奥二重さんのためのアイメイクのやり方まとめ。アイシャドウの色選びから、塗り方、アイラインの引き方など、奥二重さんのアイメイクのお悩みを解決するメイクテクをご紹介します。奥二重は化粧映えしない・・・と思っている方は、大間違いですよ!

【目次】

奥二重さんにおすすめのアイメイクのやり方


カラーアイシャドウで色をのせる時は、ブラウンのアイシャドウでまぶたに彫りを仕込む

腫れぼったいまぶたが目立つセルフメイクから、目力のあるスッキリとした印象の長井メイクへ。
腫れぼったいまぶたが目立つセルフメイクから、目力のあるスッキリとした印象の長井メイクへ。

「重たい印象のまぶたに直接明るい色をのせると、いっそう腫れぼったく見えてしまいます。明るい色のアイシャドウをのせる場合は、あらかじめブラウンのアイシャドウでまぶたに彫りを仕込んでおくことがマストです。使いたいカラーとブラウンがひとつになったパレットを選ぶと重宝します。仕上げにブラウンのペンシルアイライナーで目のキワにラインを入れると、引き締め効果がさらにアップ」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん)

【まぶたをスッキリ見せるアイメイクアイテム&アイメイクプロセス】

左から/質感の違う4色はどんな順番で使用してもトレンドの目元になれる。彫りをつくるブラウンとトレンドカラーのパープルが1パレットに。THREE ディメンショナルビジョンアイパレット 08 ¥6,500、グレイッシュなニュアンスが出るように複数のパールを配合。クリームのように滑らかな描き心地で、美しいラインがメイクオフするまで持続。同 メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 07 ¥3,000
左から/質感の違う4色はどんな順番で使用してもトレンドの目元になれる。彫りをつくるブラウンとトレンドカラーのパープルが1パレットに。THREE ディメンショナルビジョンアイパレット 08 ¥6,500、グレイッシュなニュアンスが出るように複数のパールを配合。クリームのように滑らかな描き心地で、美しいラインがメイクオフするまで持続。同 メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 07 ¥3,000
1.ブラウン2色を混ぜてアイホールに
パウダーとクリームのシャドウをミックスすることで、まぶたへのフィット感が高まり、仕込みシャドウに最適な質感に。
パウダーとクリームのシャドウをミックスすることで、まぶたへのフィット感が高まり、仕込みシャドウに最適な質感に。
目のキワから上向きに広げることで自然なグラデーションが生まれ、スッキリ効果がさらにアップ。
目のキワから上向きに広げることで自然なグラデーションが生まれ、スッキリ効果がさらにアップ。

アイシャドウパレット(THREE)の左下と右上を指で混ぜとり、アイホールよりやや広めに広げて彫りをつくります。

2.目の下にもブラウンをオン
下まつげをの隙間を埋めるような感覚でブラウンをのばして。
下まつげをの隙間を埋めるような感覚でブラウンをのばして。

先ほどと同様に、左下と右上のブラウンをブラシで混ぜてとります。ブラシを目の下の目尻側に置き、目頭に向けて動かし色をのせます。

3.パープルを重ねる
色を重ねるときは、指でこすらずポンポンと優しく置くようにのせるのがポイント。
色を重ねるときは、指でこすらずポンポンと優しく置くようにのせるのがポイント。

アイシャドウパレット左上のパープルを指にとり、1のブラウンより少し内側に重ねます。

4.目の下にゴールドをオン
ゴールドを薄くのばし、涙袋をふっくら見せることでフェミニン度がアップ。
ゴールドを薄くのばし、涙袋をふっくら見せることでフェミニン度がアップ。

アイシャドウパレット右下のゴールドをブラシにとり、目の下涙袋の上に薄くのばします。

5.ブラウンのアイラインを引く
目尻を少しだけ跳ね上げて、リフトアップ効果を狙って。
目尻を少しだけ跳ね上げて、リフトアップ効果を狙って。

ブラウンのペンシルアイライナー(THREE)で目の上のキワにラインを引いて、目元を引き締めます。

【色をのせてもまぶたの重さを感じさせない仕上がりに】

ブラウンを仕込むことでまぶたに奥行きが生まれ、スッキリした印象に。カラーシャドウによる華やかさも加味。
ブラウンを仕込むことでまぶたに奥行きが生まれ、スッキリした印象に。カラーシャドウによる華やかさも加味。

下垂したまぶたをスッキリ見せる、「目力復活アイメイク」の極意とは?

