ジャケット・シャツの秋コーデ、デニムパンツを取り入れた秋コーデなど、40代男性に似合うお洒落な着こなしをご紹介。秋に着たいおすすめアウターもぜひ参考にしていただきたい。

【目次】

40代男性に似合うおしゃれなメンズ秋コーデ


【1】ニット×ライダースジャケット×パンツ

【1】ニット×ライダースジャケット×パンツ
ニット¥29,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈スローン〉)・ライダースジャケット¥148,000(チンクワンタ)、パンツ¥39,000(PT JAPAN〈PT01 フォワード〉)、スニーカー¥7,000(コンバースインフォメーションセンター)

テンションが真逆のアイテムを合わせることで、オレンジなどの派手めなカラーでもメリハリが効いたコーディネートになる。デニムやウールパンツなどもあうが、せっかくならパンツにもオレンジが入ったトレンド感のある太めのパンツでオシャレを楽しもう。

2018年の注目カラー「オレンジ」でつくるライダースコーデで颯爽と駆け抜ける!

【2】ジャケット×ニット×パンツ

【3】ジャケット×ニット×パンツ
パンツは上と同じ、ジャケット¥198,000(エストネーション〈ベルヴェスト〉)、ニット¥20,000(ビームス ハウス 丸の内〈ビームスF〉)、眼鏡¥72,000(グローブスペックス エージェント〈ザ・スペクタクル〉)、スニーカー¥9,500(コンバースインフォメーションセンター)

コーディネートにメリハリをつけるならカラーグラデーションは意識しつつも全てのアイテムを無地にするのはNGである。ジャケットやシャツどれでもいいので、上半身に柄物を取り入れることがポイントである。

誰でも簡単にできるコンバースを使ったジャケパンコーデ!

【3】ジャケット×ニット×パンツ×スカーフ

【4】ジャケット×ニット×パンツ×スカーフ
ジャケットは上と同じ・ニット¥32,000(アスティーレ ハウス〈アルテア〉)、パンツ¥30,000(シップス 銀座店〈サウスウィック〉)、スカーフ¥5,800(デイビッズ クロージング〈ヴィンテージ〉)、スニーカー¥6,500(コンバースインフォメーションセンター)

トーンを合わせたタートルニットにクリースの入ったパンツといったキレイめアイテムを合わせることで、コーデュロイの素材感を際立つ。ジャケットのVゾーンに程よく収まるショート丈のヴィンテージスカーフでアレンジを加えれば、足元にスニーカーを合わせても子どもっぽくならず、大人らしくまとまる。さりげなくスカーフやジャケットに、スニーカーと同じ赤が入っているのもポイントだ。

コーデュロイジャケットってどうしてる? スニーカーをうまく使い2018年のトレンドを着こなそう

【4】ジャケット×パンツ×ニット×スカーフ

【5】ジャケット×パンツ×ニット×スカーフ
ジャケット¥64,000・パンツ¥33,000(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ 1901〉)、ニット¥22,000(八木通商〈ルトロワ〉)、スカーフ¥7,800(アマン〈アルテア〉)、スニーカー¥9,500(コンバースインフォメーションセンター)

仕立てや製法から、一見しただけではスーツと見紛うほど精巧なつくり。気軽に使えるアイテムであるからこそ、合わせるアイテムが重要である。Tシャツやパーカーでもいいが、大人であるなら同色系のニットがいいだろう。

イージーなセットアップをより上品に見せたいならこれ! 簡単にアレンジできる一歩進んだ上級コーデ

【5】コート×ジャケット×ニット×パンツ

【6】コート×ジャケット×ニット×パンツ
コート¥150,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈グレンフェル〉) ジャケット¥110,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ザ ジジ〉) ニット¥26,000〈ザノーネ〉・パンツ¥38,000〈インコテックス〉/以上スローウエアジャパン 靴¥320,000(ジョン ロブ ジャパン) グローブ¥22,000(ユナイテッドアローズ銀座店〈ユナイテッドアローズ〉)※参考商品

1960年代テイストの、ブラックトレンチも新鮮。格子柄のジャケットやブラックのスラックス、ホワイトのタートルネックニットを合わせれば、パリジャンの粋を感じさせる着こなしに。

正しい縛り方と立て方、教えます!「トレンチコート」の解

ジャケットとシャツを使ったメンズ秋コーデ


【1】ジャケット×シャツ×チーフ×タイ×パンツ

【1】ジャケット×シャツ×チーフ×タイ×パンツ
ジャケット¥255,000〈スティレ ラティーノ〉・シャツ¥21,000〈ギ ローバー〉・チーフ¥6,500〈フマガッリ〉(ビームス ハウス 丸の内)・タイ¥15,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈フラテッリ ルイージ〉)、パンツ¥36,000(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、スニーカー¥5,800(コンバースインフォメーションセンター)

汎用性の高い無地のネイビーパンツであれば、ジャケットは遊びの効いた柄のものを選ぶのがいい。ブルーを基調としたホームスパン生地のオーバーペーン柄は、大人らしい洒落感があふれるジャケットだ。シャツやタイ、チーフなどはシンプルなものを選ぶことでビジネススタイルが完成する。

ビジネスで通用するスニーカーコーデはこれ! 適度なカジュアルで上品に!

秋のおすすめメンズアウター


【1】コヒーレンスの「ジャージロングコート」

【1】コヒーレンスの「ジャージロングコート」
コート¥220,000(コヒーレンス)※サイズ:XL・着丈115cm 編集部調べ

ヘリンボーン柄の重厚感あるツイードのようだが、実はジャージ素材でストレッチ性にとても優れている。カーキ色の生地には4色の糸を使い、美しい微光沢とカーキの男臭さがジャージ感を微塵も匂わせないコートだ。ライナーは別売り。

【2】ブルーフラッグの「ジャージロングコート」

【2】ブルーフラッグの「ジャージロングコート」
コート¥93,000(SANYO SHOKAI カスタマーサポート〈ブルーフラッグ〉)※サイズ:L・着丈109cm

着心地は非常に軽く、ドロップした袖付けとゆったりとしたオーバーサイズコートは、ウールとナイロンを繋ぎながら編んだジャージ素材。TPS縫製(2枚の生地を突き合わせで縫製することで表地にステッチが出ない)により、スッキリとエレガントな表情と適度なハリのある生地がジャージ感を思わせないコートだ。

その見た目に騙されることなかれ! 着て実感するロングコートの新常識

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
2019.3.26 更新
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク