「ホームサウナ」で毎日の習慣にサウナ浴を取り入れる

ジムや温泉などの施設によくあるドライサウナ。発汗し、体を温めることで得られる美容効果などを期待して、利用する女性も多いようです。2018年5月2日に米国神経学会発行の医学誌「ニューロロジー(Neurology)」に掲載された研究報告によれば、サウナの利用が多いフィンランドでは、「サウナを多く利用する人は脳卒中のリスクも減る」という研究結果(※)が発表され、その健康効果も明らかになってきています。

このサウナ施設を”自宅”に設置することで、サウナ浴をより手軽に、毎日の習慣にできるのがホームサウナ。女性が購入を検討する場合、ドライサウナよりも遠赤外線サウナを選ぶ傾向があるそうです。

そこで今回は、ドライサウナと遠赤外線サウナの違いについて、また自宅用の遠赤外線サウナの設置にかかる金額についてご紹介します。健康機器や美容機器を販売する、神戸メディケア東京銀座支店・所長の伊東伸一さんにお話を伺いました。

■「遠赤外線サウナ」は、熱の刺激が少なく価格も約30万〜40万円と控えめ

ホームサウナなら浴槽浴の感覚で、毎日サウナ浴を楽しめます

—なぜ、ドライサウナよりも遠赤外線サウナの方が女性に好まれるのでしょうか?

「ドライサウナは約80度〜100℃の高温のため、水風呂とセットで入浴します。まず5分程度サウナの熱気で体の表面を温めたら、クールダウンをするために水風呂に1分ほど入る。それを2、3回繰り返すというのがよく知られているドライサウナの入浴法です。

どちらかというと、ドライサウナは熱さによる刺激と、そこから解放される清涼感を楽しむ面が大きいのに対して、遠赤外線サウナの温度は60度前後と低めで、ゆっくり入浴する(20分〜30分)のが一般的です。女性は暑苦しさや息苦しさが苦手な方が多いため、遠赤外線サウナを好まれるようです。

また、ドライサウナは1台100万から200万くらいかかりますが、遠赤外線サウナは小さいものだと30万から40万ほど。大きいものでも100万程度です」(伊東さん)

伊東さんによると、比較的に低温の遠赤外線サウナはヒーターの性能も強力である必要がないため、ドライサウナに比べてサウナ自体の値段も控えめなのだとか。遠赤外線サウナは、熱による体への負担が少ないことに加えて、費用面からも導入が検討しやすいようです。

■設置時間は数時間で済み、工事も不要

木の素材を使い落ち着いた色合いで、部屋に溶け込むデザインです

—ホームサウナを設置するときの条件はありますか?

「個室タイプのホームサウナで1人用ですと、半畳のスペースと通常の100ボルトのコンセントがあれば設置ができます。2人用〜4人用の大型のサウナになると、単相200ボルト、いわゆる業務用の電源が必要になります。この場合、電力会社に依頼し、電気工事が必要ですが、作業は数時間程度で終わります。

配送業者から届いたあとの組み立ては、購入者ご自身でお願いしています。ですが、ドライバーなどの工具は必要なく、パネル状の壁とヒーターをはめ込み、サウナ天井のハーネスにあるACコードをコンセントに繋げば完了する簡単な作業です。大人が2名いれば、女性でもできます。ですから、工事のために業者がご自宅内にお邪魔することはありません。半日もあれば終わる内容です」(伊東さん)

ただ、個室タイプのホームサウナは材質が木を使用しているため、カビが生えてしまう可能性があり、浴室内には置くことができません。脱衣所かリビング、寝室に置くケースが多いそう。自宅にサウナを導入する、というと大掛かりな工事を想像しますが、大型の電化製品を配送してもらう感覚でいいようです。

■「ホームサウナ」は日々のメンテナンスが簡単。電気代も1人用で1時間20〜30円

入浴前にタイマーでサウナ内を温めておくと、スムーズに使用できます

—日頃のお手入れや、1か月にかかる費用を教えていただきたいです。

「日頃のお手入れは、ご家族が利用される程度でしたら、中を水拭きする程度で大丈夫です。大がかりなメンテナンスの面でいうと、長年使用するとヒーターが劣化してきますので、10年ほど経ちましたら、ヒーターの交換が必要になる場合もあります。

電気代は、契約されている電力会社によって多少違います。だいたい、1人用のサウナを設置されて、家庭用のAC100ボルトで1時間利用すると、電気代は20円から30円です」(伊東さん)

サウナに使用している木の素材は、新品では薄いクリーム色をしていますが、だんだん年数を重ねていくと飴色になり、使い込むほどいい味が出るのだそう。毎日使っても負担にならない金額ですし、専門的なお手入れも不要なら、毎日気軽に入浴できそうです。

■遠赤外線サウナで得られる美容効果は?

—女性が遠赤外線サウナを選ぶ理由のひとつに、健康や美容への効果がより高いことが挙げられるとか。遠赤外線サウナとドライサウナは、美容についてどんな違いがあるのでしょうか?

「高い外気で体の表面を温めるドライサウナに対して、遠赤外線サウナは体の深部から温め、保温効果も持続します。発汗作用は遠赤外線サウナのほうが、ドライサウナに比べて数倍以上。かいた汗も、ドライサウナよりサラサラとしていて使用感がいいという感想も聞きます。

『年齢を重ねると体温が下がる』といわれていますが、体を芯から温め体温を上げることで、慢性的な低体温症を改善することができます。

また、サウナで体を温めると、血管が広がり、血行や代謝が改善することで、美肌効果や美髪効果も望めます。食品添加物などに含まれる化学薬品や、排気ガスなどに含まれる毒素を汗として排出することができ、体質の改善が期待できます。

ちなみに、汗をかいても脂肪燃焼をするわけではないので、サウナ浴で痩せることはありません。ですが、代謝が上がり体調が整うことで、ダイエットのしやすいコンディションに近づくことは、考えられます」(伊東さん)

—遠赤外線サウナは、ドライサウナとまったく効果が違うんですね。

「美容効果を期待するなら、毎日の浴槽浴にプラスする感覚で、定期的に継続して使用することが理想的です。20分入ると汗が出始めるので、それぐらいを目安に入浴されるといいと思います。

また、サウナ内で有酸素運動を行うと、脂肪燃焼効果が高まります。1人用のサウナは、ウェイトをつけての運動やストレッチがいいでしょう。3人用や4人用のスペースのサウナであれば、ホットヨガを楽しめますよ。

ただ、遠赤外線サウナは、ドライサウナ以上に発汗するので、入る前に十分な水分補給をし、入浴後にも汗をかいた分の水分を摂取してください。また、大量の飲酒をしての利用は危険です。アルコールでは水分補給になりませんので、必ず注意してください」(伊東さん)

ストレッチや簡単な運動ができるサイズを検討してもよさそうです

美肌効果やデトックス効果も期待できる、遠赤外線サウナ。忙しくてエステに頻繁に通うことが難しい女性でも継続して使用でき、体のコンディションを整えられる場所になりそうです。毎日の習慣にサウナ浴を取り入れてみてはいがかでしょうか?

問い合わせ先

サウナ関連記事

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.5.4 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
神戸メディケア
WRITING :
石水典子
EDIT :
高橋優海(東京通信社)