仕込みアイシャドウ&アイラインの引き方のコツを押えてまぶたスッキリ!

平坦な印象のナチュラルメイクから、メリハリと知的さのある華やぎメイクへ。加齢とともに重くたるんできたまぶたは、仕込みシャドウとはね上げアイラインですっきり見せるのがポイントです。
平坦な印象のナチュラルメイクから、メリハリと知的さのある華やぎメイクへ。加齢とともに重くたるんできたまぶたは、仕込みシャドウとはね上げアイラインですっきり見せるのがポイントです。

「まぶたをすっきり見せるには、まぶたにブラウンのアイシャドウで陰影を仕込むことがマスト。アイラインは、まぶたを指で引き上げてから引くとスムーズです」(長井さん)

【まぶたを引き締め、奥行きを出すアイメイクアイテム&メイクプロセス】

人気の4色パレットは、まぶたに陰影をもたらすブラウン+旬カラーの組み合わせを選ぶと、アイメイクの幅がグッと広がる。SUQQU デザイニング カラー アイズ 12 ¥6,800 ツインアプリケータータイプ。筆先が短くブレないマーキングチップ側を使用。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ ライナーリキッドアンタンス 2 ¥5,000
人気の4色パレットは、まぶたに陰影をもたらすブラウン+旬カラーの組み合わせを選ぶと、アイメイクの幅がグッと広がる。SUQQU デザイニング カラー アイズ 12 ¥6,800 ツインアプリケータータイプ。筆先が短くブレないマーキングチップ側を使用。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ ライナーリキッドアンタンス 2 ¥5,000
1.ブラウンのアイシャドウで陰影をつける
締め色を使って、まぶたに影を仕込みます。目の際から上向きにアイシャドウを広げ、自然なグラデーションに。
締め色を使って、まぶたに影を仕込みます。目の際から上向きにアイシャドウを広げ、自然なグラデーションに。
ブラウンシャドウ効果で腫れぼったいまぶたが引き締まり、奥行きが生まれました。
ブラウンシャドウ効果で腫れぼったいまぶたが引き締まり、奥行きが生まれました。

ブラシにブラウンのアイシャドウ(SUQQU・右下)をとり、アイホールよりやや広めに広げて、まぶたに影を仕込み、奥行きを出します。

2.ニュアンスカラーを重ねる
寒色系のニュアンスカラーを選ぶと、すっきり洗練された印象に。
寒色系のニュアンスカラーを選ぶと、すっきり洗練された印象に。

ありがちなブラウンメイクで終わらせないために、上にニュアンスカラーを重ねます。指にミントグリーンのアイシャドウ(SUQQU・左上)をとり、ブラウンシャドウのやや内側にオン。ポンポンと軽く置くようにのせるのがコツ。

3.目の際にアイラインを
アイラインは黒ではなく、目元に自然になじむダークブラウンを。ブラシの毛足が短いタイプを選ぶとブレずにきれいなラインが引けます。
アイラインは黒ではなく、目元に自然になじむダークブラウンを。ブラシの毛足が短いタイプを選ぶとブレずにきれいなラインが引けます。

まぶたを指で引き上げ、皮膚がピンと張った状態でリキッドアイライナー(クレ・ド・ポー ボーテ)でアイラインを。目尻を少し跳ね上げて、リフトアップ効果を目ざして。

【仕込みアイシャドウとはね上げラインで、すっきりとした目元に】

仕込みシャドウで腫れぼったい目元に奥行きが生まれ、すっきりとした印象に。目尻をはね上げたアイラインのリフトアップ効果でたるみを感じさせない目元に変身。
仕込みシャドウで腫れぼったい目元に奥行きが生まれ、すっきりとした印象に。目尻をはね上げたアイラインのリフトアップ効果でたるみを感じさせない目元に変身。

「まぶたのたるみ」を解消!仕込みアイシャドウ&アイラインの引き方テクニック

アイシャドウはアイホールに広く塗らず、目尻の印象を強める

\フィギュアスケーター・紀平梨花選手のメイク術に学ぶ!/

メイクルームでタッチアップを受ける紀平選手。(c)KOSE SPORTS BEAUTY NEWS
メイクルームでタッチアップを受ける紀平選手。(c)KOSE SPORTS BEAUTY NEWS

「紀平さんは奥二重なので、アイシャドウはアイホールに広く塗らず、目尻に印象を強くしたのがポイント。アイシャドウは、ピンク~パープルのグラデーション、アイラインは黒のリキッドアイライナーで太めに引きました」(コーセー メイクアップアーティスト・石井 勲さん)

