数十億年という時空を超えて、地球の奥底から届いたダイヤモンド原石から、グラフ(Graff)により神秘的なジュエリーが誕生。美しい名を宿したダイヤモンドを手にできる、奇跡を今こそ!

■1:史上2番目の大きさを誇る、1,109カラットの希少な原石――ザ レセディ ラ ロナ(The Lesedi La Rona)

過去100年の間で最も貴重な原石である『ザ レセディ ラ ロナ』からカットされた、スクエア・エメラルドカットのリング。静謐な煌(きらめ)きで、見る者すべてを魅了する、どこまでも透明な輝きは、「完璧」という称号がふさわしい。

リング『ザ グラフ プロミス』セッティング[プラチナ×センターダイヤモンド10.08カラット]¥347,685,186(グラフ)

伝説的な原石『ザ レセディラ ロナ』コレクションから、日本にお目見えしたなかでも、最も大きな10カラットのリングは、圧巻のオーラを放ちます。

美しい名前をもつ原石から生まれた、伝説のジュエリーを手に入れる喜びを感じて

永遠に色褪せることなく、燦然とした輝きを放つダイヤモンドは、いつの時代においても、女性の心を魅了するもの。ダイヤモンドに魅せられたならば、その美しい煌きを生み出すために、計り知れないほどの情熱をかけるグラフのジュエリーを、手にしない理由はありません。

すでに地球上での大粒、かつ極上のダイヤモンド原石は掘り尽くされたといわれるなか、グラフは、歴史に残るような原石を次々と獲得。

『ザ レセディラ ロナ』から生まれた奇跡の輝きをGIFアニメーションでお楽しみください

今回ご紹介する『ザ レセディラ ロナ』は、過去1世紀のなかで最大の大きさを誇り、地球の奥底に数十億年以上もの間、秘められていた「奇跡の石」として、世界で称えられています。

もうひとつの価値ある原石『ザ メヤ プロスペリティ』も、史上29番目の大きさを誇る原石として、グラフの手に。ダイヤモンドのエキスパートである職人により、最上の原石から特別なジュエリーが生み出されて。

今、この時代において、原石の名前を冠したダイヤモンドを手にする機会は、またとないもの。神秘の輝きと、奇跡の出合いを!


■2:歴史に名を残す、476カラットの原石が放つ優美な輝き――ザ メヤ プロスペリティ(The Meya Prosperity)

リング『ザ グラフ プロミス』セッティング[プラチナ×センターダイヤモンド10.02カラット]¥330,092,593・イヤリング[プラチナ×ホワイトゴールド×ダイヤモンド1.02カラット・1.01カラット]¥9,351,852(グラフ) ブラウス¥100,000(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉

燦然と優雅な輝き…。大粒かつ極上の原石『ザ メヤ プロスペリティ』から生まれた、ラウンドブリリアントカットのリングは、一度見たらその魅惑的な光の虜に。10カラットを超える、まばゆいまでの豪華な輝きが見事! 


■3:数十億年の時を経て、地球が生み出した人類の至宝ともいえる、ダイヤモンド原石からうまれたジュエリーたち

リング[上]史上2番目に大きいダイヤモンド原石『ザ レセディ ラ ロナ』からカットされたペアシェイプリングは、洗練された輝きが魅力。『ザグラフ プロミス』セッティング[プラチナ×センターダイヤモンド3.10カラット]¥36,111,112
[中]原石『ザ メヤ プロスペリティ』の名を宿したエメラルドカットのリング。サイドストーンにはバケットカットのダイヤモンドが施されて。『ザ グラフ プロミス』セッティング[プラチナ×センターダイヤモンド2.71カラット]¥18,796,297
[下]同じく『ザ メヤ プロスペリティ』から。中央のダイヤモンドをパヴェで囲むことで、ひときわ華やかなオーラが生まれます。『ザ グラフ アイコン』セッティング[ホワイトゴールド×センターダイヤモンド2.03カラット]¥24,259,260(グラフ)

ダイヤモンド原石が「名前をもつ意味」とは?

