スマホを見ていると、どうしても首は前に出てしまい、ときにはそれをひじで支えたり…。頭は想像以上に重たいもの、首への負担は計り知れません。

そこで、「Precious.jp」でもおなじみの、アンチエイジングデザイナーの村木宏衣さんに、「スマホ首」の悪化を防ぐ正しい姿勢や解消法をお聞きしました。

「スマホ首」は首・肩コリだけでなく、二重あごの要因にも!

最近よく聞かれるようになった「スマホ首」という言葉。どんな症状になるかというと、スマホを見ることで姿勢がくずれることにより、首や肩がガチガチに固くなってこること。

スマホを見るとき、たいていの場合、首が前に出て、猫背になり、ひじをついたり、脚を組んだりして姿勢に問題が。

しかも、頭の重さは平均で約5kgあるといわれ、正しい姿勢でいるときよりも、姿勢がくずれているときは約3倍もの重みを感じているのだとか。

まずはラクにできる正しい姿勢を意識して。首や肩コリは、「胸鎖乳突筋」をほぐすと血流も改善でき、解消への近道になります。

まずは、普段の姿勢をチェックしてみましょう

NGな姿勢:全体的に前屈みになり、首にかなりの負担が!

問題点:首が前に出る、猫背になる、脚を組む、ひじをつく

スマホを見るとき、顔はうつむき、首が前に出て、猫背になる、そんな人は要注意! 首の筋肉は緊張状態になり、血流が悪くなるほか、神経にも影響が出てきてしまいます。

OKな姿勢:骨盤が立ち、こぶしで支えられ、ラクながら理想的な姿勢に!

予防(1):脇の下に握りこぶしを挟む、予防(2):お尻の下に3つ折りくらいのタオルを入れる

姿勢をよくして、とはわかっていても、維持するのがなかなか難しいもの。けれど、お尻の下1/3くらいにタオルを挟むだけで骨盤が立って、自然と背筋が伸びるように。

さらに、脇の下にグーにした手を挟むだけでスマホを持つ手がグッと上にきます。支えがあって辛くないので、理想の姿勢をちゃんとキープできるのです。

ぜひ実践して、スマホ首の予防に役立てて。

首コリの解消法は、「胸鎖乳突筋」をほぐすことがポイント

■1:両手で首を挟み、胸鎖乳突筋を押さえる

両手で首を挟み、親指で鎖骨の中心から耳の下あたりへ伸びている「胸鎖乳突筋」を横から押さえて圧をかける(苦しく感じることがないように注意)。それ以外の4本の指は、首の後ろの骨を押さえる。

■2:首を「うんうん」「いやいや」と動かす

1で置いた親指を下から上へと5か所移動させる。1か所につき、首を「うんうん」と小さく縦に振るのを5回繰り返し、次に「いやいや」と横に小さく振るのを5回繰り返す。これを2セット行う。

次回は、息が浅くなる「スマホ呼吸」についてお届けします。お楽しみに!

 

村木宏衣さん
アンチエイジングデザイナー
(むらきひろい)「Amazing♡beauty」主宰。独自のメソッドを開発し、顔のリフトアップはもちろん、全身を整えるコースにファン多し。『一生劣化せず今すぐ若返る整筋・顔体大全』(日経BP社)も好評発売中。
http://amazingbeauty.jp/
PHOTO :
鈴木 宏
STYLIST :
関口真実
HAIR MAKE :
尾花ケイコ
MODEL :
真樹麗子(Precious専属)
EDIT&WRITING :
長田和歌子、佐藤友貴絵(Precious)