あらゆる秘書のなかでも、レベルの高い手土産について特に詳しいと思われるのが議員秘書。男女それぞれの計2名の議員秘書に、重要な取引先への訪問の際などに頻度高く買っている高級手土産を教えていただきました。

その現役議員秘書の選ぶ手土産とは一体どのようなものなのでしょうか。興味津々ですよね。早速見ていきましょう。

絶対に喜ばれる!議員秘書が「ここぞ」というときに贈る高級手土産4選

議員秘書歴8年の女性秘書が頻繁に買う「高級手土産」

まずは、議員秘書歴8年の小林三奈子さんの手土産から! 普段仕事で頻繁に買うという手土産をふたつ挙げていただきました。

■1:Bicerin(ビチェリン)「バーチ・ディ・ダーマ」15個入り

「バーチ・ディ・ダーマ」15個入り(プレーン×5、抹茶×5、エスプレッソ×5)¥3,974(税込)
「バーチ・ディ・ダーマ」外装

「バーチ・ディ・ダーマ」とは、のイタリア郷土菓子で、クッキー生地でチョコレートを挟んだもの。プレーン・抹茶・エスプレッソの3種が詰め合わされていて見た目もお味もバラエティー豊か。しかも手土産にふさわしいエピソードがあるのだそう。小林さんは次のように話します。

おすすめポイント

「バーチ・ディ・ダーマはイタリア語で『貴婦人のキス』という意味。その名やお菓子のストーリーが美しくて、とても気に入っています。2016年G7伊勢志摩サミットのお土産というエピソードも会話のきっかけになり、レポートの話も弾むのでおすすめです。日持ちがよくどんな飲み物にも合うので、多めに購入しておき、お茶請けにお出ししたりもします。私は抹茶味がお気に入りです」(小林さん)

楽天市場で「ビチェリン」の商品を探す

■2:雅結寿(みやびゆいのじゅ)「のむ天然おだし&銘茶だしおこげセット」

「のむ天然おだし&銘茶だしおこげセット」¥3,800(税込)
このように楽しむことができます。

のむ天然おだし専門店、雅結寿のおだしとおこげのセット。おだしは化学調味料・食品添加物のほか、塩も加えていない自然本来の素材が使われています。どんな方におすすめなのでしょうか。

おすすめポイント

「以前、贈り物でいただいて以来、気に入ってよく購入しています。海外の方に、日本ならではの食文化をご紹介するのに大変喜んでいただけますし、出張時の手土産にも最適です。天然のおだしでとても体によいので、ご年配の方にも好評です」(小林さん)

楽天市場で「芳翠園」の商品を探す

議員秘書歴18年の男性秘書が頻繁に買う「高級手土産」

続いては男性秘書の方のおすすめの手土産をふたつご紹介! 今回伺った鍵山仁さんは議員秘書歴18年の大ベテランです。

■3:NOAKE TOKYO(野空)「和栗のテリーヌ(フルサイズ)」

「和栗のテリーヌ(フルサイズ)」¥8,640(税込) ※3月末までの期間限定

NOAKE TOKYOは浅草や東京駅、銀座にお店を構える洋菓子店。野菜や果物、栗などの素材を生かしたバナーヌやテリーヌ、ケーキなど、素材本来の美味しさを楽しめると評判です。

しっとりやわらかな食感が人気。

なかでも、この和栗のテリーヌは、どんなシーンに合うのでしょうか。鍵山さんに伺いました。

おすすめポイント

「和栗の香りと味わいがとても贅沢なお菓子。しっとりやわらかな食感が年齢や性別を問わず大人気のお土産です。味も重量もずっしり濃厚なので、大切な場面にもぴったり。お届けして喜ばれるお菓子ナンバーワンです」(鍵山さん)

■4:ガトーフェスタハラダ「ショコラ・デ・ロワ・リカーライン」4箱セット

「ショコラ・デ・ロワ・リカーライン」4箱セット ¥2,106(税込)

続いてはガトーフェスタハラダからのレアな逸品。ガトーフェスタハラダのボンボン・オ・ショコラが世界の銘酒とコラボしたものです。

販売期間は11月~4月下旬と限られていることも、手土産としてはランクが上がります。

4種の味わいが楽しめます。

おすすめポイント

「私が秘書を務める代議士の地元である群馬県高崎市発祥の、ガトーフェスタハラダの贈り物シリーズのなかのひとつです。ラスクが有名ですが、このショコラは冬季限定のレア商品。世界の上質な銘酒DEUTZ(ドゥーツ)のシャンパンとカミュXOのコニャックのシリーズはどちらもおすすめなので、セットになった4箱セットをよく利用します。大人の高級なお土産といえば、このショコラ・デ・ロワ・リカーラインを選び、持参しています」(鍵山さん)


いずれもエピソードが素晴らしい手土産ばかり。高級手土産とは、ただ「お値段が高い」、「ブランド品」というイメージがありましたが、意外にそうとも言い切れないようです。大事なのはそこの背景にあるエピソードや心の込もった素材選びや手づくりの技術の高さにありそうです。

「ここぞ!」というときに、これらの手土産を参考にしてみてはいかがでしょうか。 

取材協力

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
石原亜香利