すべてのダイヤモンド原石に、名前がついているわけではありません。では、どういう場合に名前がつくのかというと、超大粒で最高品質のものや、人々にとって意味のあるストーリーを持つなど、業界を騒がせるほどの、特別なダイヤモンド原石に対してつけられることが多いようです。

左/1960年代に大英帝国王冠をかぶったエリザベス女王。右/「カリナンⅡ」が配された大英帝国王冠 ©AFLO

例えば世界最大のダイヤモンド原石として知られているのが「カリナン」(3106カラット)。大小100ピース以上にカットされ、「カリナンⅠ」は研磨されたホワイトダイヤモンドとしては世界一。二位の「カリナンⅡ」は大英帝国王冠に配され、大切に保管されています。


■4:最高峰の優美な光を放つ、歴史的ダイヤモンド原石のすべて

伝説として語り継がれる、世界最大級の原石『ザ レセディ ラ ロナ』

極上の原石を獲得し、唯一無二のジュエリーを生む

偉大なる地球からの奇跡の贈り物でもある、大粒かつ極上のダイヤモンド原石。2017年、グラフは歴史に残る大きな原石を4つ獲得。発掘されたというニュースは、世界中でセンセーションを巻き起こしました。

ひとつはボツワナのツワナ語で「私たちの光」という意味をもつ、史上2番目に大きな原石である『ザ レセディ ラ ロナ』。元々、その一部であった373カラットの原石も獲得。

『ザ レセディ ラ ロナ』と373カラットの原石は、透明度や質の高さから、地球がまだ形成期にあった、30億年以上前に誕生。元は一緒の原石であったことからも、非常に大きく美しい、まさに人類の至宝といえる、かけがえのない存在です。

また、史上29番目の大きさである『ザ メヤ プロスペリティ』や、日本でも「平和のダイヤモンド」として数々のヘッドラインを飾った『ザ ピース ダイヤモンド』と、歴史に名を刻む4つの原石がグラフのコレクションに加わったのです。

現代における最高の原石がグラフに集まるのは、ダイヤモンドに対する熱い情熱と、価値を見極める才能、そして原石からジュエリーになるまで、一貫して自社で行うことで、完璧な輝きを生む唯一無二の存在だからこそ。母なる大地から生み出された原石からなる、究極の輝きが、想像を超えた感動をもたらします。

世界各地の鉱山とのネットワークこそが、グラフの強み

世界の優良な鉱山と信頼関係を築いているグラフ

世界中で大粒、かつ極上の原石が掘り尽くされてしまったといわれるなかで、極上のダイヤモンドがグラフに集まるのは、世界の優良な鉱山と強力なつながりをもっているため。両手からあふれるほど大きなダイヤモンド原石『ザ レセディ ラ ロナ』は、アフリカ大陸ボツワナ共和国のカロウェ鉱山で、『ザ メヤ プロスペリティ』はシエラレオネ共和国のメヤ鉱山で採掘されました。

熟練の職人により、極上のジュエリーへと生まれ変わる

石の魅力を最大限に引き出すには、最新鋭のテクノロジーの力を借りて

原石からジュエリーになるまでの、すべてのステップを一貫して自社で行うグラフ。偉大なる原石『ザ レセディ ラロナ』や『ザ メヤ プロスペリティ』は、類いまれなる美しさを最大限生かすべく、最新鋭の機器を駆使し、詳細な分析が行われて。そして、ロンドン本社の工房で、熟練の職人により、優美なジュエリーへと息吹がもたらされます。

稀有な存在である証を、特別なサーティフィケートが物語る

通常とは違うサーティフィケートにさらに愛着が深まって

歴史的に価値のある原石から誕生した、比類なきジュエリーである証明として、特別なサーティフィケートも用意。崇高なオーラを宿した原石の詳細も記され、手にしたジュエリーをより深く知ることができ、さらなる愛着も生まれます。

最高峰の原石からカットされた石には刻印が

カットされたダイヤモンドのもっとも外周にあたるガードル部分。唯一無二の存在である証が刻まれます

原石『ザ レセディ ラ ロナ』は1,109カラットという大きさだけでなく、品質の高さでも驚異的な美しさを誇り、完全に無色透明であることを意味する、カラーグレードの最上位とされるDカラーに格付けされています。『ザ レセディ ラ ロナ』から誕生したジュエリーには、ガードル部分に名誉ある原石から生まれた証として、その名が刻まれています。

グラフのおすすめ記事

問い合わせ先

※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

PHOTO :
戸田嘉昭(静物)、石倉和夫(人物)
STYLIST :
犬走比佐乃
HAIR MAKE :
リョージ イマイズミ(ヘア/SIGNO)、島田真理子(メイク/UM)
NAIL :
藤家汐里(uka)
MODEL :
黒田エイミ
EDIT&WRITING :
川口夏希、中村絵里子(Precious)
RECONSTRUCT :
安念美和子