女性の間で薬膳火鍋が依然として人気です。火鍋といってもただ辛いだけでなく、バラエティーに富んだスープや具材により、あらゆる味を楽しむことができるのも人気の秘密のよう。しかし、薬膳火鍋に使われている「薬膳」の効果や効能まで知っている人は少ないのでは。今回は、その薬膳火鍋に使われるスープの香辛料や生薬などの知識を深め、もっとおいしく食べられる方法を探ります。

そもそも薬膳火鍋とは?

薬膳火鍋とは、中華圏で広く食されている鍋料理のひとつ。「鴛鴦(ユエンヤン)」と呼ばれる中央に仕切りがある独特の鍋でいただきます。

「鴛鴦(ユエンヤン)」と呼ばれる中央に仕切りがある鍋

そのスープは大きく分けて2種類。ひとつは、香辛料が入った辛くて紅い「麻辣(マーラー)」。もうひとつは、白濁した「白湯(パイタン)」です。お店ではどちらか一方を選べる場合もあれば、2種類のスープを仕切りのある鍋それぞれに入れる場合もあります。

そのスープの中に、肉や魚介類、野菜やキノコ、餃子や団子などを煮込みます。

この薬膳火鍋のおいしさの決め手となるのがスープ。特に紅いほうのスープには、たくさんの香辛料や生薬が使われています。

例えば、唐辛子、生姜、ナツメ、クコの実、党参(とうじん)、良姜(りょうきょう)、竜眼(りゅうがん)、蓮子(れんし)、長ネギ、シナモン、八角、五香粉、花椒、豆板醤、味噌、ごま油、紹興酒など。実にたくさんありますね。

薬膳火鍋に使われるスープの香辛料・生薬

そこで今回は、これらの香辛料や生薬のうち、日本ではあまり知られていないものの基本情報や効果を国際薬膳師の岡尾知子さんに教えていただきました。

■1:ナツメ

クロウメモドキ科のナツメの果実
生薬名「大棗(たいそう)」

ナツメ

「ナツメはいろいろな漢方薬の中に使われています。生命活動に不可欠な『気』と、栄養を運び精神活動に関係する『血』の両方を補う力があり、『一日3粒食べれば老い知らず』ともいわれています。

また、古くから女性の美をサポートするとされており、かの楊貴妃も愛したという美容食材でもあります。消化機能が虚弱で元気の出ない人、精神不安や不眠の悩みがある人におすすめ。日本ではなじみが薄い食材ですが、中国、台湾、韓国では比較的ポピュラーな存在。特に韓国では、朝鮮人参などとともにサムゲタンにも入っていますし、ナツメのお茶などもよく飲まれるようです。ちなみにナツメヤシのデーツとは異なりますのでご注意を」

「大棗」を含む漢方薬
・消化機能が虚弱な人に使う『六君子湯』
・精神不安の薬で知られる『甘麦大棗湯』など

■2:クコの実

ナス科の植物クコの果実
生薬名「枸杞子(くこし)」

クコの実

「クコの実は、欧米ではゴジベリーと呼ばれ、スーパーフードとして人気です。生薬としては、目によい薬膳食材として知られています。枸杞子の特徴は、女性の老化と関わりの深い五臓の『肝』『腎』に働きかける点。年齢を重ねると、体のうるおいを保つ力が低下し、それが更年期のめまいやふらつき、ほてりなどにつながりますが、クコの実には、不足しがちな『うるおす力』やこもった『熱を冷ます力』を補う働きがあるので、特に女性のエイジング対策に有効といえるでしょう。効果を期待するなら、『一日20~30粒食べる』とよいとされています」

「枸杞子」を含む漢方薬
・加齢で目がかすむ、視力が減退してきた人におすすめの『杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)』など

■3:党参(とうじん)

キキョウ科のヒカゲノツルニンジンなどの根
生薬名「党参」

「党参は、『気』を補って消化機能の働きを助けたり、『肺』の虚弱による息切れ、呼吸困難、咳、声に力がないといった症状に使ったります。抵抗力をつけるので、風邪をひきやすい体質の人によい薬膳食材です。『血』を補う力もあるため、血の不足で顔色が悪い人、頭のふらつく人にも。また、うるおいを生み出す力も高まるので、熱病などで口が乾くときなどにもよいでしょう。

薬膳では『気』の虚弱を補う薬として人参(野菜のニンジンではなく、朝鮮人参、吉林人参などのこと)を用いますが、党参は人参より薬力は少ないものの、同じような効能があるため、よく代用として使われます。薬力がマイルドなので、人参が体質的に合わない人には党参がおすすめで、食材として使いやすいでしょう。煮込むとゴボウのような味になります」

次回の後編では、あと3つの香辛料・生薬をご紹介します。また岡尾さんからのより薬膳火鍋を楽しむポイントも。お楽しみに。

岡尾 知子さん
国際薬膳師、国際中医師
(おかお ともこ)ライター、編集者として仕事をする中、東洋医学に関心を持ち、薬膳や漢方について学ぶ。薬膳教室や雑誌、書籍、webサイトなどを通じて、東洋医学のよさを伝える。LOTUS薬膳教室主宰。
「薬膳ノート」
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原亜香利