地中海沿岸を7泊8日かけて航行するラグジュアリークルーズ船、セブンシーズ エクスプローラー。この最高峰といわれるクルーズ船での旅を、全5回でご紹介していきます。

 地中海沿岸を7泊8日かけて航行するセブンシーズ エクスプローラー。寄港地ツアーまでもインクルードされているのは、ラグジュアリークルーズではこの船のみ。イタリア、フランスと海岸線を航行し、スペインに到達。温暖な気候とラテンの陽気な空気に満ちたマヨルカ島とバレンシアを闊歩します。

パルマ大聖堂が見守るヴァカンス・アイランド、マヨルカ島

ベルベル城から望むパルマ・デ・マヨルカ
ベルベル城から望むパルマ・デ・マヨルカ。地図を見るように、街の造りがわかります

クルーズ旅も終盤戦。スペインに入り、6日目はマヨルカ島、7日目はバレンシアと寄港。同じ海岸線なのに、フランスからスペインへと国が変わると、人々の気質や土地の空気感が変わるから、不思議です。

マヨルカ島は、イビサ島と同じバレアレス諸島に属しています。通年、平均気温19.5度と過ごしやすく、スペイン王室も夏のヴァカンスはこの島で過ごすそう。地中海の要衝にあり、何世紀もの間、フェニキア人やローマ人、ムスリム系など、さまざまな人種や宗教の人々が移住したことから、あらゆる文化が影響し、マヨルカ島ならではの伝統文化が生まれました。

4つのゴシック様式の円筒のタワーを合体させた造りのベルベル城
ベルベル城は4つのゴシック様式の円筒のタワーを合体させた造り

マヨルカ島では州都パルマ・デ・マヨルカを散策。まずは、西の丘の上にそびえる14世紀に王族のサマーパレスとして建造されたベルベル城へ。円筒形の4つのタワーを合体させたゴシック建築の建物のテラスから、市街を一望にできます。 “美しい眺め”という城の名前のとおりの絶景です。

パルマ大聖堂
建設は1230年にスタートし、終了したのは1601年。400年近い年月をかけた大聖堂です
バラ窓から神々しい光が差し込む、開場直後の10時がおすすめ。バラ窓以外の窓が小さいのは、晴天日が多いからだとか

続いて、10時の開門に合わせて、この街のハイライトであるパルマ大聖堂へ。13世紀から建設が始まり、実に400年近くもかかった、ヨーロッパ屈指のゴシック建築の世界遺産です。見どころは、20世紀初頭の改修時にアントニオ・ガウディが手掛けた祭壇の天蓋部分。また、サンティシモ礼拝堂に飾られた、現代アートの巨匠ミケル・バルセロの作品も見どころです。

旧市街の街並み
旧市街には3階建ての一軒家が多い傾向。1階は倉庫の建物が多いとか
カフェやレストランがある広場
視界が狭まる路地から一気に開放感あふれる広場へ。カフェやレストラン、ショップが集まっています

迷路のような旧市街へ入ると、ガイドは右へ、左へと角を曲がり、ずんずんと細い路地を進んでいきます。頭の中がこんがらがって、同じ場所は2度と行けそうにありません。広場に出ると、そこにはオープンカフェやレストラン、ショップが集まっています。パルマ名物のうずまきパンの“エンサイマダ”や白ブタのドライソーセージ“ソブラサーダ”などは旧市街で、ぜひ味わって。

ノープランで行こう、スペイン第3の都市バレンシア

バレンシアのランドマーク、カテドラルと八角形のミゲレテの塔
バレンシアのランドマーク、カテドラルと八角形のミゲレテの塔。高さ70メートルの塔からはバレンシアの街を一望に

7日目のバレンシアは、マドリード、バルセロナに次ぐスペイン第3の都市。そして、パエリア発祥の地です。今回はガイドツアーに申し込むことなく、知らない街をさまよう小さな冒険をしてみることにしました。ノープランながらに、目指すはおいしいパエリア!

ミサの様子
カテドラルでは市民に向けておごそかなミサが開催されていました

スタート地点は、旧市街のカテドラル。13世紀半ば~14世紀後半に建造され、その後も手が加えられたため、ゴシック様式、バロック様式、新古典様式など、幅広い時代の建築スタイルが融合した聖堂です。特別な日だったのか、厳かなミサが行われていて、観光客としてはお邪魔をしないよう、そそくさと退場。あとになって聖堂内部の美術館にキリストが最後の晩餐のときに使った聖杯が飾られたことを知り、残念な気分に……。でも、再訪する口実ができました。

パエリア鍋にたたずむ女神のアート
旧市街の路地を歩いていたら、目に飛び込んできたアート。パエリア鍋にたたずむ女神⁉
レストランが並ぶ路地裏
バレンシア式パエリアを探して、旧市街をあちこち探索。路地裏には雰囲気のいい店が多く、迷ってしまいます
豊富なサイズのパエリア鍋
小から大まで、サイズがそろうパエリア鍋

旧市街は中世のバロック様式の歴史的な家並みが続いています。馬の蹄の音が聞こえてきそうな路地をさまよい、メルカド・セントラル(中央市場)へ。市場周辺にはさすがパエリア発祥の地、家庭用から業務用まで、さまざまなサイズのパエリア鍋が売られています。大きなものはまるで銅鑼のよう。

メルカド・セントラルの入口
メルカド・セントラルの入口。屋内型のマーケットです
生ハムを専門に扱うテナント
生ハムを専門に扱うテナント。ブタさんの足がずらりと吊るされています
さまざまな食材を扱うメルカド・セントラル
野菜やフルーツ、キノコにソーセージ、あらゆる食材が手に入るメルカド・セントラル

メルカド・セントラルは、屋内型のマーケット。フルーツや野菜のテナントは当たり前で、卵やキノコ、生ハムなどの専門店もあります。まるで、バレンシアの台所を覗いている気分。ジューススタンドで絞りたてのバレンシアオレンジのジュースをゴクリ。やはり本場だからか、フレッシュさが違います。

パエリアは結局、迷いに迷って歩き疲れて、道の途中にあった名もない店に決定。バレンシア風パエリアはシーフードではなく、鶏肉やうさぎ肉のうま味とサフランの香りが決め手らしいのですが、エビがドーンとのった普通のひと皿が登場。ノープランなのだから、仕方ない……。

世界遺産の商品取引所、ラ・ロンハ
世界遺産の商品取引所、ラ・ロンハ。たまたま存在を知り、訪れることに
ラ・ロンハの柱の大広間
3つのセクションからなるラ・ロンハ。思わず見上げる高さのツイストした柱が並ぶ、柱の広間

でも、ノープランだからこそ、いいこともありました。そのパエリアの店員さんから、「この近くに世界遺産がありますよ」と。早速、行ってみることに。かつての商品取引所だったラ・ロンハは、1483年に建造されたもの。柱の広間はヤシの木に見立てた高さ11メートルの柱が連なり、壮観な眺めです。期せずして見た世界遺産、得した気分です。

船は翌日、最終目的地のバルセロナへ。乗船時にベッドの上に敷かれていた荷ほどき用シートは“Welcome(ようこそ)”のメッセージでしたが、今の荷造り用シートは“Bon Voyage(ごきげんよう)”。たくさんの思い出をスーツケースに詰めこんで、我が家のようになじんだキャビンとも、さようなら。また来る日を夢見て、下船です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子