みなさんは、「ロイヤルワラント」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか? 世界各国の王室に商品を納入しているブランドへ与えられる、「王室御用達」の認定を意味する言葉ですが、圧倒的な認定数と歴史を誇るイギリス王室における「ロイヤルワラント」は、なかでも特に有名です。

「ロイヤルワラント」をもつブランドには、イギリスの歴史あるブランド、特に男性向けのものが多いイメージがありますが、実は女性らしい華やかなブランドにも「ロイヤルワラント」が与えられています。そこで、今回は、「ロイヤルワラント」の歴史と魅力を紐解いていくとともに、キャリア女性が持つにふさわしい、エレガントかつノーブルな「ロイヤルワラント」認定ブランドをご紹介します。

イギリスにおける「ロイヤルワラント」とは

ロイヤルワラントホルダー協会のホームページより引用。左から、「エリザベス女王」、「エディンバラ公フィリップ」、「チャールズ皇太子」の各紋章

「王室御用達」を意味する「ロイヤルワラント」。ベルギーやスペイン、スウェーデンなど、各国の王室のものが存在しますが、なかでもイギリスはその代表格といえる存在です。1840年に発足したロイヤルワラントホルダー協会が審査や管理を行い、王室メンバーが最終承認を与えるイギリスにおける「ロイヤルワラント」の制度。さまざまな業種が認定を受けているため、高級ブランドに限らず、生活消費財や食品まで、あらゆる企業やブランドが認定を受けていることも特徴のひとつです。認定されたブランドは、王室の紋章を店頭や商品に掲げることが許可されますが、5年ごとの再審査が要求されるなど、厳格な制度としても知られています。

3つのロイヤルワラント

そんなロイヤルワラントですが、紋章には3つの王室のものが存在。イギリス王室を象徴する存在であるエリザベス女王、その夫であるエディンバラ公フィリップ、そしてふたりの息子であるチャールズ皇太子の3名が、ロイヤルワラントを認定する権利を有しています。それぞれに愛用され、品質を高く評価されていることはもちろん、チャールズ皇太子からの認定を受けるためには、「環境に配慮していること」も重要な認定基準となります。


ロイヤルワラントの認定を受けているブランド

■1:3つすべてを獲得!老舗ステーショナリーブランドの「スマイソン」

3つの紋章が刻印された、スマイソンのギフトボックス

ノートやダイアリーをはじめとするステーショナリーや、名刺入れやバッグといったレザーグッズまで幅広く手がけるスマイソン。1887年創業という歴史に裏打ちされた商品の品質の高さは、王室の3名全員からも認められており、ボックスには3つの紋章が燦然と輝きます。

スマイソンを象徴する「ナイルブルー」のカラーの『パナマノート』

独自の技術による、薄くなめらかな書き心地を実現した「フェザーウエイトペーパー」のノートやダイアリーは、王室の面々をはじめこれまでに多くの人を魅了。レザーグッズにも高品質なものづくりの技術が生かされており、その美しい佇いには思わず目を見張るほどです。スマイソンを象徴するカラーである「ナイルブルー」が醸し出すノーブルさも、大人の女性にふさわしい気品を与えてくれます。

【関連記事:究極の才色兼備!品格あるスマイソンの手帳で、2018年は仕事効率化を】

■2:エリザベス女王のお気に入り、レザーグッズブランドの「ロウナーロンドン」

ロウナーロンドンの『ジュディ』

あのエリザベス女王が、公務の際に必ずといっていいほど持ち歩いているのが、ロウナーロンドンのバッグです。創業から70年以上を経た現在も、一貫して手作業によりイギリス国内のみで製造。女王のお気に入りということもあり、女王によるロイヤルワラントを認定されています。控えめなデザインながら、その堅実なつくり、そしてラグジュアリーなスタイルのバッグは、唯一無二の存在感。長きにわたり女王の寵愛を受けていることも頷ける、イギリスが誇るラグジュアリーブランドなのです。

【関連記事:フォーマル服をより品よく魅せる「優秀ワンハンドルバッグ」5選】

■3:ラバーブーツの代表的ブランド、「ハンター」

ハンターのラバー製ペニーローファー

各国のセレブリティーがフェスなどで着用している姿も度々目撃されている、ハンターのラバーブーツ。本格的な防水仕様のラバーブーツでありながら、ファッション性の高いモダンなデザインとカラーバリエーションも人気を集めています。認定されているロイヤルワラントは、エリザベス女王とエディンバラ公フィリップの2名によるもの。現地視察などにおいては、チャールズ皇太子にも頻繁に着用されています。近年では、ラバーブーツはもちろん、おしゃれなレインウェアにも注力しているハンター。ブランドを代表するラバーを用いたペニーローファーなど、普段のコーディネートにも気軽に取り入れやすいモダンなアイテムを積極的に展開し、さらにファンを増やしています。

【関連記事:伊勢丹が選んだ、2017年の梅雨対策アイテム9選】

■4:ラグジュアリーブランドとして世界的に有名な「バーバリー」

バーバリーのヘリテージ・トレンチコート

ブランドを代表するトレンチコートでその名を知られる、世界的ラグジュアリーブランドのバーバリー。ロンドンコレクションで発表しているコレクションラインでは、ブランドのクラシカルなイメージを覆す、モードでファッショナブルなアイテムも満載! その着こなしでファッション面でも注目を集める、あのキャサリン妃も着用している姿を度々目撃されています。エリザベス女王とチャールズ皇太子からロイヤルワラントを与えられ、創業161年というイギリスを代表する歴史あるブランドとして、今なおその品質の高さを評価されています。

【関連記事:BURBERRY(バーバリー)|今なお「前進」を続ける、イギリスの老舗ブランド】

以上、イギリス王室のメンバーに品質の高さを評価され、歴史あるブランドが認定を受けている「ロイヤルワラント」について解説しました。この称号が与えられているブランドには、その品質を維持するためにさまざまな努力や時間を重ねてきたという証でもあります。知れば知るほど奥深い、「ロイヤルワラント」の世界。自信さえ与えてくれる、気品あふれる名品の数々をまずはひとつ、私生活にも取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
難波寛彦