キャリア女性にとって、スーツは欠かせないアイテム。しかしもっと活躍させたくありませんか? スーツはジャケットとボトムを使い分けることで、全く違ったコーディネートが楽しめます。堅さが必要な席だけでなく、カジュアルなシーンまで応用力は無限大。本記事では、スカートスーツ、パンツスーツの着回しコーデをお届けします。少なくとも3通りは着回せる、スタイリング力を磨いていきましょう。

犬走比佐乃さん
スタイリスト
文化女子大学短期大学部被服専攻科を卒業後、SUNデザイン研究所に入社。主にファッションショーのスタイリストとして高田賢三、イヴ・サンローラン、クリスチャン・ディオールなどのコレクション制作に携わる。フリーランスのスタイリストとして独立し、現在では女性誌『Precious』を中心に、多くの女優やCM、ドラマや舞台など、幅広い分野で活躍する。

■1:女らしさが香るスカートスーツを着回す

ジャケット¥346,000、スカート¥104,000(アクリスジャパン〈アクリス〉)

着回すアイボリーのスカートスーツは、上質なウール100%。ジャケットのフロントは、すっきり見えるフック仕様。スカートは甘さが抑えられた程よいAラインとなっています。

ニュアンスカラーの最強スカートスーツ

「コンパクトなスカートスーツは、ともすればコンサバに陥りやすいアイテム。しかしアクリスにかかれば、フミニンなテーラード仕立てで、凛とした雰囲気に。アイボリーは、印象がくすみがちな大人の女性を、イキイキと見せる効果もあるので、おすすめ」(犬走さん)

コンパクトジャケット×ワイドパンツ

ジャケット¥346,000(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ¥37,000(レリアン)、ブラウス¥20,000(エストネーション)、ネックレス¥28,000、ブレスレット¥21,000(バーニーズ ニューヨーク〈サスキア ディアス〉)、バッグ¥29,000(ジャンニ キアリーニ)、靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉)

「今季も引き続き流行のワイドパンツは、主役のジャケットに品よくなじむ配色をセレクト。オレンジブラウスを差し色に加えることで、スーツとは異なる、カジュアル&モードな仕事スタイルが楽しめます」(犬走さん)

フェミニンなスカート×キレのあるジャケット

ジャケット¥65,000、ニット¥29,000(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、スカート¥104,000(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス¥260,000、ネックレス[チェーン]¥550,000[ペンダントトップ]¥610,000(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ¥179,000(トッズ・ジャパン)、靴¥95,000(セルジオ ロッシ)

「ジャカード織りのジャケットは、着こなしに表情がつくため一着はおさえておきたいアイテム。コンパクトなシルエットほどスカートと相性も良く、絶妙な甘辛バランスが新鮮です」(犬走さん)


■2:ハンサムなパンツスーツを着回す

ジャケット¥85,000、パンツ¥41,000(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)

構築的なショルダーラインに、シャープなラペルが採用されたスーツは、堅さが求められるシーンに最適。パンツは単品でも活躍できる、カジュアルなドローストリング仕様がうれしい。

背筋がすっと伸びる貫禄のパンツスーツ

「男性と肩を並べても引けを取らないスーツは、プレシャスキャリアたるもの、マストでおさえて。インナーにシャツ襟タイプを合わせると堅苦しいので、私はノーカラーや小ぶりタイプの襟をおすすめします」(犬走さん)

ドロストパンツ×カーディガンジャケット

カーディガンジャケット¥82,000(レリアン)、ノースリーブトップス¥12,000(レキップ)、パンツ¥41,000(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、ピアス¥17,000・ブレスレット各¥40,000(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ¥145,000(バーニーズ ニューヨーク〈ミチノ〉)、靴¥74,000(トッズ・ジャパン)

「ボトムに今どきのディテールが加わるだけで、スーツのボトムをはいているような堅さは一切なし! 上品なカーディガンの持ち味も生かされて、リラックスしたオフィススタイルが叶います」(犬走さん)

辛口ジャケット×レーススカート

ジャケット¥85,000(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、スカート¥49,000(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ブラウス¥22,000(Theory luxe)、ピアス¥400,000(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス¥1,100,000(ミキモト)、バッグ¥183,000・靴¥84,000(JIMMY CHOO)

「仕事の食事会に、パンツスーツでは堅すぎます。そこでボトムをエレガントなレーススカートにチェンジ! レストランのクロークでジャケットを預けることを想定して、インナーは一枚で様になるブラウスが正解です」(犬走さん)

着こなしがワンパターンになりがちなスーツですが、1着で少なくとも3つのスタイルが楽しめます。本記事の着回し術を参考に、ビジネスシーンにも、カジュアルな場にも応用させていきましょう。

関連記事

PHOTO :
水田 学(NOSTY/人物)、小池紀行・池田 敦(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
犬走比佐乃
HAIR MAKE :
森野友香子(Perle)
MODEL :
RINA
EDIT&WRITING :
兼信実加子、佐藤友貴絵(Precious)