日本各地で育まれてきた高度なものづくりの技術と、若き匠たちの美意識や情熱が結びついた「新時代のジャパンラグジュアリー」を体現する逸品を、ギフトという形で提案しているスタイリストの河井真奈さん。

今回はこれまでにご紹介した名品のなかから、「父の日」のギフトにぴったりのアイテムとして、傘づくりの名店と河井さんのコラボによるオリジナル傘「リフレクチュール」と、富山県高岡市で代々続くメーカーが開発した斬新なワイングラス「アロワール」、紀州桐箪笥の伝統技法とオリジナルの工法をアレンジした「桐のビア杯」をピックアップ。河井さんのコメントとともにお届けします。

母の日と比べて、ついつい忘れがちという人も多い「父の日」。今年は実用性とスタイリッシュなデザインを兼ね備えているだけでなく、ものづくりの背景にストーリーがあり“カンバセーションピース”にもなる逸品を贈ってみてはいかがでしょうか?

河井真奈さん
スタイリスト
(かわい まな)女性誌、CM、ドラマのスタイリング、トークショー、商品開発アドバイザーなど幅広く活躍。2016年、ギフトに特化したWEBサイト「futo」をローンチし、2019年6月には初の実店舗を南青山にオープン。著書に『絶対 美人アイテム100』(文藝春秋)、『服を整理すれば、部屋の8割は片付く』(立東舎)。https://futo.jp/

■1:さすだけで“男前度”がアップする傘「リフレクチュール」

小物_1,和文化_1,プレゼント_1
傘「リフレクチュール」左から/「ネイビー×プラチナ」¥17,600【65cm、傘生地:ポリエステル100%(UV加工)、傘骨:グラスファイバー】・「ダークグリーン×ブロンズ」¥17,600【65cm、傘生地:ポリエステル100%(UV加工)、傘骨:グラスファイバー】

傘の名店として知られる「槇田商店」は、1866年に山梨県西桂町で甲斐絹(かいき)織物の卸業として創業。1954年から傘生地の生産をスタートし、伝統技術を継承しながら、富士山の雪解け水で鮮やかに染められた糸を織ったジャカード生地を用いた高級傘をつくり続けています。

「RefleCouture(リフレクチュール)」は、そんな「槇田商店」と河井さんが手がけるギフト専門セレクトショップ「futo」のコラボにより開発され、昨年夏にデビューしたオリジナル傘です。

ジャカードの両面織りによるグラデーションは美しいだけでなく、雨の日や曇りの日、晴れている日と異なる光量の下でも傘をさした人の表情をきれいに見せてくれる効果が!

関連記事:傘をさすことで「きれいに見える!」 新発想から生まれた晴雨兼用アンブレラとは?

「男性用の高級傘というと、重かったり、黒やネイビーなどのシンプルな無地のものしかなかったり…。その点、リフレクチュールは軽量でカラフル。『こんな傘を探していたんです』と、男性への贈り物として喜んでいただいています。

傘の内側にやわらかな光を回り、脂ぎらない端正な顔立ちに見せてくれる“ネイビー×プラチナ”は黒い靴が好きな方、健康的で血色のいい肌艶を演出するとともに、骨格に男性らしい陰影を与えてくれる“ダークグリーン×ブロンズ”はブラウンの靴が好きな方におすすめ。装いと傘をコーディネートしたおしゃれが楽しめます。

また、槇田商店でメンテナンスしてもらうこともできますので、『ずっと元気でいて、長く愛用してほしい』という想いを込めてお父さんにプレゼントしていただけるアイテムだと思います」(河井さん)

詳しくはこちらから

■2:驚きと美味しさをプレゼント!革新的ワイングラス「アロワール」

食器_1,和文化_2,プレゼント_2,stayathome_1
ワイングラス「アロワール」左から/「ブルゴーニュ&ゴールド」¥11,000・「ボルドー&シルバー」¥11,000