【使用したアイテム】

左/ひと塗りでリッチに発色するピンキッシュレッド。ヴィセ アヴァン リップスティック 005 EVER LADY ¥1,600(編集部調べ)、中上/アイシャドウはプレイフルな色合いで印象的な眼差しに。ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 037 INDIGO ¥800(編集部調べ)、中下/にじみ出るような血色感を演出。コスメデコルテ パウダー ブラッシュ PK803 ¥5,000、右/汗をかいても、にじみにくいウォータープルーフ。ファシオ パワフルステイ スリム リキッドライナー BK001 ¥1,200
左/ひと塗りでリッチに発色するピンキッシュレッド。ヴィセ アヴァン リップスティック 005 EVER LADY ¥1,600(編集部調べ)、中上/アイシャドウはプレイフルな色合いで印象的な眼差しに。ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 037 INDIGO ¥800(編集部調べ)、中下/にじみ出るような血色感を演出。コスメデコルテ パウダー ブラッシュ PK803 ¥5,000、右/汗をかいても、にじみにくいウォータープルーフ。ファシオ パワフルステイ スリム リキッドライナー BK001 ¥1,200

紀平選手や羽生選手…世界フィギュア2019のエキシビションで魅せた、美の秘密に迫る!

イエローのアイシャドウで簡単にあか抜け!

ブラウンベースのナチュラルな自前メイクから、トレンドカラーであるイエロー×ベリーを取り入れたメイクで、洗練された雰囲気に。
ブラウンベースのナチュラルな自前メイクから、トレンドカラーであるイエロー×ベリーを取り入れたメイクで、洗練された雰囲気に。

「今シーズン注目を集めているのが、イエローのアイシャドウとベリーカラーのリップ。目元にイエロー?とギョッとする方もいらっしゃると思いますが、黄みを帯びた日本人の肌なら実はなじみやすいカラーです。 シアーな発色のバームタイプをセレクトすれば、より自然な仕上がりに。ベリーカラーのリップは、セミマットな質感のものを選ぶのが上品に仕上げるポイント」(長井さん)

【トレンドを取り入れたあか抜けアイテム&メイクプロセス】

1.かすかにピーチを帯びたゴールドベージュのチークをあえてまぶたにオン。繊細なパール感が美しい。シャネル レ ティサージュ 140 ¥6,000 2.目のキワにアイラインを入れたり、ぼかしたりするのに使用できるマルチなブラシ。Amplitude アイライナーブラシM ¥3,000 3.天然由来成分98%以上で、肌を保湿しながらメイクできるバームスティック。目元や頰などお好きな場所に。セルヴォーク インフィニトリー バーム 03 ¥3,200 4.水や汗、皮脂に強いラスティングタイプ。絶妙な発色で目元を上品に際立てる。セルヴォーク シュアネス アイライナーリキッドC 04 ¥2,800 5.1本1本を美しく伸ばしながらカールアップも持続させ、大人の目元に華やぎを与える。Amplitude エクストラロング マスカラ 03 ¥4,200(5月29日発売) 6.やや太めの5㎜芯。鮮やかな発色とのびの良さで、唇全体を塗るのにもおすすめ。Amplitude コンスピキュアス リップライナー 06 ¥3,800 7.透け感のあるディープなカシスをアクセサリー代わりネイルにオン。
1.かすかにピーチを帯びたゴールドベージュのチークをあえてまぶたにオン。繊細なパール感が美しい。シャネル レ ティサージュ 140 ¥6,000 2.目のキワにアイラインを入れたり、ぼかしたりするのに使用できるマルチなブラシ。Amplitude アイライナーブラシM ¥3,000 3.天然由来成分98%以上で、肌を保湿しながらメイクできるバームスティック。目元や頰などお好きな場所に。セルヴォーク インフィニトリー バーム 03 ¥3,200 4.水や汗、皮脂に強いラスティングタイプ。絶妙な発色で目元を上品に際立てる。セルヴォーク シュアネス アイライナーリキッドC 04 ¥2,800 5.1本1本を美しく伸ばしながらカールアップも持続させ、大人の目元に華やぎを与える。Amplitude エクストラロング マスカラ 03 ¥4,200  6.やや太めの5㎜芯。鮮やかな発色とのびの良さで、唇全体を塗るのにもおすすめ。Amplitude コンスピキュアス リップライナー 06 ¥3,800 7.透け感のあるディープなカシスをアクセサリー代わりネイルにオン。THREE ネイルポリッシュ X21 ¥1,800(販売終了) 
1.アイホールにベージュで陰影をつける
まぶたのくすみを払い、自然な立体感をもたらしてくれるゴールドベージュ。上にイエローのアイシャドウを重ねても、目を大きく見せることができる。
まぶたのくすみを払い、自然な立体感をもたらしてくれるゴールドベージュ。上にイエローのアイシャドウを重ねても、目を大きく見せることができる。

