アニバーサリーやご褒美旅などにおすすめしたい、スペシャルなニューヨークの旅をご提案します。今回はレストランにフォーカス。ニューヨーカーに人気の朝食や、隠れ家バーなど、雰囲気と料理、どちらも上質な食体験を、舌の記憶に刻みましょう。

ニューヨークの摩天楼
ノンストップで移り変わるニューヨーク。摩天楼を見上げるたびに、わくわくします

世界中から腕利きのシェフが集まり、新しい技やテイストが生み出されるニューヨークのレストランシーン。店の移り変わりが激しい分、訪れるたびに何かしら新しい発見があるのは大きな楽しみですが、その一方、「どこへ行ったらいいのやら…」とレストラン選びの迷子になることも。そこで、えりすぐりの4軒をご紹介。人気の朝食や隠れ家バーなど、バラエティー豊かにチョイスしてみました。

■1:NYレストランシーンの仕掛人が供する「ロティサリー・ジョルゼット

ロティサリーチキン
庶民的な食べ物である“ロティサリーチキン”が舌の肥えたニューヨークのフーディーたちを魅了しています

ミシュラン3ツ星に輝くフレンチの名店「ダニエル」のPRとして活躍し、いわば影のキーマンと目されるジョルジェット・ファーカスさんが2013年にオープンしたロティサリー(グリル料理)。回転させながらローストした鶏の丸焼き、ロティサリーチキンが名物です。「おいしさの決め手は、素材ね」とジョルジェットさん。仕入れる鶏は、放し飼いでストレスなく育ったもの。通常、若鳥は7週間で出荷されるところを、ここでは11~12週間まで成長させた、より滋味深いものを吟味。鶏の皮の間にハーブやガーリックなどを詰め、900度の火力で35分間かけてじっくり焼き上げます。肉は心地のいい弾力があり、噛むたびに鶏のうま味が口いっぱいに。店内は1903年に建造されたランドマーク的な歴史的建物に、赤レンガを白く塗るなどフランスらしさをひとふりしたデザインです。

回転しながら焼かれたチキン
ゆっくりと回転しながら、900度の炎で焼く35分焼き上げるチキンの丸焼き
Rotisserie Georgette(ロティサリー・ジョルゼット)の店内
1903年建造の建物に手を加え、フランスにインスパイアされたインテリアに

問い合わせ先

■2:NYで一番人気!「ノーマズ」のブレックファストで朝からごきげん

名物の“ノーマズ・スーパーブルーベリー・パンケーキ”。このためなら、朝の行列もなんのその

 

ニューヨークの朝食ランキングで常に上位をキープしているパーカー・ニューヨーク ホテル内の「ノーマズ」。行列は必至(予約がベター)、朝から並んでもいただきたいと評判なのが、パンケーキ。けれど、メニューを開くと小粋な料理名に興味がそそられ、エッグセレント("エクセレント"のジョークですね)からエッグ・ホワイト・フリタータ・オブ・シュリンプと、評判のエッグベネディクト、変わり種的にお好み焼きのようなノーマ焼きをオーダー。どれもボリューム満点。プレゼンテーションが華やかで、もちろん美味! 給仕をしてくれた年配ウエイターさんの優しい笑顔も、爽やかな気分にしてくれます。また、このホテルのもうひとつの有名店が「バーガー・ジョイント」。なぜかビロードのカーテンで入口が隠された、知らないと素通りしてしまう人気ハンバーガー店です。行列の中にはセレブが紛れていることも⁉

ノーマズの店内
レセプションエリアから階段を数段上った「ノーマズ」。サービスも評判
バーガー・ジョイントのハンバーガー
パーカー・ニューヨークの代名詞となっている「バーガー・ジョイント」
バーガー・ジョイントの店内
高級ホテルの館内とは思わせない(!?)バーガー・ジョイントの内装

問い合わせ先

■3: グランド・セントラル駅構内にあった禁酒法時代のバーを再現した「ザ・キャンベル・バー」

ザ・キャンベル・バーの店内
禁酒法時代、夜になると仕事場が秘密のバーに変身。キャンベルさんが同僚や友人と飲み明かした場所を、バーに

グランド・セントラル駅構内のこんなわかりづらい場所にバーがあったなんて! 1923年に財政で富をなし、ニューヨーク・セントラル鉄道にも携わっていたジョン・W・キャンベルが、禁酒法時代の1923年に始めた隠れ家バー。昼間はオフィスとして使い、夜ともなると、音楽のリサイタルホールに様変わり。同僚や友人たちと語り、笑い、音楽を楽しんだそうです。週末には50人もの友人を招いてパーティーを開いたこともあったとか。1957年にキャンベルが没した後は信号係のオフィスや銃の保管庫などのユニークな変遷を経て、2017年ついにバーとしてカムバック! 13世紀のフィレンツェをイメージしたステンドグラスや、キャンベルが使っていた金庫など、重厚感あるたたずまいが丁寧に修復されています。ちなみに人気海外ドラマ『ゴシップガール シーズン1』のセリーナとネイトの浮気現場はこちらです。

ザ・キャンベル・バーのカクテル
気の利いたネーミングのカクテル多し。名前からオーダーしてみる冒険もあり
ザ・キャンベル・バーの入り口
バンダービル・アベニュー側、43ストリートから入ると目の前にあります
グランド・セントラル駅の構内
グランド・セントラル駅の構内、どこかに、秘密のバーが

問い合わせ先

■4:ザ・ニューヨークな名所を見上げる「バトー・ニューヨーク」のクルーズディナー

ハドソン川のクルーズ
側面と天井がガラス張りになった船で、マンハッタンと一体になった感覚が味わえます

夕映えが迫るチェルシーピアから、ドレスアップしたカップルたちがガラスの天井のボートに乗り込み、ハドソン川を出航します。川面から見上げるエンパイアステートビルは、まさに思い描いたとおりのニューヨーク。船窓を流れる風景を楽しんでいると、やがてジャジーな生演奏とともに、3コースからなるディナーがスタートします。船はマンハッタンの南端を回り、ブルックリン橋へ。続いてマンハッタン橋、ウィリアムズバーグ橋とめぐり、ルートを引き返してハイライトへ向かいます。デッキへ出ると、目の前にバーンとそびえる、きらめく摩天楼。そして、自由の女神! しばしの写真タイム。デッキ上では誰ともなく『Born in the USA』を歌い出し、いつしか大合唱に。船内に戻ると、生演奏はアップテンポなダンスミュージックに変わり、踊りだすカップルも。王道のニューヨークを川から愛でる、夢のようなひと時です。

クルーズを楽しむカップル
デッキで川の風を感じながらクルーズを楽しむカップル
ライトアップされた自由の女神
自由の女神像がすぐそばに!
ニューヨークの街並みを間近で感じるクルーズ
食後はデッキへ出て、ザ・ニューヨークの風景を間近で

問い合わせ先

取材協力

シリーズ「ラグジュアリー・ニューヨーク案内」

この記事の執筆者
TEXT :
古関千恵子さん ビーチライター
2018.10.23 更新
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子