花器や香炉、置物、鉄瓶などの高岡銅器を代々作り続けてきた四津川製作所が、創業時からの雅号「喜泉」に込められた思いをモダンに進化させた、ライフスタイルブランド「KISEN」。

ブランドプロデューサーである四津川晋(よつかわ・すすむ)さんが、金属のよさを柔軟な発想で活かし、現代の日常生活や美意識にマッチしたアイテムを届けることを目指して生み出したのが、ユニークな形状のワイングラス「アロワール」です。

金属製のピボットベースとグラスを組み合わせる2ピース構造で、長いステムのワイングラスが合わせにくい和食などのテーブルコーディネートにも映え、ステムがなくても効果的にスワリング(グラスを回してワインを空気に触れさせる動作)ができるという独創性に驚かされます。

関連記事:「おうちワイン」が劇的に美味しくなる!回して楽しめる世界唯一のワイングラス「アロワール」の秘密とは?

「コロナ禍でおうち飲みの機会が増えた今、どんなグラスで楽しむのかにもこだわりたいもの。『アロワール』は、ワインをより美味しく飲むための工夫が斬新なアイデアで実現されているので、ワイン好きのお父さんへのギフトに最適です。

そして、このグラスはワイン以外の用途にも活躍してくれます。特にやや細身のボルドータイプは普段使いにもちょうどいいフォルムなので、我が家では焼酎やハイボールなどのお酒はもちろん、氷をたっぷり入れたアイスティーなどなどオールマイティーに活用しています。

年齢を重ね、必要なものは既に持っているというお父さん世代だからこそ、“驚き”のあるものにワクワクするのではないでしょうか? お酒が好きなお父さんにも、そうでないお父さんにも、そんな“驚き”を届けてあげるのは素敵ですよね」(河井さん)

詳しくはこちらから

■3:泡立ちのよさが絶品!1本の木材から削り出す「桐のビア杯」

食器_2,和文化_3,プレゼント_3
「桐のビア杯」(刻印なし・父の日限定刻印あり)各¥20,500

紀州桐箪笥の産地として知られる和歌山県で、120年以上にわたり桐の木材や家具を作り続けている「家具のあづま」。その5代目を担う東福太郎(あずま・ふくたろう)さんが、「桐をもっと身近に感じてほしい」という思いをこめて2017年に立ち上げたライフスタイルブランド「AZ」は、2021年を迎えて「ME MAMORU」に名称を変えました。

紀州桐箪笥の伝統技法とオリジナルの工法をアレンジすることで、1本の木材からわずか数ミリという薄さで削り出されるグラスは、世界唯一のもの。その美しさは国内外から高く評価されています。

関連記事:ビールが圧倒的に美味しくなる!「AZ」の桐グラスは贈ったら絶対喜ばれる&家にも欲しいアイテムです

「ガラスのグラスで飲むビールも美味しいものですが、重いし、水滴がついて滑りやすいし、グラスを置いたところが濡れてしまう…といった難点があるのも事実。特に手の力が弱くなった年配の方には、扱いづらいことが多いかもしれません。

この『桐のビア杯』なら、軽くて水滴もつきにくく、万が一落としても割れないので安心。また美しい曲線は持ちやすいだけでなく、きめ細かく喉ごしがいい泡が立ち上り、ビールの香りも引き立てます。さらに熱伝導率が低い(熱くなりにくく、冷めにくい)という特性もあるのです。

しかも、今なら父の日限定のサービスとして通常¥22,000の価格が¥20,500に! グラスの底に“お父さん いつも ありがとう”と刻印を入れたタイプも選べます」

詳しくはこちらから


今回は、スタイリスト河井真奈さんがセレクトした、父の日におすすめしたい3つのアイテムをご紹介しました。

今年の父の日は6月20日(日)。なにかと不安が多い時代に小さな喜びをもたらしてくれるギフトを、お父さんに贈ってみてはいかがでしょうか?

※掲載した商品の価格は、すべて税込みです。
※新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下では一部情報が変更となる可能性があります。公式HPなどでご確認ください。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
谷 花生