大人の華やぎスタイルを完成させる!ドラマティックな4つの洗練アウター

夜空の下、レストランでの会食、オペラ鑑賞など、華やいだ装いが求められるシチュエーションが増える冬。そんな冬のシーンに映えるアウターのなかでも、今季欠かせないと考える4種類のコートを厳選しました。

それが、夜に映える「ホワイトコート」、ラグジュアリーな「ミンクファーコート」、ハイセンスな「カラーミックスコート」、そして軽快な印象の「ボリュームケープ」。

これらの4大アウターは、どれも着こなしの主役になる着映え効果の高いものばかり。寒い冬に、幸せな物語を運んでくるような「ドラマティック・アウター」を手に入れましょう。

■1:雰囲気までも明るく照らす「ホワイトコート」

極上の名品コートをはおり、冷たい風が吹く日でも優雅に、颯爽と

コート¥437,000・ブラウス¥61,000・スカート¥61,000・バッグ¥113,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) ピアス¥355,000・ネックレス¥1,850,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴¥76,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

肌にしっとりと吸い付く、アルパカ・ウールのホワイトコートには、これ以上ないほどの品格が漂います。シルクブラウスやウールのスカートも同トーンの白でまとめて、冬に映えるクリーミー配色を実現。

主役のアウターは’80年代のマックスマーラのコートに用いられていた、素材を縮絨して保温性を高める「ビーバー仕上げ」を採用。

問い合わせ先

ホワイトコートのピュアな魅力をブラウンの着こなしで引き立てる

コート¥92,000(ADORE)、ニット¥48,000(yoshie inaba)、スカート¥22,000(プルミエ アロンディスモン)、ピアス¥135,000・ネックレス¥90,000(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ¥148,000(エドストロームオフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)、靴¥72,000(セルジオ ロッシ)

たっぷりとしたシルエットが、リッチな雰囲気をつくり出すコート。ブラウンのニット×ブロンズのスカートで、ヨーロッパマダムのようなこなれ感を楽しみましょう。

主役のアウターはウール素材を圧縮し、凹凸のある仕上がりに。

問い合わせ先

■2:極上の艶めきを楽しめる「ミンクファー」

ミンクファーの美しい艶と着映え力は一度知ったら虜に

コート¥2,534,000/ベルト付き・ブラウス¥202,000・パンツ¥135,000・バッグ¥202,000(フェンディ ジャパン〈フェンディ〉)、ピアス¥958,000・リング¥305,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

成熟した女性にこそふさわしい、落ち着いたネイビーのファーは、顔色をフレッシュに見せる力も。バッグも同色でそろえれば、澄んだ冬の空気に溶け込むような着こなしが楽しめます。

主役のアウターはフェンディのアイコン柄でもある「ペカン」ストライプをミンクファーで表現。ほかにシックなグレーや可憐なピンクもあり。

問い合わせ先

ラメが輝くプリーツスカートとハチミツ色のミンクファーで華やかに

コート¥900,000(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ブラウス¥41,300(Vince 表参道店)、コートのスカート¥58,000・ガライズ ラブのピアス¥36,000(エストネーション)、ネックレス¥100,000(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ¥19,000(ジャンニ キアリーニ銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)、靴¥76,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

淡い色調のミンクファーは、フェミニンスタイルによく似合います。洗練されたクリーム配色でまとめたら、モードな香りが漂う大ぶりピアスで、旬のアクセントを。

主役のアウターはショート丈で軽快な着こなしが楽しめます。

問い合わせ先

■3:シックな色と煌めきが調和する「カラーミックスコート」

印象映えを約束する、デザイン性の高いコートと華やぎ小物の組み合わせ

コート¥646,000・ワンピース¥220,000(キートン 銀座店)、ピアス¥550,000・リング¥960,000(コロネット〈アントニーニ〉)、バッグ¥374,000(デルヴォー・ジャパン)

個性が光るカラーミックスコートで、印象に残る着こなしに。ドラマティックなシーンでは、「少量の赤」が効果的です。真紅のクラッチバッグを添えて、冬のアウタースタイルに艶めきを。

主役のアウターはグレーから黒のグラデーションに、メタリックなラメを施したツイード素材。ラグランスリーブでも、キリッとスマートに着用できるよう、熟練の職人による丁寧な仕立てが施されています。

問い合わせ先

ドレスライクなジャカードコートでベーシックな着こなしに変化を

コート¥150,000(デザインワークス ドゥ・コート銀座店〈デザインワークス〉)、ニット¥26,000(ジャンポールノット 青山店)、サポート サーフェスのパンツ¥38,000・メゾン ボワネのベルト¥16,000(ストラスブルゴ)、ピアス¥16,000(ADORE 六本木ヒルズ店〈ホルヘ モラレス〉)、ファーストール¥59,000(ADORE)、バッグ¥275,000(キートン 銀座店)、靴¥69,000(セルジオ ロッシ)

フラワージャカードのコートになじむような、ニュアンスカラーでニットとパンツを統一。

主役のアウターは袖口のコードをドローイングして変化をつけることも可能です。

問い合わせ先

■4:上質なカシミヤがエレガンスを授けてくれる「ボリュームケープ」

エレガントなケープには旬のグリーンを効かせてみずみずしい装いに

ケープ¥680,000(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ブラウス¥34,000(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、パンツ¥80,000(ニールバレット ギンザ シックス〈ニールバレット〉)、グローブ¥9,000(ebure〈ガーラ グローブス〉)、サングラス¥53,000(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス¥480,000・リング[右手]¥370,000・[左手]¥550,000(TASAKI)、バッグ¥296,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴¥172,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

極上のカシミヤ×ミンクのケープをはおれば、心も弾みます。

主役のアウターはカシミヤのダブルフェースは、ハンドメイドで仕上げられた逸品です。

問い合わせ先

ケープを引き立てるシンプルな着こなしでノーブルな装いを堪能

ケープ¥220,000・ブラウス¥95,000(ブラミンク)、パンツ¥26,000(MOGA)、ファーストール¥45,000(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ピアス¥65,000(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、バッグ¥168,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴¥115,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

ダブルフェースのウールケープは、上質な素材感を生かすような、ミニマルなデザインが魅力です。コートの中は、シルクブラウス×細身パンツですっきりと。

主役のアウターはケープ部分をたくし上げれば、ノースリーブコートとしても楽しめる2WAY仕様です。

問い合わせ先

袖を通した瞬間に心地よさと幸福感を与えてくれ、まとえば一枚で絵になる存在感を宿してくれる「ドラマティック・アウター」とともに、特別な冬の日を飾りましょう。

※掲載した商品はすべて税抜です。

PHOTO :
熊澤 透(人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
白井艶美
HAIR MAKE :
福沢京子
MODEL :
渡辺佳子
EDIT&WRITING :
川口夏希、濱谷梢子(Precious)