コートに頼りきりで、着こなしがマンネリになりがちなこの季節。そんな冬のコーディネートに彩りを与えてくれるのは、スカーフやストールといった「巻き物」ですよね。そこで、「巻き物マイスター」と呼ばれるスタイリスト・戸野塚かおるさんによるレクチャーとともに、本日2月1日の巻き物コーディネートをお届けします。

2/1 Thursday
クラシカルなスカーフをアシメトリーに巻いて、きちんと感のあるコーデに遊び心と華やかさをプラス

ジャケット¥77,000(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ニット¥21,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ¥42,000(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スカーフ¥58,000・バッグ¥231,000(グッチ ジャパン)、ピアス¥15,000(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計¥5,450,000(パテック フィリップ ジャパン)

巻き物:スカーフの「ネイビー&オレンジ」のカラーを、着こなしともリンクさせて

ネイビーのジャケットでキリリとさせつつ、オレンジ色のパンツで華やかに。トラッド調の着こなしと色味をリンクさせ、襟元にはクラシカルなプリントスカーフを選択。あえてアシメトリー(左右非対称)に巻くことで、ジャケットの堅さを払拭し、こなれ感が生まれます。

【縦 90×横 90cm】¥58,000(グッチ ジャパン)

トップ:ネイビーのジャケット

¥77,000(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)

トップ:ネイビーのマリン調ニット

¥21,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)

ボトム:オレンジのスリムパンツ

¥42,000(チェルキ〈トモウミ オノ〉)

巻き物で過ごす「2月の1か月コーディネート」シリーズ

今日のコーデに使用したアイテム:E+O+J
【2月の1か月で使用するアイテム一覧はこちら】
【2月の1か月で使用する「巻き物」一覧はこちら】

PROFILE
立野リカさんが演じる主人公
照明デザイナーとしてグローバルに活躍。学生時代に留学経験があり、卒業後に北欧のインテリア会社でインターンシップ。帰国後、建築事務所で実務経験を積み、照明士の資格を取得後、独立。仕事以外でも見識を広げるために、海外を頻繁に訪れる。日本の歴史や文化に興味があり、休日にはパートナーや友人と国内旅行を楽しむ。

※掲載した商品はすべて税抜です。

<出典>
Precious2月号 グレージュ・カジュアル
【内容紹介】真冬の「グレージュ・カジュアル」最終版/巻き物1か月コーディネート/週末アウター/最愛ブランドのオーダーメイド/悩み解決コスメ/愛犬との暮らし
2017年1月6日発売 ¥850(税込)
PHOTO :
水田 学(NOSTY/人物)、宗髙聡子(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
戸野塚かおる
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
NAIL :
森 智絵美(uka)
MODEL :
立野リカ(Precious専属)
COOPERATION :
赤坂インターシティAIR、 Bistro Buzz、EASE
EDIT&WRITING :
川口夏希、世古京子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