか。

栁田さん:お顔のリフトアップ効果ですね。頭皮が下がると、目尻は3mm下がるともいわれています。逆に頭皮がきちんと保湿され、健康的な状態であれば、頭皮は全体的に厚みが出ます。そうすることで、筋肉の上にある頭皮が持ち上がり、お顔のたるみ改善につながってくるんです。頭皮のお手入れ状況によって、頭皮の厚さは、2mm〜6mmにも変わってきます。

——頭皮の厚みがフェイスラインに影響してくるのですね。

栁田さん:もともと頭皮は厚みがあり、体の中でも重力の影響を受けやすいパーツです。乾燥が進むと、頭皮の水分が少なくスカスカな状態になるため、さらに頭皮が下がる原因になります。

頭皮と顔は皮一枚で繋がっていますから、フェイスラインのたるみ、ほうれい線も頭皮が下がることによりどんどん加速します。また、重力によって押しつぶされた頭皮は、硬く薄くなり、血行不良を起こします。そうなると当然、細毛や白髪も増えていきます。

頭皮の保湿ケア次第で、お顔のシワやたるみは大きく変化し、健康で美しい髪を育てることができます。うるおいのある頭皮は、指で触ると跳ね返すような弾力があるんですよ。                          

——ふっくらとした健康的な頭皮のために、保湿はどのようにしたら良いのでしょうか。

栁田さん:まずは日々のシャンプーです。髪に合うからと、なんとなくずっと同じシャンプーを使っている方も多いと思うんですが、季節と今のご自身の肌に合ったものかどうかという点で見直すことも大切です。

そして、お風呂上がりに頭皮用の化粧水や美容液を使うことも保湿には欠かせません。毎日使うものだからこそ自分に合ったアイテムを選び、頭皮も保湿をする習慣をつけてくださいね。

頭皮に深いうるおいを与える頭皮用美容液。イーラル プルミエ ストレッチオール 145ml ¥12,000(税抜)
毛母細胞の活性化に働きかけ、髪のハリとコシをアップする頭皮用美容液。ピュアエッセンススカルプ 80ml ¥4,200 (税抜)

——頭皮マッサージを日常に取り入れている女性も多いかと思います。その際に気をつけたいことはありますか?

栁田さん:摩擦と、揉みほぐし過ぎないことですね。パドルブラシやシャンプーブラシでガシガシとブラッシングしてしまうと、毛が抜けたり、肌のバリア機能を弱めてしまったりすることも。手で頭皮をマッサージするときもやはり、「こすらない」ことです。髪の上からマッサージをして、擦れるような音がしていたらそれは、やりすぎです。

また、頭皮をたくさん動かしてしまうと揉み返しを招くことも。指の腹でゆっくり体重をかけるように指圧しながらじっくりほぐすことを心がけてくださいね。特に凝っているときは、表面を揉みほぐすよりツボ押しをしてあげる方が効果を感じられるかもしれません。

イーラル キュアリストインストラクター 栁田幸恵さん

——生活習慣と頭皮の関係についても教えていただけますか?

栁田さん:そうですね。ジャンクフードなど脂っぽいものを日常的に食べている方は、頭皮の皮脂の分泌量も多くなります。そうなると、皮膚を含む体全体が酸化しやすくなるため老化体質になりがちです。

また、夜遅くまでスマホやパソコンによるブルーライトを浴びることで、脳を活性化させてしまい自律神経の乱れにもつながります。最初の90分間でいかに質の高い睡眠が取れるかどうかが、成長ホルモンの分泌に大きく関わってきます。寝ている間の成長ホルモンで髪も育ちますから。目の疲れや精神的なストレスで、耳の上の側頭筋も硬くなりがちです。

こうしたストレスの受けやすい環境の中でも、お手入れ次第で頭皮はちゃんと応えてくれます。健康的で美しい頭皮とお顔を保つコツは、早いうちから始めること。そうすることで、年齢を重ねても自分の好きなヘアスタイルを楽しめ、若々しいフェイスラインを保てる、といった「美容寿命」を延ばすことができます。ぜひこの冬から、頭皮の保湿にも本腰を入れてみてくださいね。


髪だけでなくフェイスラインへの手応えも実感できるという、頭皮の保湿。ワンランク上のエイジングケアのために、うるおいに満ちた頭皮を目指してみてはいかがでしょうか。

栁田幸恵さん
イーラル株式会社 営業部 教育グループ/キュアリストインストラクター
(やなぎだ ゆきえ)

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
八木由希乃