ポリフェノール類やビタミンE群、オレイン酸などが含まれ、「天然のサプリメント」と言われるオリーブオイル。比較的酸化しにくい油であるため、しっかり保管すれば1〜2年は品質を維持できます。

しかし、そんなオリーブオイルも、間違った保管方法では酸化が進みます。おいしく体にいいものを摂っているはずなのに、品質が劣化し、風味や栄養価を損ねてしまっては台無しです。

そこで今回は、オリーブオイルの品質が劣化するNG保存方法についてご紹介します。日本オリーブオイルソムリエ協会の多田俊哉さんに伺いました。

オリーブオイルが劣化する4つのNG行動

■1:透明な瓶に入った製品を、直射日光にさらすのはNG

店頭に並ぶオリーブオイルの瓶に、緑や黒色の製品が多い理由とは?

透明な瓶に入ったオリーブオイルを直射日光が当たる場所に置いたままにするのはNG。オリーブオイルは、日光に当たると酸化するため、緑や黒の遮光瓶に入った製品が多いのです。

透明な瓶に入ったものは戸棚にしまうか、瓶をアルミホイルで包み、日光が当たらないようにしましょう。

■2:コンロの側に置くのはNG

オリーブオイルは温度が高い場所も苦手。火のついたコンロの近くに置くと酸化が進むため、コンロの側に置くのは避けましょう。保管は、熱の影響を受けない冷暗所がベストです。

■3:冷蔵庫の中で保管するのはNG

熱で劣化するからといって、冷蔵庫保管をしてはいけません!

品質を保つために冷蔵庫で保管している方もいるのでは? 実は、冷蔵庫での保管はNG! オリーブオイルを冷やすとたいていは白濁したり、固まってしまったりします。

固まったオリーブオイルは、ぬるま湯などで温めて戻します。しかし、こういった急激な温度上昇は一気に酸化を進めるので、オリーブオイルは常温保存がベスト。暑い時期は劣化の進行が早いため、早めに使い切れる小さい製品を選びましょう。

■4:別の容器に移し替えて使うのはNG

おしゃれな容器に入れ替えて使うことが、酸化の要因になる?

さらに、オリーブオイルは空気に触れると酸化が進むため、移し替えはなるべく避けたほうがベター。もし容器を替えて使う場合は小さい瓶を選びましょう。

ただし、缶に入ったオリーブオイルの場合は、早めに使い切るか、ガラスの瓶に移し替えることが必要です。金属との接触がオリーブオイルの酸化を早めます。

いずれにしても、オリーブオイルを酸化させないためには、早めに使い切ることが大切です。

【まとめ/オリーブオイルが劣化する4つのNG行動】
1:透明な瓶に入った製品を、直射日光にさらす
2:コンロの側に置く
3:冷蔵庫の中で保管する
4:別の容器に移し替えて使う

オリーブオイルは、桃の香りがするものやハーブの香りがするものなどさまざま。各種類、甘みや苦み、辛味のバランスが違うため、食材によって選ぶ楽しみがあります。正しい保管方法をおさらいして、いろいろなオリーブオイルの使い分けを楽しんでみましょう。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
石水典子
EDIT :
高橋優海(東京通信社)