ゴールドベージュのチークをアイホールからややオーバー気味に広げ、まぶたに自然な陰影を仕込んでおくのがポイント。付属のブラシを使ってラフに広げるのがコツ。

2.目の下のキワにベージュを細く入れる
目の下にも色をのせると縦幅が広がり、目元を大きく見せられる。涙袋をふっくら見せる効果も。
目の下にも色をのせると縦幅が広がり、目元を大きく見せられる。涙袋をふっくら見せる効果も。

1で使用したチークをアイライナーブラシにとり、目の下のキワに伸ばす。下まぶたに色を挿すことで、くっきりとした色気のある目元を演出することができる。

3.シアーなイエローをアイホールにオン
目の際から外側に向けて広げていくのがコツ。
目の際から外側に向けて広げていくのがコツ。

イエローのバームを指先にとり、アイホールに広げる。ベージュでつけた陰影よりも少し内側にとどまらせるとなじみやすく、スッキリとした印象に。

4.目尻のみにアイラインをプラス
目尻の7㎜ほど手前からのみアイラインを。この引き算が抜け感の鍵に。
目尻の7㎜ほど手前からのみアイラインを。この引き算が抜け感の鍵に。

目尻のみまつげの沿線上にアイラインをプラス。黒ではなくディープブラウンを選ぶことで、まぶたのイエローとのなじみもよく、品よく優しい仕上がりに。

5.上下まつげにマスカラを塗る
ビューラーでカールアップさせたまつ毛に、根元からまつげを持ち上げるようにダークブラウンのマスカラを。
ビューラーでカールアップさせたまつ毛に、根元からまつげを持ち上げるようにダークブラウンのマスカラを。
一度ブラシをティッシュオフしてから、ブラシを縦にして下まつげにをオン。
一度ブラシをティッシュオフしてから、ブラシを縦にして下まつげにをオン。

マスカラもアイラインと同じブラウンで統一して優しい印象に。上まつげは根元からブラシを左右に動かしながら、下まつげはブラシを縦にして塗る。

6.リップライナーで上の山から輪郭をとる
両山を先に描いておくと、左右対称なラインを引くことができる。
両山を先に描いておくと、左右対称なラインを引くことができる。

上唇の山からラインどりを。両方の山を描いたら口角にペンシルを置き、山の終点に向けてペンシルを動かしラインを繋げていく。

7.下唇はややオーバーラインに
上唇と下唇の厚みが揃うようにラインを引くのがポイント。
上唇と下唇の厚みが揃うようにラインを引くのがポイント。

上唇より薄い下唇は、ふっくら見えるように、唇のやや外側にラインをとる。その後、同じペンシルで輪郭の内側を塗りつぶせば、口紅と併用するよりもリップメイクが長持ち。

8.指先で唇をタッピング
指でタッピングすることで、発色もシアーに。
指でタッピングすることで、発色もシアーに。

塗り終わったら、唇全体を指でポンポンとタッピング。こうすることで、リップカラーが唇に定着し、色を均一になじませることができる。

9.仕上げに綿棒で輪郭をぼかす
綿棒で輪郭を曖昧にしておくことで、グラデーションができて唇に立体感も。
綿棒で輪郭を曖昧にしておくことで、グラデーションができて唇に立体感も。

綿棒の先端で輪郭をこすり、くっきりとしたラインを少しぼかしておく。このひと手間でコンサバ感が弱まり、グッとこなれた印象に!

大人が似合う旬メイク!「イエローシャドウとベリーリップ」なら、たちまち垢抜けた顔に

奥二重さんにおすすめのアイライナー


■SHISEIDO アーチライナーインク 01

SHISEIDO アーチライナーインク 01 ¥3,500
SHISEIDO アーチライナーインク 01 ¥3,500

たるみでかぶったまぶたの際を埋めやすい、カーブしたブラシが秀逸です。奥二重の人におすすめ。

大人向けアイライナー厳選10選、黒とネイビーがあればよし!


※商品の価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。